デリケートゾーンの洗い方に気を付ける

投稿日:2017年10月30日 更新日:

    なんだか、デリケートゾーンにおう

    なんとなく蒸れて痒い

    その原因、下着や服装のせいではなくて、デリケートゾーンの洗い方のせいかもしれません。

    前の記事で散々、「下着の蒸れとか」「締め付けが」と言っていた私ですが…原因はそれだけではないんです!

    ~前の記事~

    ・「いつも履いているストッキングやタイツが蒸れて、黒ずみや痒みの原因に!?

    ・「蒸れにくいと話題の布ナプキンって?

     

    温泉でゆっくりと休んでいた時、若い女性二人組が話しているのを聞いてしまったんです。

    「身体を洗うのは秒レベルだけど、ムダ毛の処理は分レベルでも足りないわ」

    ムダ毛の処理はもちろん大切ですが、身体を洗うのも同じくらい大切です。

    特に、デリケートゾーンは大切なんです!

    そこで今回は、身体を秒レベルで洗っているあなたに!デリケートゾーンの正しい洗い方を紹介します

     

    デリケートゾーンの洗い方

    デリケートゾーンの正しい洗い方と言われても、いまいちピンと来ない!なんて方も多いのではないでしょうか?

    私もデリケートゾーンの洗い方を黒ずみに悩む前は知りませんでした。

    誰も教えてくれたりしませんでしたし…。

    しかし、子供のころとは違ってデリケートゾーンの構造複雑になっているため、今までの洗い方では洗い残しがある場合があるんです。

    そこで、以下の2つの場合を挙げて説明していきます。

    あまり洗えていない場合

    デリケートゾーンをなんとなく水で流すだけで洗っていたり、特に何もしていないという方は要注意です。

    デリケートゾーンがあまり洗えていない=洗い残しがある状態だと…

    膣分泌液(バルトリン腺などからの分泌物)や尿などの体液が固まったものである恥垢が溜まってしまいます。

    これは、雑菌の繁殖皮膚トラブル臭いの原因になるものです。

    多少の恥垢であれば、洗う際に指の腹で洗えば落ちるのですが、厄介なのが蓄積した恥垢です。

    蓄積されたものは落ちにくいため、粘膜や肌を傷つけないように綿棒などで取ることをおすすめします。

    この蓄積した恥垢が引き起こすのが、尿道炎膀胱炎です。

    主に、膣には自浄作用があるために恥垢で病気に感染するケースは少ないですが、尿道などはそのような作用がないので、恥垢で繁殖した雑菌によって炎症を起こしてしまう可能性があります。

    この恥垢をきれいに取り除き、これからも蓄積しないように心がけない限り、また同じような症状を繰り返すことになってしまいます。

    洗い過ぎている場合

    朝風呂と夜風呂と1日に2回入っているから、2回ともしっかりと洗っている!とか、ボディーソープで身体と同じようにゴシゴシ洗っているなんで方も要注意です。

    デリケートゾーンを洗うことは非常に大切なのですが、洗い過ぎは新たなトラブルを招きます。

    まず、1日2回以上デリケートゾーンを洗う必要はありません。

    トイレの際にはしっかりと拭いている方も多いでしょうし(デリケートゾーンの拭き方を参照)、ウォッシュレットやビデなどを利用する方も多いのではないでしょうか。

    意外とデリケートゾーンは洗われているんです。

    しかし、きれいに洗って何が悪いのか?と思いますよね。

    実は、デリケートゾーンを洗い過ぎると…膣内の自浄作用が弱まり常在菌がいなくなることで、pHなどのバランスも崩れ菌に感染しやすい状態になってしまいます。

    また、洗い方によっては粘膜や皮膚を傷つけ、炎症感染を引き起こす可能性があります。

    ボディーソープをつけて、ナイロン製のスポンジで身体を洗うようにゴシゴシと洗っていたら最悪です。

    ナイロン製のスポンジやボディータオルは、デリケートゾーンの皮膚には刺激が強く、敏感な皮膚を傷つけてしまいます。

    また、ボディーソープは洗浄・殺菌能力が高いため、必要以上に菌を洗い流してしまいます。そのため、デリケートゾーンを洗う際にはデリケートゾーン専用石鹸か弱酸性の皮膚に優しい石鹸を使うことをおすすめします。

