【検証】ビキニトリマーとは?

投稿日:

    そろそろ暖かい季節だし、ビキニラインやデリケートゾーンのお手入れをちゃんとしたいっ!

    と思っているオトナ女子もきっと多いはず…

    でも、お手入れって言っても何から始めていいのかわからない!?

    パパッと脱毛サロンとかで脱毛しちゃいたいけど、前処理みたいなのっている?

    …などなど、気軽に人には聞けないナイショのお手入れだけに困っている人も多いのではないでしょうか?

    そこで今回は、アンダーヘアの処理であるVIOを脱毛するには欠かせないアイテムを紹介したいと思います!

    VIO脱毛の必須アイテムって何?

    デリケートゾーンのアンダーヘアの形を整えたり、毛量を減らすことで知られている「VIO脱毛」ですが…

    なんの準備もなしにいきなり始められるものではないんです!

    実は、自分で自己処理する場合もエステサロンや美容外科などで脱毛してもらう場合にも必要な必須アイテムがあるんです!

    それが…この「ビキニトリマー(VIO用電動シェーバー)」です!

    電動シェーバーというとお顔の産毛を剃ったり、眉毛の形を細かく整えるときに使うイメージがあるかもしれませんが…

    実はVIO脱毛にも欠かせないものなんです!

    身体のムダ毛のシェービングを行う方の多くは、カミソリなどを使用しているケースが非常に多いですが、カミソリを頻繁に使用するとお肌がカミソリ負けしてしまい肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

    これは、カミソリの刃がお肌にとって必要な角質までそぎ落としてしまっているからなんです。

    腕や足などの皮膚の場合は、多少の厚みや丈夫さもあるのでたまにカミソリを使用する程度であればそこまで問題はないのですが、

    デリケートゾーンの皮膚は身体の中でも特に薄く敏感なので、カミソリによるダメージはとても大きくなります。

    しかし、VIO用の電動シェーバー(ビキニトリマー)を使うと適度な長さを残し、皮膚を傷つけずに処理することができます。

    そのため、VIOの脱毛前の処理や自己処理を行う場合にはビキニトリマーを使うのが一般的です。

    ビキニトリマーについて

    今回紹介するのは、「ビキニトリマー」です。

    「VIO用の電動シェーバー」とも呼ばれており、主にVラインとIラインの前の方の処理に使用されます。(もちろんOラインに使っても問題ありません。)

    このシェーバーの大きさは手のひらに収まるぐらいのサイズ(2.4×2.3×13.7cm)になります。

    本体の重さは45gと5色ポールペンくらいの重さはあります。

    写真にある白いボタンを指で押すと電源が入り、刃が左右に動き出すという非常に単純な使い方になっています。

    また、電源となるものは単4アルカリ乾電池1本なので充電の必要もありません。

    保証期間は一年と長く、刃の部分だけ水洗いを行うことができます。

    さらに最大の特徴として4段階に刃の長さを調節することができることが挙げられ、残す毛の長さを考えて調節します。

    私は、脱毛サロンに通う際に急遽必要になったので、通販で427円で購入しました。

    電動シェーバーというと少し高価なイメージがあったという人も多いかもしれませんが、

    通販サイトなどでは低価格なものだと400~500円ほどで手に入ります。

    また乾電池で簡単に動くことができ、持ち運びにも便利なものが多いです。

    種類やメーカーによってはお風呂の中で使うことができたり、丸ごと洗いが可能な場合もあります。

    取り扱いも非常にシンプルで簡単なものが多いので、カミソリを使ったちょっと危険な処理を行うよりもずっと安心です。

    ビキニトリマーを実際に使ってみた!

    それでは、実際に電池を入れて「ビキニトリマー」を使ってみましょう!

