血行不良が黒ずみの原因?

投稿日:

    夏も終わり、木枯らしも吹いて、より肌寒くなってくる季節ですよね。

    服装も夏服から秋服、冬服へ変えたり、衣替えの時期ではないでしょうか?

    そこで、肌の露出も少なくなるので、これから来年の夏に向けて脱毛を始めよう!という方も多いと思います。

    脱毛箇所で人気な部位は1位がワキ2位がVIO(デリケートゾーン)だと言われています。

    このVIO脱毛ですが、脱毛をすることになって初めて自分のデリケートゾーンを見るという方も多いようで、毛を剃ったときにあらわれる黒ずみに引いてしまう方も多いとか。

    幼いころは、毛も生えずにきれいな肌色だったところが…毛が生えはじめ、しばらく見ないうちに黒くなっていたら、びっくりしてしまいますよね。

    そんな時、嫌だからと目をそらさなくても、原因がわかれば解決方法があります。

    そこで、今回はその原因の1つとして考えられる「血行不良」について紹介していきたいと思います。

    あなたの黒ずみの原因が血行不良であったら、後半で紹介する方法で改善方法できれいな色に戻るかもしれません!それでは早速みていきましょう!

    血行不良でできる黒ずみ

    体重の増加や冷え性、生理痛の悪化に伴って、黒ずみが目立つようになってきた!なんてことありませんか?

    実はそれ…血行不良が原因かもしれません!

    黒ずみの原因と言えば、乾燥や摩擦といった肌のダメージが有名ですが、実際にはそれ以外にも原因があります。

    血行不良による黒ずみのメカニズム

    その1つとして今回紹介していきたいのが、「血行不良」です。

    その名の通り、血の巡りが悪くなるものです

    身近な例でいうと、寝不足などの際にあらわれる目元のクマなどが挙げられます。

    クマは目元の毛細血管という細い血管を通る血のめぐりが悪くなり、血が滞ってしまっている状態が皮膚の上から見ると、紫や黒っぽく見えることを言います。

    他にも、子供のころに輪ゴムでゴム鉄砲をして遊んで、そのゴムを手の指に巻いて置いたら、気が付いたころには紫色に跡がついている何てことありませんでしたか?

    これも、輪ゴムを指に巻くことで外側から圧迫され血の巡りが悪くなってしまったことが原因です。

    しかし、この輪ゴムで巻いたことによる血行不良の場合は、輪ゴムを外して時間が経てば改善していきます。

    これらと同じような状態が、身体で起きているのが血行不良による黒ずみです。

    上の2つの例、症状は同じですが…理由が少し異なっていますよね。

    はじめのクマの例は外側からの圧迫ではなく、寝不足や疲れ・ストレスなどによって生じるものです。

    あとの輪ゴムの例は外側からの圧迫によって生じたものです。

    血行不良による黒ずみのタイプ別解消方法

    実はデリケートゾーンなどの身体の黒ずみには大きく分けて3種類あります。

    それではタイプに分けてそれぞれの原因解決方法について見ていきましょう。

     

    1.クマの例のような寝不足や疲れからくる黒ずみ

    これは、寝不足や疲れ・体調不良・ストレス・運動不足などによって、血の巡りが悪くなり血行不良に陥ってしまった場合に起こるものです。

    血の巡りが悪いということは、肌の代謝であるターンオーバーも崩れているということなので、1度できた黒ずみも治りにくい状態になり、何度も黒ずみを繰り返してしまう負のスパイラルの原因でもあります。

    上記の寝不足や疲れに心当たりのある方は、ぜひ生活のリズムを整えることから血の巡りを改善してみてください。

    ※また、身体を冷やしやすい飲み物(アルコール・コーヒー)などの過剰摂取なども控えたほうがよさそうです。

    2.輪ゴムの例のような外部的要因からくる黒ずみ

    輪ゴムの例ような外部的要因…と言われても、いまいちピンときませんよね。

    身体に輪ゴムを巻くことはまずありませんし、手で長時間抑えていることもないでしょう。

    実はこの外部的要因は良かれと思ってやっていることで起こる場合がほとんどです。

    簡単に言うと、衣類による締め付けです。

    例えば、骨盤矯正パンツ着圧ストッキングなどの圧をかけて姿勢を整えたり、見た目をよくするもの。

    これらの衣服は身体に圧をかけることによって起こる変化を期待した商品です。

    そのため、身体で痛いと感じていなくても、外部からの大きな締め付けがかかっています。

    こうした衣服のまま、しゃがんだ姿勢を取ったり、足を組んだりすると、タイツなどにシワができ、その部分に必要以上に圧がかかってしまいます。

    無意識のうちに取っている行動でさらにダメージを増やしてしまっている可能性があるので、こうしたストッキングやパンツを着用する際にはその日の予定や圧の強さを考えたうえで着用するようにしてください。