    デリケートゾーンは尿・便・経血・おりものなど様々なものが排出されている場所なので、ある程度の菌への耐性はあります。

    しかしデリケートゾーンを洗い過ぎることによって、菌から身体を守る良い機能まで洗い流してしまうのです。

    耐性がなくなったデリケートゾーンは、せっけくお風呂に入ってきれいになっても、そのあとすぐに様々な外部の菌にやられてしまいます。

    この菌などのせいで病気にかかり、しっかりと洗っていてもデリケートゾーンがにおうなどといった症状が起こることがあります。

     

    おすすめの洗い方

    そこでおすすめの洗い方です!

    「洗い残しがなく、洗い過ぎない」そんな絶妙な加減を実現してくれるのが、この「泡パック」です。

    時間もかからず、簡単に自宅で行うことができるので非常におすすめです。

    泡パック

    1.石鹸をネットを使って泡立てる

    この時使う石鹸はデリケートゾーン専用のものか、弱酸性の肌に優しいものをおすすめします。

    ボディーソープや石鹸の中には洗浄力や殺菌力の強いものが多く、デリケートゾーンには必要である常在菌まで流してしまうため、バリア機能が低下し、自浄作用が弱まり、黒ずみ・ニオイ・炎症・性病の原因になってしまう場合があります。

    なるべく肌に優しい、自然由来のものを使ってください。

    泡は両手のひらに収まるくらいの量を泡立てます。きめ細かく、弾力のある泡になったら完成です。

    2.泡を適量とり、デリケートゾーンに優しく乗せる

    先ほど作った泡をデリケートゾーンを覆う程度とり、上から優しく載せてください。この時、刺激を与えないように気をつけてください。

    石鹸の泡が汚れを吸着し、包み込む作用があるので、デリケートゾーン全体に乗せることで不要な汚れや細菌を取り除くことができます。

    3.そのまま2分間パックをする

    2分間以内を目安にパックをしていきます。2分以上放置してしまうと肌に必要な成分も吸着してしまうので、注意が必要です!

    4.刺激にならないようにぬるま湯で優しく洗い流す

    体温よりも少し温かい程度のぬるま湯で洗い流します。あまり高温のお湯で洗い流すと、皮膚への刺激になるので、温度は一度確認してから行ってください。

    初めて泡パックをすると、洗った気にならないような物足りなさを感じるかもしれませんが、泡パックでも十分に清潔な環境を保つことができますし、余計な刺激を与えずに済むのでおすすめです。

    5.入浴後は乾燥やダメージを防ぐため、タオルドライをする

    入浴後は乾燥しやすいため、しっかりと水気をふき取ることが大切です。

    しっかりとタオルドライをしておかないと…拭き残した水分が蒸発する際に必要な水分まで奪っていってしまいます。こうした乾かし方から生じる乾燥を防ぐためにも、柔らかいタオルで優しくデリケートゾーンを抑えるようにして水気をふき取ってください。

    6.デリケートゾーンをしっかりと保湿する

    水気を引き取ったら、乾燥する前に保湿を行ってください。

    この時に使用する保湿クリームは、デリケートゾーンの刺激を与えない「デリケートゾーン専用ケアクリーム」などを使用してください。

    デリケートゾーン専用ケアクリームについては以下の記事をご参照ください!

    実際に使ってみたレビュー記事もあります!

