テレビ雑誌でよく見る「肝斑」って?黒ずみ?

投稿日:

    テレビCMや雑誌などでも最近見かけるようになった「肝斑(かんぱん)」って一体どんなものだかご存知ですか?

    なんとなく…シミみたいなやつ?

    ちょっと色が黒っぽくなるやつ?

    みたいなイメージが多いかと思います。

    そこで、今回は「肝斑」と「黒ずみ」の違いって何?そもそも「肝斑」って何?という疑問にお答えしていきたいと思います。

    他人事のように感じていた「肝斑」。

    もしかしたら、あなたのお肌も危ないかもしれません。

     

    「肝斑」って何?

    「そもそも肝斑って何?」これが最初の疑問かと思います。

    そこで肝斑の症状や原因について見ていきましょう!

    肝斑の症状とその特徴

    基本的に顔などにできる大きいシミのようなものなのですが…

    肝斑の症状にはいくつかの大きな特徴があります。

    • 左右対称におよそ同じカタチと大きさであらわれる
    • 顔の頬骨のあたりに多くできる
    • 比較的広い範囲にぼんやりとしたシミのように見える
    • 額や口の周りにもあらわれることがある
    • 目の周りにはできにくい

    などが挙げれらます。

    主に肝斑はできる場所とその大きさと形に特徴があるようです。

    肝斑の原因

    肝斑は主に女性ホルモン」のバランスの乱れが原因だと言われています。

    妊娠・出産や経口避妊薬(避妊に用いられる女性ホルモン剤・ピル)の服用が肝斑の発症を促したり、症状を悪化させる例が見られていることからこのように言われています。

    また、過度なストレスによってホルモンバランスが乱れがおこり発症する場合もあります。

    特に30~40代になりシミができ始めたことによるショックやストレスによって、肝斑が悪化する方も多くいらっしゃることから肝斑のシミ」との関係も重要視されています。

    さらに、紫外線や物理的な摩擦(肝斑のできた部分を強くこするなど)によっても悪化すると言われています。

     

    「肝斑」っていつ頃から気を付けるべきなの?

    多くの方が、30~40代で肝斑ができ始めているそうです。

    そのため、肝斑に気を付けるタイミングは20代後半だと考えられます。

    30代になる前に少し気に留めておきたいですね。

    しかし、肝斑の発生する時期はシミができ始める時期と重なっているためにあまり肝斑だと意識されずにいる場合が多いようです。

    肝斑の症状がみられるのは50代後半までで、その後は閉経によって薄くなったり、消えたりするため気にならなくなるそうです。

    60代以降ではほとんど見られなくなります。

     

    「肝斑」の予防法は?

    身体の内側の女性ホルモンとの関係が指摘されている肝斑ですが、外側からのケアでも症状を抑えることができます。

    肝斑はストレスや女性ホルモン以外にも、紫外線によって悪化する(色が濃くなる)例が見られています。

    そのため、紫外線対策を行う必要があります。

    紫外線はお肌に大きなダメージを与えるので、年齢に関係なくUVケアを心がけることで肝斑だけでなくシミも防ぐことができます。

    それによってシミによるストレスが軽減され、肝斑の悪化を防ぐことにもつながります。

    また、女性ホルモンが大きく関係しているため無理なダイエットやピルなどの服用等も気を付けたほうがよさそうです。

    また、気になって肝斑の箇所を擦ってしまったり、強い化粧品などを利用するのもよくありません。

    そして、一番は過度なストレスをため込まないことです。

    自分のストレス発散法を見つけ、適度に休息を挟んで心のバランスを保ちましょう。

    ストレスに関する記事はこちらをご覧ください!

     

    「肝斑」と「黒ずみ」の違いは?

