子供にも黒ずみができるの!?

投稿日:2017年11月24日 更新日:

    うちの子、他の子と比べるとちょっとヒザのあたりが黒いんだけど…

    これってもしかして黒ずみ!?

    お子さんのヒザヒジが黒っぽくなっていて、気になるというお母さんも多いのではないでしょうか?

    子供の黒ずみはほとんど○○

    大人のヒジやヒザ、デリケートゾーンやバストトップなど皮膚の薄いところにできやすいと言われている黒ずみ

    一度できると、厄介なことは何度かお話ししましたよね。

    そんな黒ずみが子供にもできてしまうのでしょうか?

    実際は、大人のヒザやヒジの黒っぽくなっている皮膚は黒ずみの可能性が高いですが、小さいお子さんの場合、黒ずみではなく「内出血」の場合が非常に高いです。

    これで、ひと安心!

    黒ずみではないので、心配だからと言って皮膚科に行ったりする必要はありません。

    子供はヒザをついたりして遊んだりすることも多く、皮膚が柔らかく成長途中なので、気が付かないうちに内出血してしまっているケースがよく見られます。

    患部を押すと、痛みを感じる場合が多いのではないでしょうか?

    その場合は内出血の可能性が高いので、無理に患部を使わず、長ズボンや長袖などを着させたり、サポーターなどで衝撃を和らげる工夫をしてみてください。

    しかし、ほとんどの場合はすぐに治るので、あまり気にしなくても良さそうです。

    もし、黒ずみだったら…?

    仮に、内出血ではなく黒ずみであったとしても…

    メラニンを含んだ角質はターンオーバーで勝手に排出されます。

    また、子供のターンオーバーは大人の倍近くの速さですから、すぐに黒ずみも元の綺麗な皮膚に戻ります。

    内出血でもなさそうだし、黒ずみ!?と感じて治りが遅いなと感じた時はあまり患部を使い過ぎないようにして、保湿クリームなどを塗ると治りが良くなります。

    おすすめのケアクリーム

    おすすめの保湿クリームは以下の3つです。

    是非参考にしてみてください。

    ・ベビーワセリン

    赤ちゃんから大人まで安心して使うことのできるワセリンです。

    これなら、皮膚の弱いお子さんでも皮膚を乾燥から守ることができるのでおすすめです。

    このワセリンを塗ってから服を着させたり、お風呂上りに少し塗るだけでもその後のターンオーバーは変わってくると思うので、ぜひ試してみて下さい!

    ・アットベリー

    こちらは、大人の黒ずみケアでも有名な商品です。

    大人に使うものを子供に使ってしまっても大丈夫かしら?と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、箱に記載されている成分を見ればわかるように、刺激の強い成分は一切使われていません。

    二の腕やヒジ、ヒザなどに特化した黒ずみケアクリームなので、こちらで保湿ケアからターンオーバーの促進までケアしてくれます。

    ・ハーバルラビットナチュナルゲルクリーム

    通称ハバラビは、ほのかなお花の香りと肌なじみの良い使用感が人気の黒ずみケアクリームです。

    こちらも、刺激の強い成分は一切使用していません。

    さらに、唇や顔、デリケートゾーンにも使うことができるので安心してお子さんにも使うことができます。

    以上のクリームなどで、ターンオーバーの促進と保湿を促すことができます。

    是非、お試しください!

    まとめ

    以上のことから子供のヒザが黒ずみの可能性は低く、ほとんどの場合は「内出血」だと考えられます。

    仮に黒ずみであったとしても、慌てずに保湿を行って患部を刺激しないようにしていればすぐに治ります。

    正しい知識で、遊び盛りのお子さんのケアをしてあげてください。

    おすすめ記事

    女子力が出る?ヒジの黒ずみは魅力半減…!

    そろそろ、春が近づきあたたかい季節が始まりますね。 今までは、ダウンやコートを羽織ることも多かったですが… だんだん薄着になってきますね。 そんな今だからこそ、気を付けたいのが「ヒジの黒ずみ」です! ...

    【黒ずみクリームレビュー第5弾】ヴィエルホワイトを使ってみた!

    前回、【黒ずみクリームレビュー第4弾】と題してホワイトラグジュアリープレミアムについての商品説明やレビューを行いました。 ホワイトラグジュアリープレミアムは、バストトップの黒ずみに特化した黒ずみケアア ...

    【イラスト付き】月経カップの使い方

    前回、生理期間を快適に過ごすアイテムの1つとして「月経カップ」(上記の画像のカップのこと)について紹介しました。 海外では当たり前?月経カップの魅力 あまり聞きなれない言葉ですが、海外を中心に注目を集 ...

    リップグロスの使用期限っていつ?〈化粧品の危険性〉

    ぷるぷるの唇には欠かせない「リップグロス」 最近では、水色ベースのものから黒っぽいものまでたくさんの種類が発売されていますよね。 リップクリームを塗って、口紅を塗って、その上からリップグロス!そんな感 ...

    【デリケートゾーン】黒ずみになりにくいムダ毛処理方法は?

    黒ずみのおもな原因のひとつは、摩擦などによる肌への刺激。当然、アンダーヘアを処理するときのカミソリやシェーバーの刺激も、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させてしまう可能性があるわけです。 そうはいっても ...