    清潔にうるおいも保つことができるのでアフターケアには欠かせません。

     

    基本的には泡パックで十分なのですが…恥垢が気になる!最近臭いが酷くて!という方に「手洗い」の方法もお教えします。

    手洗い

    1.手のひらなどで石鹸やボディソープをしっかり泡立てる

    泡がきめ細かい方が、デリケートゾーンの隅々まで洗いやすいです。

    泡立てネットなどを使って泡立ててもいいでしょう。

    2.Vライン(陰毛)に泡をのせ、毛の流れに逆らうようにしてマッサージするように洗う

    (陰毛を軽く引っ張って抜け毛を処理しておくと、下着にむだ毛がつきにくくなります)

    無理に引っ張り過ぎると、炎症の原因となるので軽くで十分です。

    陰毛は雑菌が非常に繁殖しやすい場所であるので、しっかりと洗ってください。陰毛を清潔に保つだけで、ニオイが解消されることも多いです。

    3.そのままIライン(性器周辺)にも泡をのせ、恥垢のたまりやすいミゾを中心に、こすりすぎに注意しながら指の腹でやさしく洗う

    やわらかな指の腹としっかり泡立てた石鹸で細部まで丁寧に洗うのが大切です。

    特にIラインは自分では見えにくい上に、くぼみやヒダなどがある複雑な構造から汚れが落ちにくい部位になります。

    汚れ落ちが気になるときには、鏡で確認しながら洗うのもいいおすすめです。

    また、爪を立てずに、必ず指の腹で行ってください。

    優しく力を入れずに洗うだけでも、十分な効果が期待できます。

    4.Oライン(肛門周り)を指の腹でやさしく洗う

    ここも、泡を付けて優しく洗ってください。

    肛門の雑菌が、膣や尿道に行ってしまうことも考えられますので、お風呂の際には忘れずに洗っておきましょう。

    5.シャワーを使って、泡や恥垢をしっかり洗い流す

    ぬるま湯程度の温度で、水圧を弱くして洗い流してください。

    シャワーの水圧に任せて洗い流しましょう。

    あまり強い水圧や、高い温度、低い温度では洗い流さないでください。

    デリケートゾーンをしっかりと保湿する

    水気を引き取ったら、乾燥する前に保湿を行ってください。

    この時に使用する保湿クリームは、デリケートゾーンに刺激を与えない「デリケートゾーン専用ケアクリーム」などを使用してください。

    清潔にうるおいも保つことができるのでアフターケアには欠かせません。

    この段階はどの洗い方にも共通です。

    しっかりと行ってください!

    デリケートゾーン専用石鹸

    デリケートゾーン専用石鹸には、さまざまな種類が販売されています。

    固形石鹸のものから、ポンプ型の泡で出てくるタイプまであります。

    また、香りが付いているものや消臭効果が強いものなど、さまざまです。

    自分の悩みに合ったデリケートゾーン専用石鹸を見つけて、ぜひ使ってみてください!

