《保存版》部位別 黒ずみの対策法

投稿日:

    これまで「《部位別》○○の黒ずみ」として、部位ごとの黒ずみの原因やその解消方法について見てきました。

    黒ずみになりやすいと言われている「デリケートゾーン」から黒ずみに気が付きにくい「くるぶし」まで、身体のどこにでも黒ずみができる可能性があります。

    色が黒っぽく見えてしまうことから、不健康で不潔なイメージを持ちやすくなってしまうため、日々のケアで改善を呼びかけてきました。

    今回は、その特別編!ということで…

    今まで紹介した部位別の記事をこの記事に簡単にまとめて紹介していきます!

    もっと詳しく知りたい!という方は、もとの記事も読んでみてくださいね。

    身体の黒ずみ

    黒ずみとは一体どのようなものなのでしょうか?

    『黒ずみ』とは、皮膚の表面への刺激によってお肌が防衛反応を起こし、メラニン色素が大量に分泌され、肌が黒っぽくなることを言います。

    この黒ずみですが、できやすい場所とできにくい場所の違いはあるものの…

    基本的には身体のどこにでもできてしまう、非常に厄介なものなんです。

    それでは、身体全体のイラストをもとに特に黒ずみのできやすい場所について見ていきましょう!

    上の図のように主に8つの場所が黒ずみができやすいと言われています。

    この8つについてはより詳しく紹介していますので、そちらもご覧ください!

    部位別一覧

    ・唇の黒ずみ

    ・首の黒ずみ

    ・バストトップの黒ずみ

    ・ヒジの黒ずみ

    ・デリケートゾーンの黒ずみ

    ・おしりの黒ずみ

    ・ヒザの黒ずみ

    ・かかと・くるぶしの黒ずみ

     

    黒ずみの原因

    黒ずみの原因は基本的に以下の4つになります。

    摩擦・乾燥・紫外線・蒸れ

     

    原因一覧

     

    これが、黒ずみのできた場所によって少しずつ違ってきます。

    例えば、デリケートゾーンであれば先ほど紹介した4つの中でも特に「蒸れ」「摩擦」が原因であることが多いです。

    デリケートゾーンは普段、紫外線にさらされることはありません。

    しかし、他の3つ「摩擦」「乾燥」「蒸れ」には日々さらされています。

    その中でも「蒸れ」「摩擦」は要注意です!

    デリケートゾーンの生理期間中の蒸れは非常に多いトラブルで、蒸れによって皮膚がダメージを受けやすくなってしまっています。

    さらに、ショーツやガードル、ストッキング、タイツなどなど、さまざまな衣服を重ねて履くことも多いため、非常に通気性が悪い状態になっています。

    そのため、気が付いたら黒ずみにつながっていた!なんてこともよくあります。

    続いて「蒸れ」と同じくらい注意しておきたいのが「摩擦」です。

    この摩擦には圧迫も含まれていて、座った際にストッキングやタイツにシワが寄って、Vラインのあたりに過度な圧力がかかってしまったりします。

    他にも、ガードルやタイト矯正パンツなどを履くことでその圧力が負担となり黒ずみにつながってしまう可能性もあります。

    特に、蒸れが気になる生理の時期はお肌も敏感になっているので、締め付け感の強いショーツやボトムスは避けた方がよさそうです。

    このように、部位によって多少黒ずみの原因が異なっています。

    そのため、黒ずみができた場合は、その原因は何なのか?部位ごとに考えてみる必要があります。

    原因が分かれば、あとはその原因を解消するだけ!

    解消方法も導き出すことができます。

    黒ずみの解消方法

    黒ずみの原因が分かったところでその解消方法についても見ていきましょう!

    解消方法は、原因ごとに変わっていきます。

    4つの原因の中でも、乾燥が主な原因だった場合は、蒸れにつながらない程度に保湿ケアをすることが大切です。

    乾燥して、バリア機能が弱まってしまったお肌の機能を取り戻す必要があります。

    そのため、朝着替える際やお風呂上りなど、1日2回にわたって保湿ケアをすると良いでしょう。

    しかし、ひとことに保湿ケアといっても、たくさんあって何を使ってやればいいのかわかりませんよね。

    そこで、おすすめしているのが「黒ずみケアクリーム」です!

    その名の通り、黒ずみをケアするためにつくられたクリームで主な効果として保湿効果美白効果が挙げられます。

    また、敏感肌の方にも優しい成分を使っているので安心してご利用いただけます。

    黒ずみケアクリームレビュー

     

    商品ごとのレビューも掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

    このように、黒ずみケアを行う専用商品は現在、多数販売されています。

    そのため、自分にあった商品を見つけて是非試してみてください!

    まとめ

    黒ずみに原因や解消方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    黒ずみのできやすい部位を一覧にしてみると意外と多くてびっくりした!という方も多かったのではないでしょうか?

    黒ずみは皮膚からの大切なサインです。

    本来は、皮膚へのダメージ空身体を守るために作られているものですから、

    その原因や負担に気が付いて取り除いてあげましょう!

    いつまでもきれいなお肌であるためにも、はやめはやめに黒ずみケアを始めていきましょう!

    おすすめ記事

    《保存版》部位別 黒ずみの対策法

    黒ずみになりやすいと言われている「デリケートゾーン」から黒ずみに気が付きにくい「くるぶし」まで、黒ずみは身体のどこにでもできる可能性があります。今まで部位別に黒ずみの原因や解消方法を紹介してきまし…

    《部位別》デリケートゾーンの黒ずみ

    最近、デリケートゾーンに特化したケアが注目を集めており、VIO脱毛やデリケートゾーン専用商品の使用などを実際に行っている人もいると思います。 そんなケアブームの中、多くの女性を悩ませているのが、…

    【口コミ多数掲載!】デリケートゾーン専用パックがある?

    皆さん、『デリケートゾーン専用パック』ってご存知ですか? 先日、デリケートゾーンケア商品について紹介しましたが、そこで紹介したホワイトクリームやフェミニンウォッシュ以外にも「デリケートゾーン専用パック ...

    デリケートゾーンの悩みは皮膚科?産婦人科?

    人に見せるのには抵抗がある「デリケートゾーン」ですが… そんなデリケートゾーンにできものができてしまったり、赤く腫れてしまったりして原因がわからない時は医療機関で診察を受けたいですよね。 場所が場所な ...

    海外では当たり前?月経カップの魅力

    生理の日でも、自分らしくいたい! 生理の不快感に邪魔されたくない! 女性なら一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか? 月に一度やってくる生理は、場所や予定を選びませんから… 楽しみにしていた旅 ...