【イラスト付き】月経カップの使い方

投稿日:

    前回、生理期間を快適に過ごすアイテムの1つとして「月経カップ」(上記の画像のカップのこと)について紹介しました。

    あまり聞きなれない言葉ですが、海外を中心に注目を集めており、生理の不快感が軽減すると話題です。

    ちょっとだけ前回の記事の復習
    月経カップとは…膣の中に挿入して、経血をためるシリコーン製のカップのこと。

    月経カップを装着した状態を図に表すと以下のようになります。

    このように、膣の途中のあたりまで月経カップを入れ、経血を受け止められるような形になっています。

    タンポンよりも少し下に装着するイメージです。

     

    前回の記事では、月経カップとは一体何なのか?月経カップを使っている人の口コミヤ体験談からメリット・デメリットについて説明しました。

    そこで、今回はそんな月経カップの使い方について詳しく見てきたいと思います。

    月経カップのつけ方

    【つけ方】

    1.無香料のお肌に優しいせっけんで両手とカップを洗います

    2.トイレやお風呂場などでしゃがむような姿勢をとる

    3.カップの開いている方を上にして、両手で折り曲げる

    この時、折り曲げる方法はいくつかありますが、ご自身でやりやすいものを選んでみてください。

    ※折り方については後ほど紹介します。

    4.カップを折り曲げたら、花の蕾のように出っ張っているところからゆっくり挿入します。

    この時、体の力を抜いて楽にしましょう。

    カップは利き手で挿入すると入りやすいです。

    また、膣から背骨の末端に向けて入れるとスムーズです。

    5.タンポンの使用経験がある方は、その位置よりも少し下につけます。

    具体的にはカップの下のつまみ(ステム)が膣内にちょうど隠れるくらいです。

    自分でしっくりくる位置があると思うので、あとは微調整です。

    6.カップが中で広がったことを確認したら、装着完了です。

    カップを軽く押したりするとだんだん開いていきます。

    はじめは、焦らずゆっくりするのが大切です。

    正しくカップが入ると、上の図のように、剥がれ落ちた子宮内膜がカップの中におさまります。

    続いて、月経カップの折り方について説明します。

    月経カップの折り方

    月経カップにはいくつかの折り方があると紹介しました。

    口の広がった状態のカップをすぼめて、膣内に入れるための折り方になります。

    子宮口や膣の形や大きさは人それぞれです。

    そのため、同じ月経カップでも折り方を変えることで多くの人の体に対応しています。

    今回はその折り方の中でも、有名な3つを紹介します。

    月経カップの折り方

    ・Cホールド

    ・7またはトライアングル

    ・パンチダウンホールド

     

    他にも…

    ・Eホールド

    ・ダブル7

    ・Sホールド

    ・ダイヤモンドまたはハーフダイヤモンド

    などがあります。

    Cホールド

    円の形になっている月経カップのフチを持って、両側を中心に寄せて半分に折り曲げます。

    この状態からさらに半分に折り曲げ、片手でしっかりと押えます。

    このままのCの形で、挿入します。

    トライアングル

    Cホールドと同じようにカップのフチを持って、

    両端を中央に寄せ、半分に折ります。

    さらに半分に折っていきますが、その時先端をねじるように斜め下に持っていきます。

    ※7とトライアングルで呼び名が異なるのは、その斜めの角度によって見え方が異なっているからです。

    パンチダウンホールド

    カップのフチの部分に指をあて、カップの内側へ強く押し込みます。

    カップのフチがカップの底につくまで押し込み、片手で閉じます。

    最終的には、フチの一部分が残った三角形のような形になります。

    さまざまな折り方があることを分かっていただけだでしょうか?

    これらの折り方で注目するべきポイントは、挿入する部分の形と面積、厚みです。

    多くの月経カップの場合は、タンポンよりも少し大きい直径の状態で挿入することになりますので、

    タンポンと比べると違和感や圧迫感も感じやすくなるかと思います。

    そんなときは、慣れるまで水性のローションを使用したり、姿勢を楽にしたりと工夫してみてください!

    また、今回紹介した「スクーンカップ」以外にも、様々な月経カップがあります。

    これらはどれも厚みや大きさ、肌触りなどが異なっていますので、自分にあったものを選んでみてください!

    月経カップの外し方

    【外し方】

    1.きれいに手を洗います

    無香料でお肌に優しいせっけんを使いましょう!