    膣内用洗剤

    あまり洗うことはおすすめできませんが、今まで紹介した洗い方を何度も試したけれど、ニオイや痒みが酷くなるばかり…

    という方には膣内洗浄をする際に使う「膣内用洗剤」を紹介します。

    「膣内洗浄」とは、読んで字のごとく「膣内を洗浄すること」です。

    洗浄といっても、勝手に指を突っ込んで水で洗い流すわけではありません。

    膣内環境をしっかりと守りながら、極力粘膜や皮膚を傷つけないように洗うことが必要です。

    これを実行するのは大変なので、膣を洗うための洗浄剤が実際に販売されているというわけです。

    この「膣を洗うための洗浄剤」を選ぶときのポイントとなるのが以下の3つのになります。

    ・乳酸配合の物かどうか

    ・弱酸性かどうか

    ・善玉菌を洗い流してしまわないかどうか

    なんでも流してしまえばいい!というわけではないということは、前述した洗い方の章でわかっていただけたかと思います。

    デリケートゾーンの環境を崩さない洗浄剤が必要なのです。

    以下の3つをクリアしている洗浄剤であれば、デリケートゾーン内の菌やpHのバランスを大きく壊してしまうことはありません。

    洗浄剤を購入したら、使用方法・使用上の注意をしっかりと読んでから、使用してください。

    膣内洗浄剤といっても、たくさんの種類があって、何を使ったらいいかわからない!という方に、人気の商品をいくつかご紹介します。

    inclear(インクリア)株式会社HMS

    管理医療機器の腟洗浄器になります。

    腟にジェルを注入し、腟内浄化のサポートをする商品です。

    このジェルは、口に入れても無害なほど安全なもので、以下の成分で作られています。

    精製水・グリセリン・ヒドロキシセルロース・乳酸・クエン酸ナトリウム・パラオキシ安息香酸メチル・エデト酸ニナトリウム・ヒアルロン酸ナトリウム

    これらの成分によって、膣内を酸性に傾け、雑菌の繁殖や侵入を防ぎ、結果としてニオイおりものを軽減します。

    気になるときに1日1本を目安に使います。

    また、ジェルは排出する必要はありません。膣内にとどまる時間が長いほど、効果を発揮します。

    プチシャワー・セペ コットンラボ

    膣内に付着している残血やおりものをすっきりと洗い流します。

    安心な精製水シャワーで、膣内の汚れ、ニオイの元を洗い流し、膣本来の自浄作用の回復を促します。

    純粋な精製水だけを高温過熱処理しています。

    殺菌成分や防腐剤等を含まない安心で純粋な精製水。

    少量の液が残りますが、1回の洗浄には充分な量(120mL)です。

    オリモノが気になるとき、スポーツの後、入浴ができないとき、海やプールの後などに使用してください。

    ケアジェリークリア(Care Jelly Clear) シェリエ(Cherie)

    潤いを与え、気になるニオイ・おりものを自分でケアできるジェルです。

    乳酸配合のジェルを直接注入することで、膣内を洗浄します。

    以下の成分で作られています。

    精製水・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・乳酸・パラオキシ安臭香酸メチル・ヒアルロン酸ナトリウム・クエン酸ナトリウム・エデト酸ニナトリウム

     

    是非、お困りの際には検討してみてください!

     

