【レビュー記事】デリケートウェットシートって何?

投稿日:

    皆さん、「デリケートウェットシート」をご存知ですか?

    生理用ナプキンと一緒に陳列させれていたりするアレです。

    ナプキンやタンポンなどを製造しているユニ・チャームの「ソフィ」の商品です。

    ぱっと見は可愛らしくコンパクトなこのウェットシートですが…実はとても便利だと話題なんです!

    そこで、今回はどんな場面でもパパっと手軽に使えると話題のデリケートウェットシートについて見ていきましょう。

     

    デリケートゾーンのトラブル

    女性にとってデリケートゾーンとは悩みの種!

    8割以上の女性がデリケートゾーンに悩みやトラブルを抱えていると言われています。

    特に…ニオイかゆみに悩む方は多く、生理時期や排卵時期にはその不快感に悩まされます。

    生理中のニオイが気になってしまう!

    周りにも臭っているかも?こんなに臭うのは自分だけ?と心配になってしまう…

    おりものの量が多くて蒸れやすい!

    気になって掻いてしまったり、擦ってしまったりかゆみのもとになってしまう。

    外出中、トイレでビデやウォシュレットはなかなか使いにくい…(誰が使っているかわからないし、衛生面も不安)

    でも、水で洗い流したいくらいの不快感で我慢できない!

    などなど、詳しく調べてみるとデリケートゾーンの不快感を多くの女性が感じていました。

     

    デリケートウェットシートとは?

    トラブルの絶えないデリケートゾーン!

    そこで、持っておきたいのが…この「デリケートウェットシート」です。

    主に、デリケートゾーンの汚れなどの拭き取りに使うウェットシートです。

    デリケートゾーンというと、その名の通り敏感で正しいケアが大切なことはこれまでの記事で触れてきました。

    そんなデリケートゾーンだからこそ、殺菌効果の強いお手拭き用ウェットティッシュやアルコール成分の多く含まれている除菌シートは使えません。

    しかし、このデリケートウェットシートなら…ノンアルコールでパラベン無配合のため安心して使用することができます。

    ソフィ デリケートウェットシート

    商品名:ソフィデリケートウェット 無香料〈ふきとり用化粧水〉

    内容量:12枚入り(6枚×2個)

    大きさ:シートサイズ 160㎜×190㎜

    価 格:178円(税込み)

    成 分:水・DPG・PEG-60水添ヒマシ油・フェキシエタノール・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・ポリアミノプロピルビグアニド・ブチルカルバミンヨウ化プロピニル・EDTA-2Na

    販売元:ユニ・チャーム株式会社

    製造元:ユニ・チャームプロダクツ株式会社

    【注意事項】

    • トイレのつまりを避けるため、「大」の水流で1枚ずつ流してください。水流が弱いとトイレに詰まる可能性があります。
    • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
    • 乳児には使用しないでください。
    • お肌に異常がある場合はご使用を中止し、医師に相談してください。
    • 使用後は中身の乾燥を防ぐためシールをしっかり閉めてください。
    • 小さなお子様の手の届かないところで保管してください。
    • 直射日光が当たる場所や高温に場所は避けて保管してください。
    • 目および傷口には使用しないでください。
    • 衛生上、一度使用されたシートに再使用はやめてください

    【その他の商品】

    同じ「ソフィデリケートウェット」で香り付きのものもあります。

    • ソフィデリケートウェット フレッシュフローラルの香り
    • ソフィデリケートウェット フレッシュグリーンの香り

     

    どんな時に使うのか?

    ではこのデリケートウェットシートはどのような時に使うのでしょうか?

    昼と夜・屋外と室内に注目して、AさんとBさんの一日をもとに使い方をみていきましょう!

    Aさんの1日(ある日の平日編)

    《昼の外出時》

    オフィスで働くAさん。

    日中は、座りっぱなしで事務作業をすることが多いようです。

    でも、蒸れが気になる生理期間に座り仕事なんて大丈夫でしょうか?

    こんな時には、「デリケートウェットシート」です!

    お手洗いに行く際に手の平やポーチにおさまるウェットシートを持って行って、さっと経血や汚れを拭き取ればニオイも蒸れも安心です!

    お昼休みや午後の会議が始まる前の時間だけでも十分!長い時間かからないので、トイレットペーパーで拭き取るような感覚で手短に済ますことができます。

    《夜の外出時》

    仕事がひと段落して、これから外で打ち合わせです。

    でも、外出先で生理のムズムズって気にならないのでしょうか?

    外のトイレのビデやウォッシュレットで使うのには気が引けるし、大丈夫でしょうか?

