【黒ずみの原因】乾燥に要注意!

投稿日:

    春が近づき、真冬ほどの「乾燥」はなくなりましたが・・・

    それでも、脱毛後や入浴後には乾燥が気になることが多いですよね。

    また、冬だけでなく春・夏・秋であってもお肌が乾燥するタイミングは多くあり、1年中を通して適当な保湿対策が必要なようです!

     

    季節ごとのお肌の乾燥の特徴

    • 昼間と夜との気温差が激しく、湿度も比較的低いことから乾燥しやすい

    ⇒気温の差によって、お肌の油分と水分のバランスがうまく保たれなくなってしまい、肌トラブルにもつながりやすいです。お風呂上がりの保湿ケアはもちろんのこと、朝の洗顔後のケアなどにも気を付けてみてください!

    • 新生活・引っ越しなど…新たな環境でストレスが溜まり、ホルモンバランスが崩れることにより乾燥も悪化

    ⇒物事の始めは、だれでも緊張や不安が伴うものです。慣れてしまえば楽しいのですが、はじめのころは原因のはっきりしない不安に悩まされる人も多いはず…そんなときは自分の趣味などに没頭してみたり、身体を動かしてみると気分をリフレッシュすることができます。過度なストレスは、お肌にも身体にも良くありません。自分なりのストレス発散方法を見つけてみてください!

    • 日差しが強くなり、紫外線量が増加することで、お肌が乾燥しやすくなり、お顔のくすみが目立つ

    ⇒冬の間はあまり気にしなくてもよかった紫外線ですが…春から夏にかけては紫外線対策が欠かせない季節になります。UVカットの化粧品や日焼け止めの使用以外にも…ちょっと晴れた日のお散歩には日傘を持ち歩いたり、お友達とのお出かけには帽子をかぶったりして、おしゃれに紫外線をカットしていきましょう!

    • 汗で潤っていると思い、保湿を怠って乾燥したお肌になりやすい

    ⇒夏は気温が高いので、ちょっと動いただけでも汗をかいてしまったり、皮脂の分泌量が多くなりがちです。しかし、この皮脂を拭き取り過ぎてしまったりすることも結構あるんです!暑い夏場も、自分のお肌が乾燥していないかどうか適度に確認してみてください!

    • 汗と同時に大量の水分も流れ出てしまっているため、隠れ乾燥肌になってしまう

    ⇒夏場にかいた汗で、お肌の成分や保湿成分が一緒に流れてしまうなんてこともあります。汗をかいたまま放っておくのはNG!制汗シートで適度に拭き取ったりすると、シートに含まれている美容成分などが働いて汗と一緒に流れてしまったお肌の成分を一時的に補うことができます。制汗グッズにも様々な種類があるので、ぜひ調べてみてください!

    • 紫外線を多く浴びることでお肌の細胞が乱れがち

    ⇒外出先で紫外線を浴び、室内でエアコンの風にさらされることでお肌の状態は一気に変化してしまいます。そのままだと、傷ついた細胞にさらなるダメージが与えられてしまうため、より乾燥しやすくなってしまいます。そこでおすすめなのが、さっぱりめの保湿液です!クリームのようにべたつくこともなく、さらりとお肌に馴染むので暑い夏の日でも不快感にはなりません!

    • 暑い夏から気温が下がり涼しい季節になり、季節の変わり目で肌の調子が悪くなりがち

    ⇒季節の変わり目の気温や湿度の変化はお肌にとって大きなダメージです。そのため、このダメージを最小限に抑えるために適度な保湿・美容ケアを心がけましょう。お肌のカサカサは肌トラブルにつながります。悪化する前に、正常な環境に戻しておきましょう!

    • 夏に浴びた紫外線のダメージで肌のバリア機能が低下

    ⇒秋の乾燥の大きな原因は夏場に浴びた紫外線です。紫外線のダメージはかなり大きく、表皮細胞に悪影響を及ぼします。その結果お肌の機能が正常に働かなくなり、バリア機能や保湿機能の低下につながります。秋のお肌のことも考えて、夏場の日焼けは控えたほうがよさそうです。

    • 空気が乾燥しはじめ、お肌の表面の水分が不足

    ⇒冬ほどではないですが、夏よりもはるかに乾燥している季節です。冬のお肌のためにも今からしっかりと保湿ケアをして、お肌のバリア機能が正常に働くようにケアを心がけていきましょう!

