スクラブ・ピーリングやパックは黒ずみに効く?

投稿日:2017年9月21日 更新日:

    スクラブ・ピーリング・パックなど、普段のスキンケアに加えて、

    週に1~2度特別なケアを行うという方は多いですよね。

    スクラブ・ピーリングでつるつるになってくすみが改善されたり

    パックでうるおって透明感が出たりと

    お肌の調子がいいとそれだけで少し気分が上がります。

     

    ところで、このスクラブ・ピーリング・パックは

    デリケートゾーンの黒ずみには効果がないのか、気になりませんか?

     

    今回は、スクラブ・ピーリング・パックが黒ずみに有効なのか調べてみたいと思います。

     

    スクラブ・ピーリングの作用とは?

    スクラブやピーリングを使うとお肌がつるつるになって、

    くすみが取れるのはなぜだかご存知でしょうか?

     

    それは、お肌に必要のない古い角質を取り除くからです。

    角質層は何重にも重なっており、その表面の角質を落とし、内側にある新しい層を出すことで、肌がつやつやになりくすみが取れるのです。

     

    スクラブとピーリング、この2つは角質を落とす方法に違いがあります。

     

    スクラブは、粒子によって摩擦を起こし、物理的に角質を落とす。

    ピーリングは、フルーツ酸などにより角質を柔らかくし、剥離させます。

     

    摩擦や剥離など肌にはあまりよくなさそうな感じがしますが、

    ターンオーバーを助けるものなので問題はありません。

    もちろん、スクラブやピーリングをしすぎるのは肌への負担になります。

    スクラブもピーリングも正しく使うことが重要になります。

     

     

     

    角質を落とすということは黒ずみにも有効?

    古い角質を落として新しい肌になるということは

    黒ずみにも有効な気がしますが、どうなのでしょうか?

    確かに理論的に言えば、黒ずんだ角質を落とせば新しい綺麗な肌が生まれてくるはず!

    ですが、人の肌はピーリングやスクラブを使わなくてもターンオーバーの作用により、

    勝手に新しい肌に生まれ変わっているはずです。

    でも、放っておいても黒ずみは改善されませんよね?

     

    これはなぜかというと、ターンオーバーの周期が乱れ、

    メラニン色素が蓄積されていってしまうからです。

    また、常に黒ずみの原因となる刺激を与え続けているということも原因の一つです。

     

    夏に日焼けした肌が冬には白く戻っているように、

    黒ずみの原因となった刺激が一時的なものなら、

    時間が経てば通常の肌の色に戻るはずなのです。

     

    つまり、ピーリングやスクラブだけでは黒ずみケアはできないということです。

    長年蓄積してきた黒ずみは、数回角質を落としたくらいでは改善できないということです。

    だからといってピーリングやスクラブを毎日行ったとしても、

    白くてきれいな肌が出てくるわけではありません。

    前述の通り、角質を剥離・摩擦によって落とすものなので、

    使い過ぎは肌への負担となり、新たな黒ずみの原因となってしまいます。

     

    黒ずみはスクラブやピーリングと共に予防すること!

    黒ずみは時間をかけてできたもの、ある程度の時間をかけてケアしていく必要があります。

    まずは黒ずみの原因となっている、刺激を取り除くことです。

     

    ・下着の締め付けや擦れ

    ・洗い方

    ・ムダ毛処理・脱毛

     

    全て肌への刺激となり黒ずみの原因となります。

     

    また、ターンオーバーを遅らせるような、

    生活の乱れやストレスを減らす事も重要になります。

    ターンオーバーの遅れは、加齢も原因となっているので、

    生活改善などで改善できない部分をスクラブやピーリングで

    補う、といった使い方がいいのではないかと思います。

     

    ここで注意したいのが、

    デリケートゾーンにも使える市販のスクラブやピーリングを使用しても

    お肌が荒れてしまう可能性もあるということです。

     

    デリケートゾーンの皮膚は薄く繊細です。

    体の他の部分に使ってみて問題がなかったとしても

    肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

    心配な方は一度専門家の方に相談してから行うと良でしょう。

     

     

     

    ピーリング後のケアも忘れずに!