    そんな時にも「デリケートウェットシート」です!

    サッとカバンに忍ばせたら、外での打ち合わせや商談でも安心です。

    使い終わったウェットシートはトイレに流せるので、ゴミにもなりません。

    Bさんの1日(ある日の休日)

    《昼の外出時》

    彼と休みの合った休日のBさん。

    今日はちょっと遠出して、二人でゆっくりお買い物。

    晩御飯のメニューを考えているみたい…

    でも、排卵期間中のおりものが気になるこの時期、デニムの締め付けで蒸れていないのでしょうか?

    こんな時にバックに入れておきたいのが「デリケートウェットシート」です!

    恋人とのお買い物も蒸れやかゆみなどの不快感に邪魔されずに済みます。

    外出中でも安心のコンパクトでデリケートゾーン用品と感じさせないデザインだから、安心です!

    《夜の帰宅後》

    晩御飯のメニューも決まって、そろそろお買い物も終わり。

    翌日も休みだからと、彼がAさんの家に泊まっていくことに!

    おりものが気になるけど、ムードは壊したくないし…スマートに2人の休日を乗り切りたいBさん。

    そんなときには、「デリケートウェットシート」です!急な予定の変更でも安心!

    彼とのラブタイムもニオイや汚れを気にせずに過ごすことができます。

    また、ちょっと気分を高めたい時には香り付きシートを使うのもおすすめです。

    フレッシュフローラルやフレッシュグリーンの香りでラブタイムを盛り上げます!

    他にもこんな時に使えます!

    他にも使い道として…

    ・発熱でお風呂に入れれない時

    ・海外旅行でトイレが不便な時

    ・登山などのアクテビティで汗や汚れ、衛生面が気になるとき

    ・VIOの脱毛前のエチケット

    ・性行為の前のエチケット

    ・友達の家のお泊りのとき

    ・災害時の避難中

    上記の時にでも使えるため、持っておきたい!という方が多いようです。

     

    どのように使うのか?

    ウェットシートのパッケージはこんな感じです。

    大きく商品名の記載されているピンクの袋の中に、実際に持ち運ぶときに使うこのパッケージが入っています。

    ぱっと見は英語での書かれた可愛らしい見た目デリケートゾーン用の商品だとはわかりません。

    また、手の平サイズであるため、ポーチに入れたりカバンの内ポケットに入れたりして手軽に持ち運ぶことができます。

    それでは実際に使っていきましょう!

    使い方はいたって簡単です。

    パッケージ中央のシールをはがして、シートを取り出します。

    この時、上に貼ってあるシールを紫のラインの部分まで開けると、シールが戻らずに安定して中身を取りやすくなります。

    こうすることで、トイレの中でもササっと取り出すことができます。

    また、粘着力も比較的強いため、中に入っている6枚分のシートの出し入れを行っても中が乾燥することはありませんでした。

    シートも一枚ずつ簡単に取り出せるようになっているので、手間取ることもありませんでした。

    中からシートを取り出したら、あとはデリケートゾーンを拭く!

    シートの大きさは、片手をすっぽりと覆うことができるくらいのサイズでした。

    私は実際に使う時はこれを半分か4分の1に折った状態で使っていました。

    ここまで大きく広げなくても、十分デリケートゾーンを拭ける大きさと厚みになっていました。

    普通の除菌シートよりも繊維が細かく、少し厚手な印象を受けました。

    ニオイは無香料ということでほとんど感じませんでした。

    シートは湿っているので、少し冷たく感じますが、そのくらいの方が実際にデリケートゾーンを拭く際には快適でした。

    ヒヤッとするような冷たさではないので、使いやすかったです。

    また、水気も多すぎず…少なすぎず…ちょうどよい!といった感じで、患部がシートで拭いたことによって濡れて

    2度拭かなけらばならない!なんてことはありませんでした。

    厚みは写真のようにそこまで厚手というわけではありませんが、質感がかなりしっかりとしており、適度な伸縮性もありました。

    シートをすべて広げてしまうと、かなり大きくなってしまうので4分の1のサイズに折ってみると手の平にちょうど収まるくらいのサイズで拭きやすかったです。

    実際にシートでデリケートゾーンを拭いて見ると、おりものや排泄物が手についてしまうようなこともなく、トイレットペーパーよりも柔らかく優しい使い心地でした。

    トイレットペーパーがなかったときに、急遽水に流せるティッシュなどを使ってデリケートゾーンを拭いた経験のある方も多いと思います。

    ティッシュも便利ではあるのですが、水分が浸透しやすく繊維が荒かったりすることもあって、ふき取る際に手が少し汚れてしまったり…

    刺激があったり、あまり拭き取れていないような感じになったりしますよね。

    デリケートウェットシートはそのような不快感はなく、トイレットペーパーよりも優しく快適に使用できたように感じます。

    最後に、デリケートゾーンを拭き取ったシートはトイレに流すことができます。

    前から後ろへ拭き取ったらそのまま手を放して便器の中へポイ!です。

    これですべて完了です。

    手間がかからずゴミも出ないため、外出先でも非常に使いやすくなっていました。

    皆さんもぜひ使ってみて下さい!