    • 気温が下がって、空気中の水分が減少

    ⇒冬は家の外も中も乾燥しやすい環境です。そのため、皮膚の油分と水分のバランスがとりにくくなり、空気中の水分が減少した分だけ、お肌から水分が奪われてしまいます。また、気温も低いため、皮脂の分泌量も減ることで油分も水分も不足したお肌になってしまいます。

    • 汗をかかないため、汗による皮膚の水分補給がされにくい

    ⇒汗によって皮膚の表面上に分泌される水分が減少してしまうため、皮膚に保湿液やクリームを塗ることでうるおいを保つ必要があります。また、同時に皮脂の減少してしまうため、水分も奪われやすくなってしまいます。

    • エアコンの風でお肌が乾燥しやすくなる

    ⇒夏の時にも説明しましたが、基本的にエアコンはお肌にあまりよくありません。そのため、寒いからといってエアコンの真下に至り、風が直に当たるような場所にいるのはあまりおすすめできません。寒さ対策の方法も皮膚の乾燥のことを考えて工夫したほうがよさそうです!

    お肌の乾燥についての意識

    実際に全国で肌についての乾燥を検索した人は多く、それも年々増えているようです。

    (上の図は2004年からの乾燥と肌についての検索件数を表しています。)

    赤:肌/青:乾燥を表しています。

    2004年頃から2011年頃まではあまり変化のなかった検索件数ですが・・・

    2012年頃から2018年にかけては右肩上がりに検索件数が伸びています。

    確かに、昔よりも「乾燥」に関して特集するテレビや雑誌などのメディアが増えたり、化粧品には必ずといっていいほど保湿成分が入っていることからも、人々の「乾燥」に対しての意識の向上がうかがえます。

    今回はそんな「乾燥」が引き起こす肌トラブルとその中の1つである黒ずみについて紹介していきます!

     

    乾燥からくる「肌トラブル」

    乾燥することでお肌に及ぼされる影響として有名なものは、赤切れひび割れなどの肌トラブルかと思います。

    この乾燥による肌トラブルですが、実は乾燥したからすぐに赤切れになるわけではなく、ちゃんと理由があったんです!

    乾燥から肌トラブルまでのメカニズム

    お肌の水分が減少し、お肌が乾燥してしまうと・・・

    お肌のバリア機能が低下し、外界からの刺激に弱くなってしまいます。

    すると、健康なお肌の時には大丈夫だった刺激にも敏感に反応してしまい、痛みや痒み、腫れなどのトラブルを引き起こします。

    ※お肌の刺激の例:気温の変化、寒暖差、乾燥、蒸れ、ダニなどの微生物、ほこり、雑菌、摩擦、紫外線、気圧など。

    以上のような乾燥によってお肌が敏感になってしまった状態のことを「乾燥性敏感肌」と呼びます。

    この乾燥性敏感肌の場合は、服がお肌と擦れるのも痛いほどで、着用する衣服の素材にも気を付ける必要があります。

    また、この痛みは腫れや痒みにも繋がります。

    この「乾燥性敏感肌」を治す方法は、しっかりと保湿することです。

    さらに、乾燥性敏感肌によって起きる肌トラブルに「ニキビ」があります。

    乾燥によってお肌のバリア機能や回復機能が弱まっているため、一度できてしまったニキビや炎症も治りにくくなってしまいます。

    いつまでもニキビが治らないため、ニキビ跡になってしまうこともあります。

    また、乾燥は「深いシワ」も引き起こします。

    乾燥によってお肌の弾力が失われたお肌は、シワができやすい状態になっており、水分をため込むヒアルロン酸やコラーゲンも減少しています。

    そのため、ハリもツヤもなくなった状態です。

    そして、忘れてはいけないのが・・・黒ずみ」です。

    メラニン色素はお肌をダメージから守るために分泌されますが、お肌が乾燥していると分泌されたラニン色素が排出されずに、ターンオーバーの周期の崩れたお肌の中に閉じ込められてしまい、黒ずみが生じます。

    分泌されてしまったメラニン色素をスムーズに排出し、新たなメラニン色素の過度な生成・分泌を防ぐためにも乾燥を防ぐことが必要です。

    黒ずみは摩擦や紫外線以外にも乾燥で引きおこされる可能性があります。

    それでは、今回は乾燥による黒ずみについて見ていきましょう!