    肝斑も黒ずみもぼんやりと黒っぽい色(ほかの皮膚の色と比べて色が濃い)がつくことは同じなのですが…

    その原因に大きな違いがあります。

    肝斑の場合は主に女性ホルモンの乱れが大きな原因であるのに対して、黒ずみの場合は紫外線・乾燥・摩擦・蒸れが主な原因であることから、年齢や性別に関係はありません。

    誰にでも、いつでもできる可能性があるというところが大きく異なります。男性でも子供でも黒ずみはできてしまいます。

    それ以外にも、肝斑と黒ずみはどこが違うのか?を調べるために一覧の表を作成してみました!

    上の表のように、肝斑と黒ずみはできやすい場所も大きく異なっています。

    黒ずみは身体の中でもよく動かすところや関節が多いのに対して、肝斑は主に顔に発症します。

    また、肝斑の場合は右頬にできれば左頬にも同じような形で大きさのものがあらわれるので、比較的黒ずみやシミと見分けやすいかなと思います。

    さらに、予防方法や治療方法にも違いに見られるので、肝斑か?黒ずみか?判別した後のケアも気を付ける必要がありますね。

    肝斑と黒ずみのことについて紹介しています!

     

    「肝斑」の治療法は?

    肝斑は身体の内的な要因が大きいですが、内服薬の服用によって効果があることが認められています。

    その内服薬が「トラネキサム酸」を主成分とした「トランシーノⅡ」になります。

    これはテレビCMや広告などで見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

    肝斑やシミへの効果があるということを大々的に宣伝していますよね。

    このトランシーノⅡを8週間(2か月間)服用することによって、徐々に効果が見られ始めるそうです。

    1日2回の服用が目安で、高い改善効果が期待されています。

    肝斑は一度治っても、再度できる可能性のあるものですが…内服薬の場合は再び飲み始めることで肝斑に対してアプローチすることができます。

    他にもレーザーによる治療なども行われていますが、肌質や状態によってはレーザーによる刺激によって逆に色が濃くなってしまったりする可能性もあるので専門機関で十分に相談してから治療を行う必要があります。

    肝斑にも有効な美白成分「トラネキサム酸」についてはこちら!

     

    まとめ

    ここまで肝斑について見てきましたがいかがだったでしょうか?

    肝斑の原因や症状について少しでも理解が深まれば、必要以上に悩むことなくケアに専念できるはずです。

    肝斑は女性なら誰しも発症する可能性のある肌トラブルです。

    現在では治療法も存在しており、多くの女性が肝斑を経験しています。

    ひとりで思い悩むことなく、気軽に皮膚科や産婦人科などの医療機関で診察を受けたり、内服薬を購入することで自分なりにアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

    おすすめ記事

    黒ずみが気になる ~出産後編~

    黒ずみが気になるシリーズとしていくつか記事にさせて頂きましたが、今回は特別編として出産後について取り上げていきたいと思います。それでは、黒ずみが気になるシリーズ第7弾です!前回の妊娠編では、ホルモ…

    あなたは知っている?トラネキサム酸の効果

    「肝斑」をご存知ですか?これはカンパンと読み、最近ではテレビCMなどでも肝斑という言葉を聞くことも多いかもしれません。肝斑とは、女性ホルモンの変化によってあらわれるシミの一種で、特に30歳を超えた…

    黒ずみが気になる~50代編~

    黒ずみが気になるシリーズも早いもので年齢別の記事は最後になります。 最後を締めるのは50代の黒ずみケア! それでは、黒ずみが気になるシリーズ第5弾です! そろそろ、子育てにも職場の後輩の教育にもゆとり ...

    生理を快適に過ごすコツ‐生理休暇と過ごし方‐

    皆さん「生理休暇」って聞いたことありますか? 生理の時期って、気分がブルーになったり、突然強い痛みに襲われたり、なかなかいつも通りには働けませんよね。 そんなとき、生理を理由に休めればいいのになぁと考 ...

    ワキのニオイが気になる!

    ワキのニオイって、自分のニオイも気になりますが… それよりも相手のニオイの方が気になってしまいませんか? 他にも… 相手のニオイがきつくて、もしかしたら自分も!?と思って確認したことはありませんか? ...