《部位別》ヒジの黒ずみ

投稿日:

    普段はほとんど気にしたことなんてなかったけど…

    何気なく腕を組んでヒジに触ったときにガサつきを感じて、見てみると「黒ずみ」が!!

    普段、人目につく機会が多いだけにびっくり!

    デリケートゾーンとか脚の付け根だったら、黒ずみやすいけどほとんど人目にはつかないし…なんて油断してたら、まさかのヒジでした。

    ヒジの黒ずみって意外とみんな気が付いていないのでは?と思い、いろいろと調べてみると…

    ✔友達のヒジを見て気が付いた
    ✔ヒザの黒ずみが気になったので、調べたらヒジも…
    ✔身体を洗っていて…
    ✔半袖の服をきて鏡を見た時なんとなく色が変わったような気がして…
    ✔腕の脱毛を行っていた時…などなど。

    意外と普段の何気ないシチュエーションで気が付いてドキッとした!

    という方が多かったです。

    また、腕を出すような服を着ることが多かったり、肌の色が白い女性の方が黒ずみが気になるのかな?と思っていたのですが…

    知恵袋などを見てみると男性でヒジの黒ずみに悩んでいるという方も非常に多くいらっしゃいました。

    そんな男女関係なくできるヒジの黒ずみとは一体どのようなものなのでしょうか?

    ヒジの黒ずみ

    デリケートゾーンには黒ずみができやすいと言われていますが、黒ずみとは一体どのようなものなのでしょうか?

    『黒ずみ』とは、皮膚の表面への刺激によってお肌が防衛反応を起こし、メラニン色素が大量に分泌され、肌が黒っぽくなることを言います。

     

    実際の黒ずみ(ヒジ)

      

    上記の写真のようにヒジの一部の色が黒っぽくなっているのが『黒ずみ』です。

    特に、ヒジの中央の出っ張っている部分に多く見られます。

    また、ヒジをのばしたときにシワが多くなる部分にもできやすいようです。

    もともとの肌の色にもよりますが、基本的には上の写真のように黒っぽくなります。人によっては黄色みが強く茶色っぽくなる人もいます。

    これらの黒ずみですが、場所がヒジという部分であってもメカニズムはほとんど変わらず、メラニン色素の影響といえます。

    それではこのヒジの黒ずみのできる原因について見ていきましょう!

    ヒジに黒ずみができる理由

    唇に黒ずみができる理由としては「乾燥」「紫外線」によるダメージが考えられます。

    また、頬杖などの習慣よる「日常的な摩擦や圧迫」が考えられます。

    乾燥

    ヒジは、関節で曲げたり伸ばしたりする機会が多いことに加え、皮脂腺も少ないので、非常に乾燥しやすい場所になっています。

    お肌の乾燥は、肌のバリア機能の低下や刺激への免疫の低下にもつながります。

    そのため、季節を問わず乾燥には気を付ける必要があります。

    また、ヒジが乾燥することでひび割れや痛みなどの症状が生じる場合があります。

    私がヒジの黒ずみに気が付いたきっかけであるヒジのザラつきは、洋服の袖に腕を通す際や布団の中で寝返りを打った時などに皮膚が繊維に引っかかて痛みが生じる原因にもなります。

    なかなか目では見えにくい部分ではありますが…定期的にケアをしていくことで黒ずみ以外の肌トラブルも防ぐことができます。

    紫外線

    半袖を着て出かけることの多い夏場などは、非常に紫外線を受けやすくなっています。

    腕に日焼け止めはしっかりと塗って、紫外線対策をしておかないと、夏場の紫外線のダメージが涼しくなってきた秋ごろに身体に表れ始めます。

    紫外線はお肌にダメージを与えるだけでなく、肌の老化も早めてしまうので、年齢が出やすい!と言われているヒジは特に注意したいところです。

    また、紫外線によるダメージを強く受けてしまったことによって、前述した「乾燥」を引き起こしやすくなってしまったり…

    ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう可能性が高いです。

    よく使うヒジだからこそ、刺激を受けてもダメージを最小限に抑えられるように日々のケアを欠かさずに行っていきたいですね。

    日常的な摩擦や圧迫

    「日常的な圧迫・摩擦」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

    ヒジにそんなに大きな刺激を感じたことなんてない!と思っている方も多いかもしれませんが…

    実は、身近なついついやってしまう習慣の中にヒジに与えるダメージが潜んでいるんです。

    例えば頬杖です。

    なんとなく机に肘をついてしまうことってありませんか?こうした瞬間にも、ヒジは頭の重みと腕の重みをたった一点で支えていることになります。

    また、テレビを寝っ転がってみるときなどについついやってしまう、腕を直角に立てて頭を支えるあのポーズも、頬杖と同じようにヒジに大きな圧力がかかっています。

    ついついやってしまうこれらのポーズですが…ヒジにかかる圧力や摩擦は意外と大きいです!

