なりたい女子急増中!マシュマロ肌って何?

投稿日:

    最近よく聞く「マシュマロ肌」

    マシュマロ肌って名前のイメージからすると・・・白くて柔らかい感じ!?

    インターネットで検索してみると・・・

    なんと2,960,000件

    SNSなどで検索してみても、「#マシュマロ肌」がたくさん!

    一体・・・マシュマロ肌って何?

    ということで、今回は今流行りのマシュマロ肌とその秘密について迫っていきたいと思います。

     

    そもそも、マシュマロ肌とは?

    マシュマロ肌とは・・・マシュマロのようなふんわり柔らかそうな肌のことです。

    「思わず触りたくなるような肌」は女性のあこがれですよね。

    マシュマロ肌の条件としては主に3つの条件があります。

    まず、1つ目!

    弾力があり、ハリの感じられる肌であること

    指で押せば、ふわりと押し返してくるような弾力が必要です!

    次に、2つ目!

    きめ細やかな柔らかい肌であること

    マシュマロのような柔らかさは欠かせません!

    最後に、3つ目!

    白く明るい肌色であること

    日焼けを知らないような白い肌であることで柔らかさと儚さが感じられます!

     

    マシュマロ肌になるためには?

    ・バランスの良い食事でお肌にアプローチ

    ・睡眠の質をよくする

    ・1年中日焼け対策をする

    ・ニキビなどの赤みを極力抑える

    ・黒ずみをつくらない

    この5つが欠かせないようです!

    中でも、1年中日焼け対策をする」は大切で、多くの女性に定着しつつあります。

    少し前までは、紫外線を気にするのは夏場の晴れた日ぐらいでしたが・・・

    紫外線は天気に関係なく存在していることが認識され始め、季節や天気に関係なく日焼け対策をする人が増えています!

    この肌が焼ける状態を指す「日焼け」ですが、実はこのメカニズムと5つの条件の中にも加えた「黒ずみ」のメカニズムはあまり変わらないんです!

    日焼けは、お肌に紫外線が刺激を与え、メラノサイトがお肌を紫外線から守るために活発にメラニン色素を生成することで肌の表面が小麦色に変わるというものです。

    それに対して黒ずみは、お肌に乾燥や摩擦といった刺激が加わることで、メラノサイトが刺激され、お肌を守るためにメラニン色素を生成し、それが蓄積することでその箇所の肌の色が黒っぽくなってしまうというものです。

    どちらも、メラノサイトが生成するメラニン色素によるものです!

    これらは、マシュマロ肌を妨げてしまう可能性があるのです。

    黒ずみや日焼けについては以下の記事を参考にしてみてください!

    そこで、今回は日焼けと黒ずみの対策方法を見ていきたいと思います。

     

    マシュマロ肌になりたい!日焼けの対策方法

    日焼けの対策方法として、皆さんが一番に思いつくのは日焼け止めだと思います。

    しかし、それ以外にも・・・

    化粧品や化粧下地にUVカット成分の入っているものを選ぶ

    UVカット効果のあるものを使用することで、最も焼けたくない顔をしっかりとカバーすることができます。

    また、日焼け止め⇒化粧下地⇒ファンデーションの順番で塗るとよいでしょう。

    濃い色の服を着る

    濃い色よりも薄い色の方が紫外線を通しやすいという性質があります。

    そのため、日差しの強い日には日傘などのアイテムと合わせて比較的色の濃い服を着用するといいです。

    日傘を使う

    特にUVカット加工されるものを持っていると安心です。

    日傘以外にも、サングラスや日よけの手袋や日帽子のようなものもあるので、お出掛けの際には用途に合わせたアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?

    ビタミンA・C・Eを積極的に摂取する

    また、外側からの予防以外にも、内側からの予防があります。

    紫外線からのダメージを回復させる効果を持つ栄養素にビタミンA・ビタミンC・ビタミンEがあります。

    これらの栄養素は以下のような食材に多く含まれています。

    ビタミンA:レバー・ウナギ・緑黄色野菜・卵黄・チーズ

    ビタミンC:イチゴ・みかん・レモン・芋・野菜

    ビタミンE:アーモンド・玄米・ウナギ・たらこ・サンマ

    以上の食べ物を意識して食べてみてもいいかもしれません。

    他にも食事でお肌の調子を整える方法を紹介しています!

     

    マシュマロ肌になりたい!黒ずみの対策方法

    黒ずみ対策としてやっておきたいことがいくつかあります。

    保湿を心がける

    乾燥している肌は刺激を受けやすく、非常に弱った状態です。

    そのままだと黒ずみを起こしやすくなってしまうので、なるべく保湿を心がけておくことが必要です。

    お肌が潤った状態であると、お肌のバリア機能もしっかりと働くことができるので、黒ずみを未然に防ぐことができます。

    摩擦を与えない

    摩擦による刺激はメラニン色素を刺激するだけでなく、皮膚を硬くしてしまったり、肌の防御反応を高めてしまいます。

    無意識で行っている癖や習慣などが黒ずみにつながってしまっている可能性もあるので、日頃の行動を見直してみて下さい。

    蒸れを起こさない

    乾燥だけでなく、蒸れも黒ずみの敵になります。

    乾燥するからといって、必要以上に保湿を行うと蒸れにつながってしまう可能性があるので適度な保湿を心がけましょう!

     

    まとめ

    女性のあこがれる「マシュマロ肌」ですが、毎日のケアによって手に入れることができるものなのですね。

    お化粧でマシュマロ肌をつくるというテクニックもありますが、内側から綺麗な肌でいたいものです。

    上記のマシュマロ肌になるための法則は、お肌にとっても良いものなのでお肌の環境を整えるためにも、ぜひ試してみてください!

    おすすめ記事

    《部位別》ヒジの黒ずみ

    普段はほとんど気にしたことなんてなかったけど… 何気なく腕を組んでヒジに触ったときにガサつきを感じて、見てみると「黒ずみ」が!! 普段、人目につく機会が多いだけにびっくり! デリケートゾーンとか脚の付 ...

    香り付き生理用品が増えている!?

    皆さんはどんな生理用品を選んでいますか? オーガニックコットンなど、質や素材にこだわったものですか? それとも、デザイン性や大きさですか? ほかにも、価格やメーカーなど生理用品を選ぶのにたくさんの基準 ...

    知っている人は知っている!マダムジュジュのこれだけ塗り

    冬といえば、乾燥の季節・・・ ヒジやヒザだけでなく、お顔も乾燥してしまいますよね。 そんなとき、皆さんはどうしていますか? 冬の乾燥肌に悩む人は、まずはこれを使ってみてほしい…… 私、ニベアの洗顔フォ ...

    デリケートゾーンの洗い方に気を付ける

    なんだか、デリケートゾーンがにおう… なんとなく蒸れて痒い… その原因、下着や服装のせいではなくて、デリケートゾーンの洗い方のせいかもしれません。 前の記事で散々、「下着の蒸れとか」「締め付けが」と言 ...

    【黒ずみクリームレビュー第2弾】イビサクリームを使ってみた!

    先日、【黒ずみクリームレビュー第1弾】と題してハーバルラビットについての商品説明やレビューを行いました。 クリームの成分などの基本的な情報から、期待できる効能や、実際に使ってみた率直な感想を述べたレビ ...