     

    黒ずみの原因の乾燥について

    黒ずみの外側からの刺激である「乾燥」ですが・・・

    自分では全く気が付かないようなところで起こっていることが非常に多いんです!

    それでは、黒ずみが起きやすいと言われている4つの部位に分けて乾燥が生じてしまうパターンについて説明していきます。

    バストトップ

    摩擦でもご紹介した「バストトップ」ですが・・・実は乾燥しやすい場所でもあります。

    バストトップはバストの中でも一番高い位置にあり、刺激を受けやすく乾燥しやすい場所だと言われています。

    乾燥が悪化すると、バストトップが粉を吹いてしまったり、乾燥によるかゆみを引き起こしてしまったりします。

    バストの谷間は皮脂が分泌されやすく、ニキビもできやすいと言われていますが、バストトップはその逆で皮脂が分泌されにくく乾燥しやすい場所です。

    そのため、バストトップの乾燥によってお肌のバリア機能が低下し、思わぬトラブルや黒ずみに発展してしまう前に保湿をする必要があります。

    特におすすめなのは、朝起きた時と夜のお風呂上りに保湿クリームや黒ずみケアクリームを塗るという方法です。

    たったこれだけで、実はバストトップの乾燥を防ぐことができ、あとは皮膚の再生能力で少し皮膚がはがれてしまったところも改善していきます。

    実は、こうしたバストトップの乾燥の悩みを抱えている女性は意外と多くバストトップの乾燥を防ぐクリームなども販売されてます。

    バストトップは、皮膚が薄く敏感な場所なので、あまり刺激の強いようなクリームやスース―するようなものはおすすめできません。

    また、あまりにも乾燥がひどい場合は皮膚科や産婦人科にて診察を受けてみてください。

    ヒジ・ヒザ

    ヒジやヒザなどの「関節」は、曲げたり伸ばしたりすることも多く、ヒジやヒザをつくタイミングは日常の中でもかなり多いので、比較的乾燥しやすい場所だと言われています。

    日々の刺激によって、皮膚はそれらの刺激から身体を守ろうとするため、分厚くなってしまい、角質のゴワゴワとした皮膚になってしまいます。

    また、ヒジやヒザなどは皮脂の出る皮脂腺が他の箇所に比べると非常に少ない部分のため、うるおいを保ちにくいともいわれています。

    一番良い乾燥を防ぐ方法としては、顔に化粧水や乳液、美容液等を塗った手で残りの液をそのままヒジにつけてしまうという方法です。

    バストトップ程敏感な部分ではないので、基本的にはお肌につけて良いものはヒジやヒザに塗っても何ら支障はありません。

    ついつい、忘れてしまいがちな場所だと思うので、ぜひお顔のスキンケアと同時に行ってみてはいかがでしょうか。

    「唇」の乾燥はわかるけど・・・唇が乾燥して黒ずみになったなんて聞いたことないよ!という方も多いかもしれません。

    でも、実は唇も黒ずみができやすい場所の一つです。

    唇のターンオーバーは身体の他の箇所と比べると、比較的早いので、あまり唇の黒ずみを強く感じることはないかもしれませんが・・・口元の黒ずみはあるのではないでしょうか?

