《部位別》バストトップの黒ずみ

投稿日:2018年8月24日 更新日:

    女性の身体の中でも、特に悩みが尽きないのが『バスト』ですよね。

    その悩みはさまざまで…

    ✔バストが小さい

    ✔左右の大きさが違う

    ✔バストが垂れている

    ✔バストトップが大きい

    ✔バストトップが黒い

    などなど、形から色まで多岐に渡ります。

    そんな中、どうしたらいいのかわからない!という声が多いのが『バストトップの黒ずみ』の問題です。

    なかなか人に相談できない悩みでもあります。

    そこで今回はそんな『バストトップ黒ずみ』に焦点を当ててみていきたいと思います。

    バストトップの黒ずみ

    バストトップには黒ずみができやすいと言われていますが、黒ずみとは一体どのようなものなのでしょうか?

    『黒ずみ』とは、皮膚の表面への刺激によってお肌が防衛反応を起こし、メラニン色素が大量に分泌され、肌が黒っぽくなることを言います。

    実際の黒ずみ(ワキとヒザ)

          

    上記の写真のように肌の色が一部分だけ濃くなっているのが『黒ずみ』です。

    写真ではワキとヒザの黒ずみですが、今回紹介するのはバストトップの黒ずみになります。

    バストトップで起きている場合は、一般的な黒ずみとは違って少し茶色っぽくなります。

    遺伝だと思ってあきらめている方も多いかもしれませんが、その多くが生活習慣による黒ずみです。

    それでは、どうしてバストトップに黒ずみができてしまうのでしょうか?

    その理由について見ていきましょう!

    バストトップの黒ずみができる原因

    バストトップに黒ずみができる理由としては「乾燥」「摩擦」による刺激が考えられ、妊娠や出産を経験している女性の多くは、「女性ホルモンの変化」が考えられます。

    乾燥

    バストトップの黒ずみの原因の1つ目に『乾燥』が挙げられます。

    バストトップが乾燥する印象があまりない人も多いかもしれませんが、非常に乾燥しやすい場所の一つです。

    皮膚が薄く、敏感なために…ボディーソープの刺激が強かったり、授乳による負担があったりすると乾燥しやすくなります。

    また、ヒジやヒザとは違ってあまり乾燥するイメージもないため、保湿ケアが行われていない場所でもあります。

    さらに、バストトップ付近のムダ毛を処理している女性も多く、皮脂だけでなく角質までカミソリやシェーバーなどで取り除いてしまっている可能性があります。

    そのため、季節を問わず乾燥にさらされている部分です。

    摩擦

    バストトップの黒ずみの原因の2つ目に『摩擦』が挙げられます。

    主に下着(ブラジャー)による摩擦が多く、下着のサイズが合っていなかったり、素材が肌に合わないと大きな摩擦を引き起こす可能性が高くなります。

    バストのサイズはちょっとしたダイエットやホルモンの変化などで変わることがあります。

    そのため、下着を選ぶ際には試着をしてサイズをよく見てもらうといいでしょう。

    また、下着のバストトップとの接触面の素材も大切です。

    パットの部分がどうなっているか?厚みは足りているか?自分の肌には合っているか?などサイズだけではなく、こういったことにも注目して試着を行うことをおすすめします。

    女性ホルモンの変化

    バストトップの黒ずみの原因の3つ目に『女性ホルモンの変化』が挙げられます。

    妊娠・出産経験者の多くがバストトップの黒ずみを経験すると言われています。

    妊娠・出産時期には女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が盛んになります。

    このホルモンに働きによってメラニン色素が多く分泌され、黒ずみができやすくなると言われています。

    この黒ずみは赤ちゃんがおっぱいを飲みやすくするためのものだという説もあり、多くの場合は出産後の授乳が終わるとバストトップの色がもとに戻ると言われています。

    バストトップの黒ずみの解消方法

    それでは、『乾燥』と『摩擦』によってできたバストトップの黒ずみはどのように治すことができるのでしょうか?

    ここでは解消方法について詳しく見ていきます!