    今回は「長さ調節コーム」を用いてカットしていきます。

    1段階目

    まずは長さ調節コーム(透明なキャップ)の部分を上に押し上げて、上から1番目のくぼみのところセットします。

    カチッという音が鳴ったことを確認してから白色のボタンを押して使い始めます。

    1段階目にセットすると次のような形になります。(前・横・後ろの3方向から撮影しました。)

    それではこの状態から実際にカットを行っていきます。

    皮膚に対して垂直に立て、その後キャップの傾斜に合わせて傾けると楽にカットを行うことができました。

    音はあまり大きくはなく、ケータイのバイブレーションほどであったので自宅でも音を気にせずに使用することができました。

    この一段階でアンダーヘアをカットすると、残った毛の長さは約5㎜でした。

    はっきりと目視でき、触ると毛が生えているのを感じるくらいの長さです。

    2段階目

    続いて長さ調節コームを少し下に下げて、上から2番目のくぼみのところにセットします。

    2段階目にセットすると次のような形になります。(前・横・後ろの3方向から撮影しました。)

    それではこの状態から実際にカットを行っていきます。

    先ほどと剃り心地はそんなに変化ありませんでしたが、少し毛の長さが短くなっていました。

    残った毛の長さを測ってみると約4㎜でした。

    毛が生えているのは目視で確認できますが、先ほどよりも毛が柔らかくなったように感じました。

    このくらいの長さなら、生理中も経血がアンダーヘアーについてしまったりするようなトラブルを避けることができるのではないでしょうか。

    3段階目

    続いて長さ調節コームを一番下に下げて、上から3番目のくぼみのところセットします。

    3段階目にセットすると次のような形になります。(前・横・後ろの3方向から撮影しました。)

    この状態から再びカットを行います。

    今度は2段階目よりもお肌に近いような気がしました。

    実際に剃り終わった後の毛の長さも約2㎜と前回のほぼ半分でした。

    よく見ると毛は生えていますが、触らなければそこまで気にならない程度でした。

    先ほどと比べるとずいぶん、毛の量が少なくなり皮膚が見える範囲が広がりました。

    4段階目

    最後に長さ調節コームを取り外します。

    4段階目にセットすると次のような形になります。(前・横・後ろの3方向から撮影しました。)

    お肌のすれすれを剃っていくような感じでしたが、痛みや違和感はほとんどありませんでした。

    一通り剃り終えると毛はほとんど残りませんでした。

    よって、残った毛の長さは測定できませんでした。

    ビキニトリマーを左右にこまめに動かしたりすると、より細かく剃ることができました。

    実験のまとめ

    毛の長さをグラフで表してみると次のようになりました。

    イメージとしては1.2段階目がちょっと毛が残る程度の感じで、3段回目はほとんど見えないが触れば感じる程度4段階目はすべてない!という感じです。

    4段階目のレベルまで毛を処理してしまいたい!という人もはじめは1段階目をやってからの方が剃りやすいです。

    アンダーヘアが長いまま、すべて剃るのは意外と難しいです。

    そのため、ある程度の段階を踏んで少しずつカットや調節を加えていった方がよさそうです。

    皆さんも、ぜひこの結果を参考にビキニトリマーを使ってみてください!

    自己処理の仕方

    実際に電動シェーバーを使ってみた実験を通して、その切れ味と長さのイメージはできたと思います。

    しかし、問題なのはどのような感じで使えばいいのか?ということです。

    脱毛サロン等でVIO脱毛を行う時にはシェービング方法や長さ、形などの指定があるかもしれませんが、自己処理の場合はどこまでシェービングをするべきなのか?わからないですよね。

    そこで、VIOラインのそれぞれの自己処理とアンダーヘアの長さについて見ていきたいと思います。

    VIO脱毛をする前に知っておきたいデザインについて紹介しています。

    Vライン編

    Vラインの自己処理の場合は「毛を短くするところ」「ほとんどなくしてしまうところ」の2つの範囲の処理を行います。

    一番、人目に触れやすい所ですし、面積も大きいので少しずつ行うのがおすすめです!