    デリケートゾーンウェットシート

    DSC_0082

    上記の膣内用洗剤だとちょっと怖い…

    そこまで洗浄しなくてもいいけれど、ニオイが気になることがあるという方には「デリケートゾーンウェットシート」がおすすめです。

    簡単に言えば、赤ちゃんのおしりふきのようなもので、生理中やおりもの期間にデリケートゾーンがムズムズしたり、汚れが気になったらふき取るというものです。

    もちろん、赤ちゃんのおしりふきでも十分代用できます。

    赤ちゃんの肌にも優しいおしりふきは、私たち女性のデリケートゾーンにも優しく、安心して使うことができます。

    そこで、いくつかのデリケートゾーンウェットシートを紹介します。

    メリーズ「トイレに流せるするりんキレイおしりふき」

    これはその名の通り完全におしりふきですが、トイレで気になったときにすぐに拭けて流すことができるので、とてもおすすめです。

    乳幼児用ということもあり、余計なニオイや成分も入っていないものなので、気軽に安心して使うことができます。

    サマーズイブ「フェミニンクレンジングワイプ(ノーマルスキン)」

    個包装の可愛らしいデザインで、香りも付いています。

    デリケートゾーンのニオイが気になるという方にはおすすめです。

    また、持ち運びにも便利なので、お出掛けの際にポーチの中に入れておけば安心ですね。

    レディーウェットティッシュ

    生地が非常に柔らかく、高級感あるデザインが印象的なものです。

    レモングラスの香りも付いていて、こちらもニオイの気になる方におすすめです。

    手で簡単に切れてしまうほどの柔らかい素材なので、お肌への刺激はほとんどありません。

    ソフィ「デリケートウェットシート」

    ユニ・チャームから出ている生理用品のソフィもので、

    生理用ナプキンやタンポンを扱う会社の商品で、無香料のものとフレッシュフローラルの香りフレッシュグリーンの香りのするものがあります。

    個包装ではありませんが、ポーチに入るサイズで、使用後はトイレに流せるので便利です。

    取り出し口に工夫が合って、中のウェットシートが取り出しやすいようになっていました。

    他にもいくつかの商品があるので、調べてみてくださいね。

    デリケートゾーンの拭き方

    デリケートゾーンウェットシートについて紹介したので、そのシートで拭く際や、トイレの際にも使える拭き方について紹介します。

    デリケートゾーンの拭き方くらい知っているよ!と思う方も多いかもしれませんが、この拭き方が間違っていると、菌による感染症や炎症になりかねません。

    これを機に、しっかりと覚えておきましょう。

    トイレの際

    大便の後は、肛門部を前から後ろに向かってふき取るのが鉄則です。

    後ろから前に拭いてはいけません。

    小便の後は、膣の少し前側に位置する尿道口を意識して、トイレットペーパーで押さえるようにふき取ります。

    デリケートゾーンウェットシートの際

    あまり力を入れ過ぎないようにして、経血やおりものが気になる部分をふき取ります。

    シート自体に凹凸が入っているものも多いので、軽い力で簡単に拭き取ることができます。

    シートごしに爪を立てたりすることなく、肛門のあたりにはあまり触れずに後ろから前に向かってシートでふき取ってください。

    生理時の注意点

    生理中も洗っていいのか?

    生理中のデリケートゾーンは汚れが溜まりやすく、蒸れやすいためしっかりと洗ってください。

    しかし、デリケートゾーンは普段よりさらに刺激に弱く敏感な状態になっているので、いつも以上に優しく丁寧に洗うことが大切です。

    また、生理による経血が気になって膣内を洗いたくなるかもしれませんが、洗うのは膣外までにとどめておいて、膣内は軽く洗い流すだけにしておきましょう。

    隅々まで洗おうとすると、デリケートゾーンのダメージになって、逆効果になってしまいます。

    まとめ

    7つの項目に渡って、デリケートゾーンの洗い方に関してみてきましたが、いかがだったでしょうか?

    自分で思っていたよりも、デリケートゾーンって敏感なんだ!?

    デリケートゾーンのケア商品ってこんなにたくさんあるんだ?

    などと少しでも思っていただければ嬉しいです。

    月に一回おとずれる月経や排卵などがニオイや痒みの原因になってしまうこともあります。

    そんな中でも、快適に自分らしくいさせてくれる商品が日々進化を続けています。

    今までだれにも相談できずに悩んでいたという方も、これを機にデリケートゾーンのケア商品を使ってみてはいかがでしょうか?

    その不快感を我慢せずに、一歩前へ踏み出してみてください!

     

    おすすめ記事

    地黒の方必見!とっておきの紫外線対策

    先日、紫外線対策についての記事を書かせていただいたのですが… 【黒ずみの原因】紫外線に要注意! その記事を読んだ友達が 「地黒だとさあ~SPFもPAもMAXじゃないとだめなのよ」 「もう、蛍光灯の光で ...

    アロマで黒ずみ対策

    アラサーにもなると、アロマとかオーガニックとかいう類に目がなくなってきて、何度か購入したことがあったアロマオイル。 そんなアロマオイルが「黒ずみ」にも効く⁉ 久しぶりに再会した友人がアロマに詳しくなっ ...

    《部位別》バストトップの黒ずみ

    女性の身体の中でも、特に悩みが尽きないのが『バスト』ですよね。 その悩みはさまざまで… ✔バストが小さい ✔左右の大きさが違う ✔バストが垂れている ✔バストトップが大きい ✔バストトップが黒い など ...

    ぶっちゃけ海外の人ってどれぐらいVIO脱毛をしてるの?

        よく海外セレブ特集ページなどで聞く「ハイジーナ」や「VIO」という言葉。 日本人の私たちからすると、意味は知っているけれどちょっとやるのには勇気が必要だったりしますよね… ...

    気になる黒ずみアイテム一覧

    今までさまざまな「黒ずみケアアイテム」を紹介してきましたよね。 そこで今回は、今までに紹介した黒ずみケアアイテムを一覧にしてみました! 今までに更新されてきたレビュー記事をもとに特徴などが一目でわかる ...