    口角のあたりが周りの皮膚よりも少し茶色っぽい。

    口周りの輪郭がぼやけて色がくすんでいる。

    以上のような状態に心あたりがある場合は、口元の黒ずみの可能性があります。

    口は話すときにも食べるときにも使われ、動くことの多い部位です。

    そのため水分も奪われやすく、口元をぬぐったり、マスクで擦れたりすることで刺激を受けてしまうことがあります。

    さらに、身体の皮膚というよりかは口の中の粘膜に近い構造をしている唇は、皮脂腺がなく、皮脂を分泌することができません。

    そのため、余計に乾燥しやすくなってしまっています。

    また、乾燥を防ぐパックなども口元が開いているものが多く、保湿ケアの中でも忘れられがちな部分だと言えます。

    リップクリームでも十分ですし、お顔のスキンケアをする際にも少し気に留めてみてください。

    ちょっとした意識で、新陳代謝の活発な口元の黒ずみは改善していきます。

    くるぶし

    「くるぶし」というと、ヒジやヒザに次ぐ重要な関節で日常的にも多く使う部分です。

    しかし、意外とケアをしている人は少なく、多くの人が保湿などのケアをすることなくそのまま・・・といった状態なんです。

    近年、流行っているくるぶしソックスやスニーカーではくるぶしが見えるものが多く、足首やくるぶしを出すことで華奢な女性らしさをアピールすることができると話題になっています。

    そのため、多くの女性がサンダルやヒールを履いた時だけでなく、スニーカーの場合でもくるぶしを出していますが、そのくるぶしが黒ずんでいたら・・・

    華奢な女性らしさとかトレンドとか・・・それ以前の問題です!

    これを機に今までくるぶしなんて出したこともなかったけれど、よくよく見て初めて黒ずみに気が付いた!という方も多いのではないでしょうか?

    黒ずみは気が付いた時に始めるのが一番です!

    黒ずみクリーム等はすぐに購入するのは難しいかもしれませんが、最低限の保湿と刺激を避けることは誰でもすることができます。

    まずはボディケアクリームで保湿から始めてみてください!

    もしかしてコレ・・・黒ずみ!?と思ったその時に、誰かに気付かれるその前に黒ずみケアを一足早く行うことをおすすめします!

     

    乾燥からお肌を守るために

    これまで、乾燥の引き起こす肌トラブルやそのうちの1つである「黒ずみ」について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

    乾燥は私たちの身近に潜んでいるお肌のダメージですが、それらからお肌を守るためには保湿を行うことだとわかりました。

    保湿と一言で言っても、さまざまな方法やさまざまな商品があります。

    一般的な保湿の方法としては、患部に直接、保湿クリーム等を塗り込む方法だと思われます。

    保湿クリームの有効な活用方法

    今回はそんな保湿クリームの有効な活用方法について見ていきたいと思います。

    保湿クリームの重要な成分

    保湿クリームの中で欠かせないのは保湿成分です!

    保湿成分とはその名の通り保湿力の長けている成分のことです。

    主に以下のような成分があります。

    • セラミド
    • レシチン
    • スフィンゴリピッド
    • ヒアルロン酸
    • コラーゲン
    • エラスチン
    • 植物油
    • 動物油
    • 鉱物油

    そしてこれはその役割ごとに3つに分けることができます!

    ラメラ構造をつくる保湿成分

    上記はラメラ構造をつくる保湿成分です。ラメラ構造とは皮膚が持つ保湿機能の本体です。

    ラメラ構造をつくることで、水分を構造内で挟み込み、お肌の潤いを保つことができます。この保湿成分は、現存する保湿成分の中では最も保湿力が高いものです。

     

    中に水分を取り込む保湿成分

    ラメラ構造の次に効果的な保湿成分で、安価に購入することができるため、広く知られています。

    水となじみやすいため、水分とともにハリやツヤなどを保ちます。

    保湿できる油分

    水分の上から油分で蓋をするという非常に原始的な方法であるため、使い方やケアを間違えるとお肌の酸化につながってしまいます。

    また、鉱物油はお肌にあまり優しくないため、植物油などの自然由来のものを使用することをおすすめします。

    保湿クリームを塗るタイミング

    基本的には、朝の洗顔後と夜のお風呂上りに塗ることがおすすめです!