     

    利用者の口コミ

    ここで実施に商品を使った方の口コミを見てみましょう!

    通常の汗ふきシートの感覚でデリケートゾーンを清潔に保つため、とても使いやすいです。
    ウォシュレットが苦手な方にも良いかと思います。
    また、生理期間中は特にムレが酷く、炎症が起きやすいタイプでしたため、特に重宝しています。
    気になる方は、入浴時にはデリケートゾーン専用ソープで洗浄し、それが不可な場合はこちらのシートを使うのが良いとは思います。
    現在のところ、シート使用による赤みや痒み、炎症はありませんでした。
    ただ、1度の使用で1枚分のシート大きく感じられます。勿体ないかなと思うようなサイズ感でしたが、個人差はあるかと思われます。(2017年に2月15日)
    チョット尿漏れを感じた時やおりものが多いときにつかっています。さっぱりして気持ちよく過ごせます。(2018年3月13日)
    無香料のウェットティッシュです。
    トイレに流せるところが便利だと思います。
    生理中などに匂いが気になる人には良いのではないでしょうか?(2013年6月13日)
    会社帰りに脱毛にいく前に使用しました。大きさなどもちょうどよいですね。(2014年10月3日)
    以前1枚100円くらいする値段が高いものも使ったことがあり、厚手で大きさもあってかなりスッキリする感じだったので、物足りなさを感じます。
    こちらは旅行用に購入しましたが、海外はウォシュレットがないので必須です。
    値段が安いのでたくさん気にせず使えるのはいいかもですが。(2014年2月7日)

    あまり期待せず、お試しのつもりで買ったのですが、手放せなくなりました。普段はウォシュレットとおりものシートを使用していますが、デリケートウェットでふき取ることをセルフケアに加えると、気持ち良く過ごせます。特に、生理中にナプキン交換する時や、おりものが多い時に、外陰部の清拭に使用すると、不快感が無くなります。1つのパッケージで6枚入り×2パック入りです。
    ポーチやポケットに入れて持ち運んだり、衛生面を考慮すると、ちょうど良いサイズだと思います。
    使用後そのままトイレに流せるところもポイント高いです。1枚17円と考えると、少し高く感じる方もいるかもしれませんが、デリケートな部分に使うものですし、これで皮膚の不快感やかゆみから解放されて気持ち良く過ごせるのであれば、相応のお値段かなと思います。水分が少ないというレビューがありましたが、私は気になりませんでした。赤ちゃんのおしりふきや汗拭きシートと同じくらいの水分量に感じて、カサカサ感を感じことはありません。
    アルコールを使用しておらず、しみることもありません。旅先や屋外のトイレ、災害時などでウォシュレットが使えない時にもこれがあると安心です。(2017年8月16日)

    職場のトイレにはビデ機能が無いので、トイレットペーパーで汚れを拭き取っただけでは、どうしても不快感が残ってしまいます。
    生理中のデリケートゾーンの不快感や肌荒れ、痒み、臭い対策にとカバンに必ず入れて持ち歩いてます。
    敏感肌のため生理中やおりものが多い時を快適に過ごす必需アイテムです。
    肌触りの良い素材で優しく綺麗に拭き取る事が出来るのでスッキリ清潔を保てます。一度使うともう手放す事が出来ません。
    使用後はそのままトイレに流せる所が煩わしくなくて便利ですね。
    毎日使う物だからもう少し大容量の物が有ると助かります。(2016年10月4日)

    などなど、たくさんの口コミがありました。

    通販サイトAmazonの口コミから引用したため、送料が高いという意見も多くあったのですが…

    調べてみるとドラックストアやホームセンターにも売っているようで、店舗で購入したほうが安い!という意見が多く見られました。

    海外でも大活躍だったデリケートウェットシート

    私事ですが…先日、海外に行く機会があり、現地のトイレを使用したのですが…

    キレイなトイレでありながらトイレットぺーパーがなかったんです!