    2.トイレやお風呂場などでしゃがみます

    汚れてもいい場所を選びましょう。

    水などですぐに洗い流せる場所がおすすめです。

    3.しゃがんだままの状態で、人差し指でつまみを探します。

    つまみはちょっと出っ張ているので探しやすいです。

    この時、つまみを強く引っ張らないようにしましょう。

    4.つまみを見つけたら、つまみに沿って指を這わせて、カップの場所を把握します。

    つまみは、カップの底まで導くガイドのような存在です。

    カップに近づくにつれて、つまみが太くなるのでわかりやすいです。

    5.そのまま、強くいきみます

    強くおしりや膣のあたりに力を入れるとカップが少しずれて、下がります。

    6.いきんだことで、カップの底に指が届いたら、親指と人差し指でカップの底をつまみます。

    いきみによって、少し下がったカップをそのままキャッチしましょう!

     

    7.つまんだ状態で、前後にずらすように揺らします。

    軽く、徐々にずらしていきます。

    カップが動きやすくなるまで行いましょう。

    8.膣内とカップの密着が解けたら、2本の指でしっかりと押えて取り出します。

    カップが動くようになったら、人差し指と親指でカップの底をつまんでゆっくりと取り出します。

    9.取り出したカップはゆっくりと開きましょう。

    シリコンの勢いで開くと、周りに経血が飛び散る可能性があります。

    注意してください。

    10.これで取り外しは完了です。

    月経カップの手入れの仕方

    【洗い方】

    1.トイレにカップの中の経血を捨てます

    2.トイレットペーパーで軽くふき取り、ウエットティッシュできれいに拭きます。

    3.この時、空気穴も拭きましょう。

    4.汚れをふき取ったら、水で洗います。

    5.無香料のせっけんを溶いた水またはぬるま湯で優しく洗います。

    【煮沸消毒の仕方】

    1.カップがすっぽりと入るくらいの大きな鍋に水を入れ、弱火にかけます。

    2.その鍋の中にカップを入れて5~10分程煮沸します。

    その際、カップがなべ底にくっつかないようにしましょう。

    煮沸のし過ぎや、少ない水での煮沸はカップのダメージにつながります。

    3.その後、軽く水気をとり、乾かします。

    4.乾いたカップは専用のポーチに入れて保管しましょう。

    直射日光や湿気を避けた場所で保管してください。

    ※煮沸のタイミングは、生理と生理のサイクルの間が理想的です。

    毎回、煮沸を行う必要はありません。

    【洗い方】で紹介したように、無香料のせっけんとぬるま湯で汚れを十分に落とすことができます。

    あまり神経質になりすぎないようにしましょう!

    月経カップの使い方について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    カップのつけ方については、苦戦する人も多いですが、なれてしまえば快適です。

    正しい使い方をマスターしていきましょう!

    また、カップの手入れはふき取りと石鹸を溶かしたぬるま湯での洗浄を行いましょう。

    さらに、生理が終わった時には煮沸を行い、次の生理に備えましょう!

    おすすめ記事

    【イラスト付き】月経カップの使い方

    月経カップをご存知ですか? 生理のときの悩みが解消されるかもしれない画期的なアイテムですが、まだまだ日本では認知度が低いようです。 また存在は知っていても、身体の中にシリコンのカップを入れるこ…

    ちゃんと使ってる?サニタリーショーツ

    生理中に身に着けるサニタリーショーツを使用したことがある方は多いと思いますが、生理用品メーカーが作るサニタリーショーツがあるのをご存知ですか? サニタリーショーツを使うメリットはたくさんあります…

    VIO脱毛、どこが一番安い?【エステ脱毛編】

    最近、身近になってきたVIO脱毛(デリケートゾーン脱毛/ハイジニーナ脱毛)ですが・・・ なんとなく痛そうだし、高そうだし、恥ずかしいし・・・と興味はあるものの実際に脱毛できている人は少ないのではないで ...

    黒ずみケアのゴールってどこ?理想のデリケートゾーン

    黒ずみケアについて書いてきましたが… この話題には触れていなかったなと思い、今回思い切って調べてみることにしました! このサイトを読んでくださっている皆さんは、黒ずみが気になっている方や悩んでいる方が ...

    黒ずみが気になる ~妊婦編~

    年齢別として書いてきた黒ずみが気になるシリーズですが…年齢に関係なく黒ずみが気になる時期があることに気付き、特別バージョンとしてこの妊婦編・出産後編を作成しました。 妊娠は女性ホルモンの働きが大きくお ...