デリケートゾーンパックがすごい!

投稿日:2017年12月20日 更新日:

    黒ずみの中でも、悩む人が多い箇所であるデリケートゾーン

    気軽に相談もできないし、皮膚科に行くのも恥ずかしいなどと言う理由から、多くの人が黒ずみがあると知りながらそのままにしているそうです。

    確かに、その気持ちすごくわかります。

    でも、普段は見えないデリケートゾーンですが、あなたの大切な人と過ごす夜にはどうしても見えてしまうものですよね。

    そこで、今回はそんなデリケートゾーンの黒ずみに関するケアの1つを紹介していきたいと思います。

    デリケートゾーンの黒ずみの原因

    黒ずみの原因というと、摩擦乾燥蒸れといったイメージが強いですよね。

    では、デリケートゾーンの黒ずみも原因は同じなのでしょうか?

    調べてみると…普通の黒ずみのように摩擦や乾燥、蒸れによってできてしまうこともあるそうなのですが、それ以外にも原因がありました。

    デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因について詳しく見ていきましょう!

    まずは、一般的な黒ずみの原因である以下の3つです。

    摩擦

    皮膚の薄い部分などに衣服の擦れや悪習慣などから、摩擦が加えられてメラニン色素が発生し、蓄積して、黒っぽく見えてしまいます。

    例)サイズの合わない下着・デザイン重視の下着・タイトな衣服・椅子の座り方・自転車の乗り方…など。

    乾燥

    冬場などに患部を引っ掻いてしまったり、乾燥して粉が吹いているのに保湿を行わなかったところに刺激が与えられた場合にメラニン色素が反応し、色が黒っぽくなってしまいます。

    例)冬場のお風呂上がりのケアを怠る・こまめに油分や皮脂などを洗い流す・患部を引っ掻く…など。

    蒸れ

    デリケートゾーンは比較的多くの衣服に覆われているところです。そのため、通気性が悪く蒸れやすくなってしまっています。その蒸れが肌のバリア機能を低下させ、そこに何らかの刺激が与えられるとメラニン色素が肌を守るために皮膚の下に集まり、そのまま蓄積し、黒ずみになってしまいます。

    例)通気性の悪い下着・夏場に汗をかいたまま放置・何枚もボトムスやストッキングの重ね履き…など。

    上記の3つに加えて、2つの原因があります。

    ターンオーバーの乱れ

    ターンオーバー(新陳代謝)が行われにくくなり、古くてかたい角質がいつまでも表面上から剥がれ落ちずにいるために、古い角質にシミや黒ずみが溜まってしまうことがあります。

    ホルモンバランスの乱れ

    ホルモンバランスの乱れは上記のターンオーバーの乱れにつながります。

    ホルモンバランスが正常に保たれていることで私たちの身体はうまく保たれていますが、ホルモンバランスが崩れてしまったりすることでメラノサイトがメラニンを過剰分泌してしまうことがあります。

    デリケートゾーンの黒ずみケア

    ここではデリケートゾーンの黒ずみケアの方法をいくつか紹介します。

    自分に合った下着を付けて、お肌への負担を軽減させる

    ・ビタミンの多く含まれた食材を積極的に参加する

    ・黒ずみケアクリームを1日2回患部に塗り込む

    ・スクラブ洗浄を行う

    などが挙げられます。

    皆さんが実践しているものはあったでしょうか?

    これらのケアに加えて、行いたいデリケートゾーンのパックについてこれから説明していきます。

    デリケートゾーンパック

    皆さんは「デリケートゾーンパック」を聞いたことはありますか?

    簡単に言えば…お風呂上りなどで顔につけるパックのデリケートゾーンバージョンです!