    そもそも、日本のようにどこのトイレにもトイレットペーパーがあること自体が珍しいのですが、完全に油断していました。

    基本的には下の写真のようにトイレの便座の横に小さいシャワーのようなものが付いていて、それでデリケートゾーンを洗います。

    日本でいうウォシュレットやビデのように使うそうです。

    しかし、慣れない土地での急にシャワーのようなものでデリケートゾーンを洗うのには少し抵抗がありました。

    (うまく洗える気がしないですし、間違えると大惨事ですから…汗)

    そんな時に役に立ったのが、今回ご紹介したデリケートウェットシートでした。

    簡単に取り出すことができて、さらりと拭き取り、あとは流すだけ!

    一緒に行った友人にもトイレ早くない!?と驚かれるほどでした。

    水を流すのも、ボタンやレバーではなく…バケツから水をすくって流すようなところも多かったですが、その程度の水量でもシートを簡単に流すことができました。

    手軽すぎて、滞在中はいつもショルダーバックの前ポケットに入れておきました。

    一週間ほどの滞在だったのですが、この12枚のウェットシートで十分足りました。

    (ホテルや空港の場合は、トイレットペーパーがあらかじめ備え付けられている場合が多かったので、シートを使うのは地元のレストランや観光地のトイレなどでした。)

    慣れない土地では体調も崩しやすいため、健康や衛生面での自己管理は大切です。

    皆さんも、海外に行く際にはデリケートウェットシートを活用してみてはいかがでしょうか?

     

    まとめ

    デリケートゾーン専用商品「ソフィデリケートウェット」について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    この商品の他にも、デリケートゾーンのケアを行う商品はたくさんあります。

    【ウェットシート類】

    ・ミュゼコスメ エチケットシート

    ・レディプロラス プライベートケアジャムウシート

    ・ナトラケア 女性用デリケートゾーン用ウェットティッシュ

    ・SARIAYU TISSUE RAPAT DARA

    ・ピュビケア オーガニクス デリケートコットンシート

    ・pHCare フェミニンウェット シャワーフレッシュ

    ・ミシャ イブブロッサム フレッシュアップティッシュ

    ・エピスタプロプル やさしいウェットティッシュ ハンディタイプ

    ・サマーズイブ フェミニンクレンジングワイプ ノーマルスキン

    …などがあります。

    また、デリケートゾーンのかゆみや蒸れ、乾燥、黒ずみなどを防ぐケア商品に黒ずみケアクリームがあります。

    【黒ずみケアクリーム】

    ・ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

    ・イビサクリーム

    ・WLホワイト

    ・アットベリー

    ・ピューレパール

    ・ホワイトラグジュアリープレミアム

    …などがあります。

    上記で挙げた黒ずみクリームは、商品を実施に使ってレビュー記事を書いています。

    是非ご覧ください!

    このようにデリケートゾーン専用商品はたくさんあります。

    敏感なところだからこそ、正しく安全なケアを心がけて快適な毎日にしていきたいですね。

    おすすめ記事

    【レビュー記事】デリケートウェットシートって何?

    デリケートゾーンの不快なかゆみやニオイなどのトラブルに、デリケートゾーン用のウェットシートが効くと聞いて試してみました!手軽に使えるのに爽快感は抜群で手放せなくなりそうです。実際に使ってみた感想や…

    【噂を検証!】ビデは効果的なの?

    ほとんどの洋式トイレに設置されている「ビデ」と「デリケートゾーン」についての説明していきたいと思います!生理期間、デリケートゾーンがムズムズしたり、経血で汚れてしまった際にはトイレでビデを使用する…

    《VIO脱毛特集》オトナ女子の脱毛事情!介護に向けてのエチケット?

    皆さん、オトナ女子たちの脱毛事情について知っていますか? 子育ても落ち着いて、旦那の仕事も安定して…そろそろ両親の介護かしら? なんて時期に、実は脱毛を始める女性が増えているんです。 アンチエイジング ...

    デリケートゾーンパックがすごい!

    黒ずみの中でも、悩む人が多い箇所であるデリケートゾーン。 気軽に相談もできないし、皮膚科に行くのも恥ずかしいなどと言う理由から、多くの人が黒ずみがあると知りながらそのままにしているそうです。 確かに、 ...

    女性ホルモンと噂のウソ?ホント!

    生理のときにポーチを持って、女子トイレに駆け込むと… 仲良しのあの子もポーチを持ってる! 「もしかして生理?」 「えっ?○○も?」 何てことありませんか? こんなとき、よく耳にするのが…『生理うつった ...