    解消方法
    • 保湿ケア
    • 美白ケア
    • マッサージ
    • ナイトブラの着用

    解消方法①保湿ケア

    解消方法の1つに『保湿ケア』があります。

    これは、黒ずみの原因の一つである乾燥に対しての対策方法で、乾燥による刺激でメラニン色素が分泌されてしまうことを防ぎます。

    また、保湿ケアを行うことでお肌のバリア機能も高まり、刺激からお肌を守りやすくなります。

    さらに、健康なお肌の状況に近づくためターンオーバーを促し、今までの黒ずみの治りも早くなります。

    解消方法②美白ケア

    解消方法の1つに『美白ケア』があります。

    美白ケアでは、美白作用があるとされている美白成分が多く配合されている化粧品などを使いこまめにケアを行います。

    美白成分には以下のようなものがあります。

    プラセンタエキス・コウジ酸・アルブチン・アスコルビルグルコシド(AA2G)・リン酸アスコルビルMg・アスコルビルリン酸Na・エラグ酸・4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール)・カモミラET・リノール酸S(リノレックS)・トラネキサム酸・4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)・3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)・アデノシン一リン酸二ナトリウムOT(エナジーシグナルAMP)・5,5′-ジプロピル-ビフェニル-2,2′-ジオール(マグノリグナン)・ニコチン酸アミド・トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC)

    など…これらの成分が多ければ多いほど、高い美白効果が期待できると言えます。

    化粧品やクリーム等を購入する際には、ぜひ裏の成分表記などを参考にしてみてください!

    解消方法③マッサージ

    解消方法の1つに『マッサージ』があります。

    バストトップをマッサージするのではなく、バスト全体を大きくマッサージすることで血の巡りを良くして新陳代謝を促したり、血色がよくなってピンク色に近づくことがあります。

    また、凝り固まっている脂肪やリンパ腺などに適度な刺激を与えることで、バスト自体がふっくらとしたマシュマロバストを目指すことができます。

    おすすめお風呂のなかで行うもので、身体を洗う際に軽くマッサージを行うと良いでしょう。

    お風呂上りに行う際にはクリームやオイルなどを利用して、摩擦が起きにくい環境を作ってからにしましょう。

    解消方法④ナイトブラの着用

    解消方法の1つに『ナイトブラの着用』があります。

    ナイトブラとは、その名の通り夜に着けるブラジャーのことです。

    日中に着用するものとは違って、ノンワイヤーであったり、素材が柔らかいものが多く、寝ているときにつけても不快感や締め付け感がありません。

    下着(ブラジャー)による摩擦自体は避けたいものですが、下着を着用せずに直接パジャマ等の寝間着を着用するのは非常に危険です。

    不安定なバストが寝返りの度に、寝間着と摩擦を起こしたり…バストが垂れやすくなる原因にもなります。

    育乳効果のあるナイトブラや、姿勢をよくするナイトブラなど様々なものがありますが、日中の下着と同様にサイズが合っていることと素材がお肌に優しいことは欠かせません。

    後は、それに加えて寝ても締め付けの気にならないものであるかどうかも重要です。

    是非、あなたに合ったナイトブラを見つけてみてください!

    おすすめアイテム

    解消方法の1つとして①と②で保湿ケアと美白ケアを紹介しました。

    実はこの2つ…簡単に1つのアイテムで行うことができるのです。

    それが、『黒ずみケアクリーム』です。

    その名の通り、黒ずみをケアするためにつくられたクリームで主な効果として保湿効果美白効果が挙げられます。

    また、ニオイを和らげる成分が含まれているものなどもあり、バストトップのニオイが気になる「チチガ」に悩む方にもおすすめです。

    黒ずみケアクリームレビュー

     

    商品ごとのレビューも掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

    バストトップの黒ずみの予防方法

    バストトップの黒ずみはまだないけれど…ちょっと心配!

