保湿が必要だけど蒸れるのもダメ?

投稿日:

    デリケートゾーンの乾燥は、肌のバリア機能を低下させ、ダメージを受けやすくしてしまいます。

    これらのことから、黒ずみなどの肌トラブルにもつながりやすく、デリケートゾーンを清潔に保つためには避けたいのが『乾燥』です。

    しかし、デリケートゾーンの環境で気を付けなければいけないことは乾燥だけではないんです。

    乾燥だけじゃない!?デリケートゾーンのトラブルの原因

    実はデリケートゾーンの蒸れかゆみニオイなどのトラブルを引き起こすことがあるんです!

    蒸れるような湿度の高い環境は雑菌の繁殖が起こりやすいので、清潔な環境とは言えません。

    こうした雑菌の繁殖はニオイやかゆみの原因といわれています。

    乾燥を気にしすぎて、過度の保湿ケアを行い、デリケートゾーンの湿度が高まり蒸れにつながってしまうなんてことも考えられますから、適度な保湿ケアが重要です。

    乾燥していないが、蒸れてもいない状態を保てるようにすることが大切です。

    デリケートゾーンは特に蒸れやすい

    デリケートゾーンは複雑に入り組んだ構造をしていて、身体の部位の中でも通気性の悪い場所です。

    また、普段の服装でもショーツやストッキング、スパッツなどで何重にも覆われているため、湿った空気がこもりやすいとも言われています。

    さらに、生理中はナプキンで覆われ、おりものの多い時にはおりものシートなどで覆われることから、体調や時期によって湿度の変動が激しい場所でもあります。

    わきの下と同じようにアポクリン腺が発達しているデリケートゾーンは汗の量が多くなっています。

    また、汗だけではなく、経血や尿、便なども付着しやすい場所であるため、注意が必要です。

    以上のことを踏まえたうえで、対策についてみていきましょう!

    デリケートゾーンの蒸れを防ぐ方法

    非常に蒸れやすい環境であるデリケートゾーンですが、下記の方法を実践するだけで、ずいぶん快適な環境になります。

    こまめに汗を拭く

    トイレに行った際や蒸れやかゆみを感じた際に、デリケートゾーン専用のデオドラントシートなどで汗を拭きとったり、下着をこまめに換えたりしましょう。

    一度汗をかいてしまっても、雑菌が繁殖する前に処理をすることで清潔な環境を保つことができます。

    ショーツやナプキンなどは自然由来のものを使用する

    自然由来のものは、肌にも優しく通気性が良いため、デリケートゾーンに刺激を与えることなく、蒸れにくい環境を保ちます。

    シルクやコットンなどの素材がおすすめです。

    アンダーヘアを整える

    蒸れや雑菌の繁殖の原因でもあるアンダーヘアを適度に整えることで、通気性をよくして、雑菌の繁殖しにくい環境を保ちます。

    刺激を与えない

    引っ掻いたり、こすったりするのは肌にとって、とても大きなダメージです。

    刺激を与えたりせずに、デリケートゾーンを洗ったり、拭いたりする際にも丁寧に優しく行ってください。

    丁寧に優しく扱うことで皮膚の状態が保たれて、蒸れを防ぐことが出来ます。

    軟膏・クリームを使用する

    蒸れてかゆくなってしまった場合には、軟膏やクリームでかゆみや炎症を抑えることができます。

    抗炎症作用や殺菌作用、消臭作用があるものも多く、手軽に購入することができます。

     

    以上のことに気を付けるだけで、デリケートゾーンの環境はずいぶん改善されます。

    軟膏・クリームのまとめ

    対策の中で紹介したかゆみなどに効く軟膏・クリームについて調べてみました。

    フェミニーナ軟膏S(小林製薬)

    デリケートゾーンのかゆみ止め軟膏の中でも、かなり有名なものです。CMなども放送されているので、知っている人も多いと思います。軟膏ですが、あまりべたつかないクリーム状が特徴で、塗った後はすぐに下着を着用することができます。

    フェミニーナジェル(小林製薬)

    クリームよりもさらにべたつかない透明のジェルで、サラサラとした使用感が人気です。フェミニーナ軟膏と同じ小林製薬の商品で、フェミニーナシリーズの一つです。

    フェミニーナミスト(小林製薬)

    手を汚すことなく、患部に塗布することのできるミストタイプで、コンパクトなデザインなので持ち運びにも便利です。旅行先などでもサッとケアが出来る商品で、こちらもフェミニーナシリーズの一つです。

    ユースキンラフレ(ユースキン製薬)

    乳液状のクリームで、デリケートゾーンのかゆみ止めとはわからない、可愛らしいパッケージが特徴です。しかし、若干の刺激があるため、粘膜の使用は禁止されています。

    メンソレータムフレディメディカルジェル(ロート薬品)

    クールな清涼感とひんやりとした付け心地が大きな特徴です。かゆみを抑えるうえで、このすっきり爽やかな感覚は嬉しいですね。

    デリケア(池田模範堂)

    無香料でベタ付かないクリームで、ヒリヒリとした痛みを伴う人向けの商品。こちらのシリーズは男性用もあり「デリケアM’s(エムズ)」という商品も販売されています。このデリケアM’sは清涼感があるのが特徴で、女性も使うことができます。

    ビタトレール デリモア(万協製薬)

    1日数回の塗布で、かゆみからかぶれまでをケアすることができる商品です。また、デリケートゾーンのトラブル以外にも、虫刺され・汗疹・しもやけなどにも有効です。

    以上のような軟膏やクリームが多く販売されているので、蒸れによるかゆみ悩まされた時には使ってみてください。

    でも、基本は蒸れによるかゆみを起こさないことが大切です!

    前述したことに気を付けて蒸れのない清潔な環境を保っていきましょう!

     

    おすすめ記事

    血行不良が黒ずみの原因?

    夏も終わり、木枯らしも吹いて、より肌寒くなってくる季節ですよね。 服装も夏服から秋服、冬服へ変えたり、衣替えの時期ではないでしょうか? そこで、肌の露出も少なくなるので、これから来年の夏に向けて脱毛を ...

    〈冬のお悩み〉手の乾燥あるある

    気温の低い日が続いていますね。 そんな冬の季節に気になるのが、乾燥ですよね! つい最近も、関東地方で乾燥注意報が出ていました。 皆さんはしっかりと乾燥対策はできていますか? 今回は、前回の「〈冬のお悩 ...

    生理中のムズムズってどうしたらいいの?

    月に一回、泣いても笑ってもやってくる生理…。 何度経験しても慣れない不快感ってありますよね。 特に、生理中のムズムズってなかなか我慢できない! そんな女性も多いのではないでしょうか? そこで今回は、そ ...

    《部位別》おしりの黒ずみ

    女性の魅力的なパーツのひとつでもある『おしり』 最近は美尻のための筋トレやショーツ、ボトムスなども注目を集めていますよね。 しかし、普段の生活で摩擦や締め付けなどのダメージにさらされておしりをキレイな ...

    実はニキビじゃなかった?粉瘤って何?

    皆さんは「粉瘤(ふんりゅう)」ってなんだか知っていますか? パッと見はニキビやウオノメのようなものだと思われることが多いのですが、これらのできものとは違います! この粉瘤ができやすい場所におしりやデリ ...