    ヒジの黒ずみが気になるときには、できるだけこうしたポーズを行わないように普段の生活の中で少し意識してみてください。

    ヒジの黒ずみ解消法

    れでは、『乾燥』と『紫外線』、『日常的な圧迫や摩擦』によってできたヒジの黒ずみはどのように治すことができるのでしょうか?

    ここでは解消方法について詳しく見ていきます!

    解消方法

    ・保湿ケア

    ・紫外線ケア

    ・生活習慣の見直し

    ・マッサージ

    解消方法①保湿ケア

    まず、今日からでも始めたいのが『保湿ケア』です!

    ヒジの黒ずみの原因の一つに挙げられる「乾燥」保湿ケアによって防ぐことができます。

    保湿の方法としては一番肌の乾燥しやすい時といわれているお風呂上りなどに、ヒジにクリームや乳液等を塗るという方法です。

    お風呂に入ったことでお肌も柔らかくなっているので、保湿成分も浸透しやすくなっています。

    お顔のケアと同じように、化粧水を塗ってから乳液⇒クリームで保湿を行うのも良いでしょう。

    黒ずみに悩む方の中には、顔に化粧水を付けた後の手でそのままヒジのケアを行うようにして、習慣にしているという方もいらっしゃいました。

    また、ヒジの角質が硬いという方にはピーリングもおすすめします。

    ヒジの古い角質が皮膚上に残って硬くなってしまっているという場合が多いので、ピーリングを通して余分な角質は取り除いてしまいましょう!

    ただし、ピーリングのやりすぎは非常に危険ですので、注意が必要です。

    黒ずみのケアは毎日のケアの積み重ねが大切です。

    一日の習慣の中にヒジのケアを行う時間もぜひ作ってみてください!

    解消方法②紫外線ケア

    ついつい忘れがちなのが、この『紫外線ケア』です。

    ヒジを出す服は意外と多く、普段から紫外線のダメージにさらされています。

    そのため、日焼け止めを腕や首、脚などに塗る際には、ヒジにも塗っておきましょう。

    このケアを行うことで、日中の保湿ケアにもなりますし、紫外線によるダメージを防ぐことにもつながります。

    夏場の厚い時期だけでなく、少し肌寒くなってきた秋の時期にも紫外線は存在します。

    夏場のダメージが表れやすい時期でもあるので、秋のケアもしっかりと行っていきましょう!

    解消方法③生活習慣の見直し

    ヒジの黒ずみの原因の一つにあった「頬杖」などの日常的についついやってしまうポーズを意識的に減らしていく必要があります。

    そのために行いたいのが…『生活習慣の見直し』です。

    ヒジは曲げたり伸ばしたり、動きが活発なところでもあるのでよりダメージを受けやすくなっている箇所でもあります。

    二の腕などの皮膚と比べると多少分厚くなっていますが、それでもダメージに耐えられなかった場合に黒ずみができ、皮膚が分厚くなります。

    これは、必要以上にヒジに負担がかかっている証拠です。

    ヒジの負担を和らげ、ターンオーバーを正常に保つために癖になりつつあるポーズを控え、ビタミンCなどを積極的に摂取するように心がけてお肌のターンオーバーを促しましょう。

    解消方法④マッサージ

    黒ずみは血行が悪くなることでもできやすくなると言われています。

    血行が滞ってしまうと、ターンオーバーに必要な栄養まで届きづらくなってしまうので、皮膚の入れ替わりのサイクルにも支障をきたしてしまいます。

    そのため、オイルやクリームなどを使って適度に『マッサージ』を行う必要があります。

    お風呂上りなどに軽くマッサージを行えば、血行が良くなるだけでなく、乾燥等も防ぐことができます。

    手首からヒジ、二の腕、脇にかけてマッサージを行うことでワキの下にあるリンパまで老廃物を流すことにもつながります。

    毎日マッサージを行うのは少し、大変ですが…週に1回行うだけでも一週間のつまりが取れるため非常におすすめです。

    おすすめアイテム

    解消方法の1つとして①で保湿ケアを紹介しました。

    実はこの黒ずみのための保湿ケアを行うことができるアイテムがあるんです!