    という方はこちらの予防方法をおすすめします。

    予防方法

    保湿ケア

    自分に合った下着の着用

    適度なマッサージ

    生活習慣の見直し

    予防方法①保湿ケア

    まだ、黒ずみができないないといっても『保湿ケア』は欠かせません。

    保湿ができていることによって防ぐことのできる刺激は数多くあります。

    十分な保湿をお肌に与えて、バリア機能を高めていきましょう。

    また、ターンオーバ―の促進にもつながるので、よりきれいな色のバストトップに近づきます。

    予防方法②自分に合った下着

    自分に合っていない下着を着用することで、黒ずみができやすくなります。

    そのため、常日頃からご自身に合ったサイズやデザインの下着を着用することで未然に黒ずみを防ぐことにもつながります。

    身体に直接接している時間の長い下着だからこそ、より良いものを選んできれいなバストトップを保っていきましょう。

    予防方法③適度なマッサージ

    黒ずみでも段階での頻繁なマッサージは逆に刺激になってしまいます。

    そのため、適度な間隔でマッサージを行い身体全体の血流をよくするイメージで行いましょう。

    こちらの場合も、身体が温まっているお風呂上りや、入浴中にクリームやオイルなどを使用してお肌に負担がかからないような準備をして行いましょう。

    また、強すぎずに優しくマッサージを行うのがポイントです!

    予防方法④生活習慣の見直し

    生活習慣は身体に大きな影響を与えることがわかってきています。

    そのなかでも、黒ずみは睡眠不足栄養不足などでも起こりやすくなると言われています。

    睡眠は、私たちの身体をキレイに変える自分だけの時間です。

    その睡眠が少ないことで十分な身体のケアができずに、支障が出てきてしまいます。

    また、身体を作るもとである栄養分は非常に大切で、バランスの取れた食事を心掛ける必要があります。

    身体の調子を整えて、きれいなお肌を保って言いましょう!

    まとめ

    バストトップの黒ずみについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    普段の何気ない生活の中に意外と多くの黒ずみにつながる刺激が潜んでいて、驚いた!という方もいるのではないでしょうか?

    刺激というと痛みやしびれなどを感じるイメージですが…皮膚の弱く薄い部分では、感じる前に刺激を受けてしまっていることもあり、黒ずみケアはなかなか難しいものです。

    しかし、手軽に保湿や美白ケアを行うだけでそういった刺激からお肌を守ることができたり、新陳代謝を促すことにもつながります。

    是非、黒ずみケアクリームなどの有効なアイテムを使いながら、バストトップのケアを行ってみてください!

    おすすめ記事

    生理中のムズムズってどうしたらいいの?

    月に一回、泣いても笑ってもやってくる生理…。 何度経験しても慣れない不快感ってありますよね。 特に、生理中のムズムズってなかなか我慢できない! そんな女性も多いのではないでしょうか? そこで今回は、そ ...

    思わぬ落とし穴!くるぶしの黒ずみ

    先日、お友達と足湯に入ったのですが・・・ その時に、普段はこの季節ブーツや靴下などで隠れて見えないくるぶしに黒ずみがあるのを発見してしまったんです! 黒ずみといえば・・・ヒジやワキ、デリケートゾーン、 ...

    【黒ずみクリームレビュー第6弾】ピューレパールを使ってみた!

    前回、【黒ずみクリームレビュー第5弾】と題してヴィエルホワイトについての商品説明やレビューを行いました。 ヴィエルホワイトはデリケートゾーンの黒ずみのケアだけでなく、臭いのケアや痒みのケアまでも行って ...

    【イラスト付き】月経カップの使い方

    前回、生理期間を快適に過ごすアイテムの1つとして「月経カップ」(上記の画像のカップのこと)について紹介しました。 海外では当たり前?月経カップの魅力 あまり聞きなれない言葉ですが、海外を中心に注目を集 ...

    【黒ずみクリームレビュー第1弾】ハーバルラビットを使ってみた!

    皆さんは、「黒ずみケアクリーム」を知っていますか? その名の通り、黒ずみをケアするための美容クリームです。 「黒ずみ」というと、お風呂場や銀製品の黒ずみ、Yシャツの黒ずみ、毛穴の黒ずみなどもありますが ...