    準備するもの

    • 電気シェーバー
    • 保湿クリーム
    • 温めたタオル
    • 太めの水性ペン

    処理の仕方

    1.デリケートゾーンを清潔にする

    アンダーヘアを処理する際に雑菌の付着や侵入を防ぐためにデリケートゾーンはきれいにしておきましょう。

    簡単に洗うだけでも結構ですし、入浴してしまっても大丈夫です。

    ちなみに入浴後に処理を行うと、アンダーヘアも柔らかくなっているので処理がしやすくなります。

    2.目印をつける

    どこまで処理をするのか?どのくらいの長さにするのか?なんとなくイメージしながら、どのラインまで「ほとんどなくしてしまうところ」にするのか決めます。

    この時、を使うと非常に便利です。

    この「ほとんどなくしてしまうところ」には、ショーツからはみ出してしまう部分などが当たります。アンダーヘアがなくてもいいと思うところです。

    「ほとんどなくしてしまうところ」が決まったら、アンダーヘアが生えているところとの境目に水性ペンで軽く印をつけます。

    3.アンダーヘアを3~5㎜にカットする

    アンダーヘアの「ほとんどなくしてしまうところ」に当たる部分をシェーバーを使って、3~5㎜の間にカットします。

    この長さにすることで、アンダーヘアを完全にシェービングする場合もやりやすくなります。

    「毛を短くするところ」の場合は、長さを3cmに程度に整えると自然に女性器も隠れる長さになります。

    しかし、すべての範囲を3cmにしてしまうと毛量が多く重い雰囲気になってしまうので、お腹の方に行くにつれて長さを短くしていくのが一般的です。

    この時のカットはシェーバーでも行うことができますが、ハサミなどを使ってしまっても大丈夫です。

    4.温めたタオルで患部を温める

    温めたタオルを使って、アンダーヘアと患部の皮膚を温めておきます。

    毛やお肌が柔らかくなることで、シェービングの際も毛が引っかかりにくくなります。

    5.シェーバーで毛の流れに沿ってシェービングする

    お肌にぴったりとシェーバーを当てて、毛の流れに沿ってシェービングしていきます。

    この時、毛の流れに沿わないかたちでシェービングを行うと…不必要にお肌を傷つけてしまう可能性があるので、毛の流れに沿って行いましょう。

    また、シェーバーを皮膚に押し付けるように行わなくても軽い力で十分シェービングすることができますので、力を入れ過ぎないように行いましょう。

    6.シェービング後アフターケアを行う

    シェービング後のお肌は非常に敏感な状態になっています。

    そのため、保湿クリームなどで患部をケアしてあげてください。

    アンダーヘアはある程度短くカットしてからシェービングするのが基本!
    最長3cm程度でお腹に向かってだんだん短くなっていくのがベスト!

    Iライン編

    Iラインは排泄物や分泌液、経血が付きやすいので清潔にしておきたい!という人も多い場所です。

    しかし、なかなか自分では見えづらく処理も大変な場所ですよね。

    そこで、自己処理の方法についても見ていきましょう!

    準備するもの

    • 電気シェーバー
    • 保湿クリーム
    • 温めたタオル

    処理の仕方

    基本的にVラインと処理の仕方は変わりませんが、問題なのは処理を行う際の体勢です。

    先ほども説明したように、自分では見えにくい位置に当たるため処理が非常に難しい場所です。

    そのため、脱毛する体勢に注意する必要があります。

    体勢によっては、けがや剃り残しにもつながるので以下のどちらかの体勢がやりやすいかと思います。

    A.鏡を使って左右同時に行う

    床に座った状態で脚をM字に開脚し、その正面に鏡を置くという体勢です。

    この状態だと全体を確認することができ、体勢も比較的楽な形です。

    しかし、鏡に映ったものを見て処理を行うので、慣れないうちはやりにくいと感じるかもしれません。

    B.左右順番に目視で行う

    片足を挙げて台などに置き、その状態でIラインを覗き込むようにして処理を行います。

    Aの時とは違い、鏡ごしで作業を行うわけではないので処理の間違いは少ないですが…左右を同時に確認しながら行うことはできないので、適度に足を入れ替えながら処理をしていくといいでしょう。

     

    主にこの2つの方法でIラインの処理を行う人が多いかと思います。

    皆さんの楽な方の体勢で是非試してみてください。

    Iラインの場合は、Iラインに当たるところのすべてをシェービングしてしまうのではなく…

    女性器から指2本分まではアンダーヘアを完全に処理せずに残して置くと、デリケートゾーンの割れ目が見えない自然な形になります。

    シェービングする際には少しずつ、Vラインに向かって毛の量が増えていくようなイメージで処理するといいでしょう。

    Iラインは処理しすぎないように、正面から確認しながら処理をする!
    Vラインに向かって毛が増えていくような感じでデザインすると自然!