    それが、『黒ずみケアクリーム』です。

    その名の通り、黒ずみをケアするためにつくられたクリームで主な効果として保湿効果美白効果が挙げられます。

    また、敏感肌の方にも優しい成分を使っているので安心してご利用いただけます。

    黒ずみケアクリームレビュー

     

    商品ごとのレビューも掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

    ヒジの黒ずみの予防方法

    ヒジの黒ずみはまだないけれど…ちょっと心配!

    という方はこちらの予防方法をおすすめします。

    予防方法

    保湿ケア

    ヒジを酷使しない

    紫外線ケア

    予防方法①保湿ケア

    黒ずみになっていないという方にも、ぜひやっていただきたいのが『保湿ケア』です。

    お肌の乾燥から、さまざまな肌トラブルにつながってしまうことが多く、普段からヒジの乾燥に気を付けている人は少ないと思います。

    黒ずみだけでなく、ヒジのひび割れガサつきも保湿ケアを行うことで防ぐことができます。

    これからの乾燥が気になる季節には、特に入念に保湿ケアを行う必要がありそうです。

    また、長袖などの服を着用することでせっかく塗ったクリームが服に付着してしまうことが気になる場合は、サランラップをヒジよりも少し大きめにカットして、クリームを塗ったヒジの上から軽く被せるパックのような形になり、クリームが衣服等につくこともありません。

    是非、試してみてください!

    予防方法②紫外線ケア

    紫外線ケアは黒ずみの予防だけでなく、日焼け防止にもつながります。

    ヒジだけ少し色が濃いな?と感じて黒ずみを疑ったけれど、実は日焼けだった!なんてこともあります。

    腕の日焼けは気にするけれど、腕の外側からヒジにかけてはあまり気にしていないという方も多く忘れてしまいがちな箇所でもあるので、普段からしっかりとケアを行いましょう。

    また、黒ずみや日焼け以外にも…紫外線のダメージから他の肌トラブルに発展する場合も多く見られます。

    普段から、ヒジにも日焼け止めうを塗ることで、手のひらでヒジを触ることによってざらつきなどのトラブルにも気が付きやすくなります

    まとめ

    ヒジの黒ずみについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    意外と見落としがちのヒジですが…周りの人にとっては結構目につきやすい場所です。

    黒ずみは気が付いたもん勝ち!

    早めに気が付いて、みんなよりも一足早くケアをはじめてきれいなヒジになりましょう!

     

     

    おすすめ記事

    《部位別》ヒジの黒ずみ

    自分ではなかなか気が付かないヒジの黒ずみですが、意外と人からは見られてます!逆に友達のヒジを見て自分のヒジを気にするようになったという方も… ここではヒジの黒ずみの原因と対策をまとめました!1日…

    【黒ずみの原因】乾燥に要注意!

    春が近づき、真冬ほどの「乾燥」はなくなりましたが・・・それでも、脱毛後や入浴後には乾燥が気になることが多いですよね。また、冬だけでなく春・夏・秋であってもお肌が乾燥するタイミングは多くあり、1年中…

    ライフサイクルとデリケートゾーンのトラブルってイコール?

    女性の身体は歳とともに、さまざまな変化が生じます。 若いころには気にならなかったデリケートゾーン乾燥が気になり始めたり… 更年期障害かも?と思える火照りやイライラが続いたり… 今まではなかった女性なら ...

    これは使える!ナプキン・タンポンの可愛い収納方法

    いつ生理になってもいいように、普段からナプキンやタンポンを持ち歩いている人も多いのではないでしょうか? でも…明らかに生理用品が入ってます!みたいなポーチを持参している人や、意外と場所を取るから収納場 ...

    【黒ずみクリームレビュー第1弾】ハーバルラビットを使ってみた!

    皆さんは、「黒ずみケアクリーム」を知っていますか? その名の通り、黒ずみをケアするための美容クリームです。 「黒ずみ」というと、お風呂場や銀製品の黒ずみ、Yシャツの黒ずみ、毛穴の黒ずみなどもありますが ...