    お顔だけでなく、身体もこのタイミングで一日二回ほど塗布すると効果を実感できると思います。

    保湿クリームを塗る量

    保湿クリームの塗り過ぎは『蒸れ』にもつながります。

    蒸れは、お肌にはダメージになってしまうので、せっかく乾燥からお肌を守っても蒸れてしまえば意味がありません。

    そのため、一般的には少しずつ出していき、足りなかったら付け足すぐらいの感覚が理想です。

    ベタ付かず、白くならない程度にお肌全体を適度に包み込むような感じで保湿クリームが行き渡るほどで十分です。

     

    知っておきたい保湿クリーム

    保湿クリームについていろいろ見てきましたが・・・気になるのはどんな保湿クリームを塗るのがいいのか?ですよね!

    そこで今回は、このサイト上で紹介をしたレビュー記事もかねて紹介をせていただきます!


    まずは、「馬油」です!

    これは先ほど紹介した動物油の一種で馬の油をクリームにしたものです。

    ドラックストアなどをはじめとする様々な店舗で気軽に購入することでき、ハンドクリームとしてもボディケアクリームとしても使用できる優れものです!


    次は「ニベアクリーム」

    昔から根強い人気を持ち、今をなお愛されているニベアクリームはその保湿力だけでなく、使い終わった後の活用方法まで注目を集まています!


    次に紹介するのは「ハトムギ化粧品」です。

    何かと耳にする機会も多い「ハトムギ」皆さんはどんなものだかご存知ですか?ハトムギの知られざるパワーとその保湿力に迫ります!


    最後に紹介するのは「マダムジュジュ」です。

    あっ!聞いたことある!とピンときた方も多いかもしれません。

    今回はマダムジュジュのこれだけ塗りやその成分や長年にわたって日本人の愛され続ける理由や率直なレビューまで全部丸ごと紹介していきます!

     

    以上が、手軽に購入できる保湿クリームの紹介になります。

    どれも優秀な保湿力を持っていますので、ぜひ試してみてくださいね!

    さらに、今回特別に紹介したいと思うのが、黒ずみに特化したクリームです!

    乾燥によって引き起こされた「黒ずみ」は保湿力と回復力、美白成分がないとすばやく健康な肌に導くことはできません。

    そこで、この3つの力と成分に注目し、黒ずみの原因であるメラニンに直接アプローチしていくために生まれたのが「黒ずみケアクリーム」です。

    以下の記事にその特徴や具体的な商品について記載してありますので、ぜひご覧ください!

    これからの季節もお肌の乾燥に気を付けて健やかなお肌を保っていきましょう!

    おすすめ記事

    【黒ずみの原因】乾燥に要注意!

    春が近づき、真冬ほどの「乾燥」はなくなりましたが・・・それでも、脱毛後や入浴後には乾燥が気になることが多いですよね。また、冬だけでなく春・夏・秋であってもお肌が乾燥するタイミングは多くあり、1年中…

    【黒ずみの原因】摩擦に要注意!

    実は今、「デリケートゾーンの黒ずみ」を気にする女性がすごく増えているんです!下記のグラフは、「黒ずみ」+「デリケートゾーン」についてGoogleで検索した回数を折れ線グラフで表したものです。今から…

    アンダーヘアの処理と黒ずみの関係

    最近、気にする女性たちが増えたアンダーヘア。 あなたは何かアンダーヘアのお手入れをしていますか? アンダーヘアのお手入れ アンダーヘアの脱毛が一般的になり、注目され始めたアンダーヘアのお手入れですが、 ...

    なりたい女子急増中!マシュマロ肌って何?

    最近よく聞く「マシュマロ肌」 マシュマロ肌って名前のイメージからすると・・・白くて柔らかい感じ!? インターネットで検索してみると・・・ なんと2,960,000件⁉ SNSなどで検索してみても、「# ...

    【黒ずみクリームレビュー第1弾】ハーバルラビットを使ってみた!

    皆さんは、「黒ずみケアクリーム」を知っていますか? その名の通り、黒ずみをケアするための美容クリームです。 「黒ずみ」というと、お風呂場や銀製品の黒ずみ、Yシャツの黒ずみ、毛穴の黒ずみなどもありますが ...