デリケートゾーンの”できもの” 原因と対処法!

投稿日:

「そもそも、デリケートゾーンのできものって、どうしてできてしまうの?」

「普段からどのようなことに気をつければ、デリケートゾーンのできものを予防することができるの?」

などとデリケートゾーンのできものについて疑問に思うことも多いと思います。

ほとんどのデリケートゾーンのできものは、以下の3つが原因になっています。

  • 毛穴に傷がつく
  • 湿気が多い
  • 清潔でない

 

デリケートゾーンのできものは、VIOの自己処理や、引っ掻き傷などによって傷つけられた毛穴から細菌が入り、炎症を起こしできものとなってしまう場合が多いようです。

肌や毛穴を傷つけるカミソリでの自己処理や、かゆみを引き起こす湿気、すぐに細菌が入ってしまうような不潔な環境が、気が付くと繰り返してしまうデリケートゾーンのできものスパイラルを引き起こします。

デリケートゾーンのできものは、顔などにできるアクネ菌によるニキビとは違って、「毛嚢炎」と呼ばれる黄色ブドウ球菌緑膿菌によるものが多いようです。

見た目は、周りが赤く腫れ、中央部が白っぽくなっていたりと、顔にできるニキビとほとんど変わりません。

しかし、ニキビとデリケートゾーンのできものは菌の種類が異なっているので、顔のニキビと同じ化粧品や薬を使っても治ることは少ないようです…。

また、顔の皮膚よりも敏感な場所であるデリケートゾーンには刺激が強い化粧品もあるので、おすすめできません。

大切なのは、デリケートゾーンをバランスよく清潔に保つことです。

デリケートゾーンを清潔に保ちたいからって、ゴシゴシと洗ってしまっては、肌が傷つき石鹸などの殺菌作用によって常在菌まで殺してしまいます。常在菌がいなくなると、肌のバリア機能が弱まってしまい、今あるできものが悪化してしまうことも考えられます。

だからこそ、常在菌は残しながら、しっかりと清潔で湿度のない環境を保つことが必要なのです。

デリケートゾーンの洗い方も紹介しているので是非参考にしてみてくださいね!

おすすめ記事

ニベアの青缶で黒ずみが治る!?使い終わったらインスタ映え?

この時期になると、ドラックストアなどにたくさん並び始めるニベアの青缶! 有名な青い缶のものだけでなく、クリスマス仕様の可愛らしいパッケージになっていたりして、お値段もお手頃で、ついつい買いたくなってし ...

香り付き生理用品が増えている!?

皆さんはどんな生理用品を選んでいますか? オーガニックコットンなど、質や素材にこだわったものですか? それとも、デザイン性や大きさですか? ほかにも、価格やメーカーなど生理用品を選ぶのにたくさんの基準 ...

おしりのカサカサは要注意!

あ~なんか痒いかも!?と思ってゴシゴシとおしりを掻いていたら・・・ ハッと気が付いた時には、おしりがガサガサになっていた!なんて経験ありませんか? 普段は痒くても人前などでは掻けないおしりですが、寝て ...

『デリケートゾーンケア商品』を使う理由

皆さんは「デリケートゾーンケア商品」って聞いたことありますか? 最近では、デリケートゾーン用のソープやクリームなども販売されていますよね。 では、なぜデリケートゾーン用でないとダメなのでしょうか? 洗 ...

ヴィエルホワイト

今回は数多くの女性誌に注目され、顧客満足度93.7%を実現する「ヴィエルホワイト」についてみていきたいと思います。 クリームの外見 黒ずみケアクリームなどの商品に関わらず、重要になってくるのは商品の形 ...