    さらに、もう一つ考えられるのが、面積の少ないセクシーな下着による締め付けです。

    パートナーのためにちょっとおしゃれな下着にしようかな?と着用している方も多いかもしれませんが、そういった下着は伸び縮みしないものが多入です。

    また面積が少ない分、そこにかかる圧も大きくなり血行不良を引き起こす可能性があります。

    また、摩擦などの面でも肌へのダメージが大きく、メラニン色素が生成されて起こりやすくなってしまいます。

    そのため、黒ずみが気になったら、まずはご自身の下着を見直してみてください!

     

    これらの解決方法は、そういったの締め付けの多い衣服を身に着けないことです。

    指にはめた輪ゴムのように締め付けの多い衣服を外すことで血行が改善され、徐々に黒ずみが薄くなっていくはずです。

    黒ずみが治るまでは、注意が必要です。

    また、黒ずみが治ったからといって、また着用しては黒ずみを繰り返してしまいます。

    毎日、身に着けるのではなく、期間を空けてみたり、1サイズ大きいものにしてもいいかもしれません。

    3.もともと、血行不良になりやすい方の黒ずみ

    もともと、冷え性で手足などの末端がすぐに冷えてしまう。

    生理痛は毎回つらい方で、鎮痛剤で痛みを抑えてりして何とかやり過ごしているなんて方はこのタイプかもしれません。

    この2つの場合は血の巡りが悪いことが原因であることが多いので、これらの症状を感じることが多いという方は慢性的な血行不良である可能性が高いです。

    そのため、1のメカニズムでターンオーバーなどの身体の機能にも乱れが生じ、血行が滞っている箇所などが黒ずんでしまっています。

    こうした方は、冷え性や生理痛の改善が黒ずみの改善につながるので、半身浴などで身体を温めたり、適度な運動を取り入れるなどして体質改善を心掛けてみてください。

    まとめ

    あなたの黒ずみは血行不良によるものでしたか?

    今まで紹介した事例や症状に少しでも当てはまるかも?と感じたら、ぜひ今回紹介した解決方法を行ってみてください!

    身体の黒ずみって、普段はあまり人からは見られませんが、一度気が付いてしまうと気になってしまうところです。

    自分に自信の持てる肌になれるように、血行改善を心がけて、黒ずみケアを行っていってください。

    血行の改善では、身体や肌の代謝も上がるので、結構な身体を手に入れることもできて、一石二鳥です!

    是非、試してみてください!

    おすすめ記事

    〈冬のお悩み〉手の乾燥あるある

    気温の低い日が続いていますね。 そんな冬の季節に気になるのが、乾燥ですよね! つい最近も、関東地方で乾燥注意報が出ていました。 皆さんはしっかりと乾燥対策はできていますか? 今回は、前回の「〈冬のお悩 ...

    《部位別》かかと・くるぶしの黒ずみ

    涼しくなってきて、足裏の蒸れが気にならなくなってきたと思ったら… くるぶしに黒い影が!! 何これ?影じゃない! それは「くるぶしの黒ずみ」かもしれません。 他の箇所のお肌に比べて、ガサガサと硬く茶色っ ...

    デリケートゾーンのかゆみ…これって病気?

    デリケートゾーンのかゆみ。 女性のおよそ2人に1人がかかえている悩みと言われています。みなさんもかゆみで夜寝付けなかったり、仕事に集中できなかった経験がいちどはあるのではないでしょうか。かゆみの原因は ...

    黒ずみが気になる~10代編~

    今までは、黒ずみの箇所についての記事や原因に注目したものが多かったのですが、今回は年齢別の黒ずみに関する悩みについてもみていきたいと思います。 そこで…黒ずみが気になるシリーズとして皆さんの悩みに少し ...

    黒ずみが気になる ~妊婦編~

    年齢別として書いてきた黒ずみが気になるシリーズですが…年齢に関係なく黒ずみが気になる時期があることに気付き、特別バージョンとしてこの妊婦編・出産後編を作成しました。 妊娠は女性ホルモンの働きが大きくお ...