    ほんとにデリケートゾーンのパックなんてやっている人はいるの?とついつい思ってしまいますよね。

    でも、市販でも数多く販売されており、デリケートゾーンの悩みを解決するためには欠かせないアイテムとなっています。

    デリケートゾーンのパックをしているなんて、恥ずかしくてなかなか話題に上がらないのが、認知度の低さの原因なのかもしれません。

    そこで、デリケートゾーンのパックとはどんなものなのか?見ていきましょう。

    デリケートゾーンパックとは…黒ずみにおい痒みたるみシワブツブツヒダざらつきおりものなどが気になる時に使用するものです。

    簡単に患部に貼って使うもので、顔用の普通のパックとそこまでのちがいはありません。

    シートにはコラーゲンアルロン酸などが多く含まれており、保湿にも効果があります。

    デリケートゾーンパックの使い方

    デリケートゾーンの黒ずみや肌トラブルが気になる場所に、シートを直接貼ります。

    油分や水分が多いと密着しないので、しっかりと引き取り乾いた状態で使用してください。

    2.20~30分程度でシートに含まれていた美容成分が肌の奥深くへといきわたります。

    3.時間が経ったら、シートを丁寧にはがします。

    患部にはうるおいが感じられますが、タオルで拭き取ったり、シャワーで洗い流す必要はありません。

    シートはそのまま捨てて、デリケートゾーンのパックは完了です。

    デリケートゾーンのパックの注意

    ・シート使い捨てなので、一度パックに使用したシートは再利用せずに捨ててください。

    ・貼り過ぎてしまうのも危険です。

    ・時間を2倍にしたために、効果が2倍になるようなことはありません。

    ・デリケートゾーンが清潔な状態で使用してください。

    ・患部が酷くただれていたりする場合は、皮膚科の先生に相談して使用してください。

    ・妊娠中などの場合にも、産婦人科の先生に相談したうえで使用してください。

    まとめ

    「デリケートゾーンパック」、聞きなれない言葉だったかもしれませんが、理解して頂けたでしょうか?

    デリケートゾーンの脱毛などの大衆化に伴って、デリケートゾーンをきれいに清潔に保つための商品が多く販売されています。

    多くの商品はデリケートゾーンという大変敏感な場所に使用するものなので、原材料には細心の注意を払っていると思いますが、肌に合う、合わないなどもありますので、シートを使う際には小さく切ってパッチテストなどを行ってから使用してください。

    ラブタイムに自信の持てるデリケートゾーンにするためにも、デリケートゾーンパック!

    是非、使ってみてください!

    おすすめ記事

    キレイなバストは…正しいブラジャー選びから

    皆さんは自分の胸に合ったブラジャーを使っていますか? 自分に合ったブラジャーを付けることは、キレイなバストへの近道です。 しかし、7割近い女性が自分のサイズとは違ったブラジャーを着用しており、 その中 ...

    リップグロスの使用期限っていつ?〈化粧品の危険性〉

    ぷるぷるの唇には欠かせない「リップグロス」 最近では、水色ベースのものから黒っぽいものまでたくさんの種類が発売されていますよね。 リップクリームを塗って、口紅を塗って、その上からリップグロス!そんな感 ...

    【黒ずみの原因】紫外線に要注意!

    美しい白いお肌を保つためには欠かせない紫外線対策! 夏が近づくと、ドラッグストアやス―パ―などの商品棚に、日焼け止めがたくさん並びますよね。 今では、年齢に関係なく多くの人が紫外線の対策行っています。 ...

    実はかゆみの原因!?生理ナプキンの選び方を徹底解説!

    女性のみなさんは、近所にある薬局などで『ナプキン』を毎月買っていることかと思われますが、どこを重視して選んでいますか?   ちなみに私の今までのこだわりは、【見た目・吸収力・持ち運びのしやす ...

    《部位別》おしりの黒ずみ

    女性の魅力的なパーツのひとつでもある『おしり』 最近は美尻のための筋トレやショーツ、ボトムスなども注目を集めていますよね。 しかし、普段の生活で摩擦や締め付けなどのダメージにさらされておしりをキレイな ...