    Oライン編

    Oラインは排泄物が付着してしまったりしていて、処理しておきたい場所ですが、意外と自分では気が付いていない人が多いところでもあります。

    そんなところに毛は生えていないのではないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は意外と多くの女性が生えている場所なんです。

    しかし、Iライン同様処理が非常に難しい場所になります。

    それではこのIラインの処理について見ていきましょう。

    準備するもの

    • 電気シェーバー
    • 保湿クリーム
    • 温めたタオル

    処理の仕方

    OラインはデリケートゾーンのVIOラインの中で、アンダーヘアを残す必要のない部分です。

    Iラインの場合もVラインの場合もアンダーヘアを残しておく部分が必要だったので、鏡を見て慎重に、印をつけて…などの工程が必要でしたが、Oラインは必要ありません。

    そのため細かい作業は必要ありませんが、凹凸の目立つ場所なので自己処理に限界を感じた方は、サロンなどで脱毛してもらってもいいかもしれません。

    基本的にVラインIライン同様に処理の仕方は変わりませんが、問題なのは処理を行う際の体勢です。

    先ほども説明したように、自分では見えにくい位置に当たるため処理が非常に難しい場所です。

    そのため、脱毛する体勢に注意する必要があります。

    体勢によっては、けがや剃り残しにもつながるので以下のどちらかの体勢がやりやすいかと思います。

    A.正面に鏡を置き、深く座る

    Iラインの場合と少し似ていますが、M字開脚の状態で深く座ることでOラインのあたりまで鏡で見ることができます。

    床に腰を落とした状態で安定はしていますが、正面に置いた鏡を見ながらの作業になるので慣れるまでは少し大変です。

    B.鏡をまたいでしゃがむ

    鏡を床に置いて、その鏡をまたぐようにしてしゃがみます。

    その状態で鏡を見ながら処理を行います。

    足を思いっきり外側に向けると、見やすい状態になります。

    この場合も鏡を見ながらの作業になるので、慣れるまでは少し大変です。

    Oラインは毛を残す必要なし!
    剃り残しがないように注意!

    このどちらかの方法がやりやすい体勢になります。

    是非、試してみてください。

    まとめ

    ビキニトリマーについてから、その性能、使い方に渡って見てきましたがいかがだったでしょうか?

    ビキニトリマーをうまく使いこなすことで、お肌を傷めずにアンダーヘアの処理を行うことができます。

    比較的見にくく、処理がしにくい場所ではありますがVIO処理のためのアイテムはビキニトリマー以外にもたくさんあります。

    是非、用途に合わせて使い分けてみてください。

    今回は自己処理のやり方と前処理の仕方を説明しましたが、専門機関などで脱毛を受ける方法もあります。

    この脱毛の場合もビキニトリマー等のアイテムが必要になる場合がありますが、自分で処理できないところはスタッフに処理してもらうことができます。

    自分での処理はちょっと不安…という方は、ぜひこのようなサービスのある専門機関での脱毛を検討してみてください。

    VIO脱毛の専門機関についてはこちらをご覧ください!

    おすすめ記事

    【検証】ビキニトリマーとは?

    そろそろ暖かい季節だし、ビキニラインやデリケートゾーンのお手入れをちゃんとしたいっ!と思っているオトナ女子もきっと多いはず…でも、お手入れって言っても何から始めていいのかわからない!?パパッと脱毛…

    地黒の方必見!とっておきの紫外線対策

    「地黒だとさあ~SPFもPAもMAXじゃないとだめなのよ」「もう、蛍光灯の光でも焼けてると思うもん!」と言っていて、驚きました!私の肌の色は、色白でもなければ地黒でもないような、ふつうの肌色(イエ…

    【レビュー記事】デリケートウェットシートって何?

    皆さん、「デリケートウェットシート」をご存知ですか? 生理用ナプキンと一緒に陳列させれていたりするアレです。 ナプキンやタンポンなどを製造しているユニ・チャームの「ソフィ」の商品です。 ぱっと見は可愛 ...

    デリケートゾーンパックがすごい!

    黒ずみの中でも、悩む人が多い箇所であるデリケートゾーン。 気軽に相談もできないし、皮膚科に行くのも恥ずかしいなどと言う理由から、多くの人が黒ずみがあると知りながらそのままにしているそうです。 確かに、 ...

    プチプラ保湿化粧品 ちふれ美容液のヒミツ

    今回は、プチプラでしっかりと保湿のできる商品について紹介していきます。 プチプラというと、少し前はちょっと質が落ちるようなイメージがありましたが、最近のプチプラはポイントをしっかりと抑えた満足できる品 ...