    また、ピーリングの後のケアも重要になります。

    ピーリング後はお肌が乾燥します。

    デリケートゾーンいピーリングを行った場合は、デリケートゾーン専用の保湿クリームでしっかりと保湿してあげましょう。

     

    スクラブやピーリングの後だけでなく、常に保湿することで、肌への刺激を抑えることができます。

     

    顔と比べると、デリケートゾーンは乾燥しているという感覚が薄いかもしれませんが、

    下着や洋服によって擦れることで肌は乾燥し、ダメージを受けやすくなっています。

    常に保湿を心がけ、お肌を守るようにしましょう。

     

    その際に、デリケートゾーン用の保湿クリームを使うことをおすすめします。

    普段使っている化粧品は、デリケートゾーンには刺激が強く肌荒れを起こす可能性があることと、

    デリケートゾーン用の保湿クリームには、美白成分が含まれているということです。

     

    一般的なデリケートゾーン用の保湿クリームは、添加物を減らし、

    お肌に優しい処方になっているので、肌トラブルを起こしにくくなっています。

    また、保湿だけでなく美白成分も含まれているので、

    黒ずみ対策にはかなり効果的なのです。

     

     

     

    パックの保湿効果は黒ずみに効果あり?

    続いて、パックは黒ずみに有効なのか見ていきたいと思います。

    普段、顔などに使っているパックを使ってお肌に透明感が出たと感じるのは、

    お肌の水分量が増えている事と美白成分によるものです。

     

    パックをした直後は肌が明るく見えるのは、肌内部の水分が反射しているからなのです。

    時間が経つと肌の明るさが戻ってしまうのは、

    パック直後より肌の水分量が減ってしまったためです。

     

    水分量で、肌の明るさが変わるなら、デリケートゾーンにも有効と言えそうですよね。

    ですが、スクラブやピーリングと同じように、

    顔に使っているパックをデリケートゾーンに使うのは、刺激が強すぎます。

     

    そこで、ある身近なものが

    デリケートゾーンのパックとして使えるので紹介したいと思います!

    それが、「ヨーグルト」です。

     

     

     

    身近にあるもので簡単パック!

    ヨーグルトでデリケートゾーンをパックして

    黒ずみに効果があるの?体に害はないの?と色々と気になると思います。

     

    では、ヨーグルトがどうしてデリケートゾーンのパックとして使えるのか説明していきたいと思います。

     

    買ってきたヨーグルトを開けると、水分が分離しているのを見たことがあると思います。

    ヨーグルトからでるあの水分は「ホエー」と言い、とても栄養豊富な成分なのです。

    最近はパッケージなどにも栄養価が高いので捨てないでくださいと

    注意書きがある場合がありますが、

    実は「ホエー」は肌にも良い効果があるのです。

     

    ホエーには、保湿・ピーリング・ターンオーバーを整える効果があり、

    成分が肌に近く、なじみやすいと言われています。

     

    食べ物を体に使って危険はないのかと不安に感じるかと思いますが、

    ホエーには抗炎症作用があり、肌トラブルを起こしにくく、

    デリケートゾーンに使っても害はありません

    ただし、乳製品なので、乳製品にアレルギーを持つ方は注意が必要です。

     

     

    パックの方法は簡単です!

    ① ヨーグルト(無糖)の上に浮いているホエーをコットンやティッシュに染み込ませる

    ② デリケートゾーンに乗せてラップで覆う

    ③ 5~10分程度時間を置き洗い流す

     

    簡単なので、気軽に試せますね。

    ホエーがあまり取れない場合は水切りをすると良いと思います!

     

     

    もうひとつ簡単にできるパックの方法を紹介したいと思います。

    石けんの泡でパックする方法です。

    デリケートゾーンを洗う際にゴシゴシ擦ると肌への刺激になって黒ずみを悪化させることになりますし、

    反対にきちんと洗えていないのも毛穴の詰まりによる黒ずみを起こす可能性もあります。

    そこで有効なのが泡パックです。

    石けんを泡立ててデリケートゾーンに乗せ1~2分置き、洗い流すだけです。

    その際に、洗浄力の強い石けんは使わない事!

    出来ればデリケートゾーン用の石けんを使うのがオススメです。

    デリケートゾーン用の石けんは、低刺激になっていますし、美白保湿効果や、

    ニオイケアができるものもあります。

    また、デリケートゾーンを洗う際には、熱いお湯も肌への刺激になるので、

    ぬるま湯で洗うようにしましょう。

     

     

    以上のことから、デリケートゾーンの黒ずみには

    スクラブ・ピーリング・パックは使い方によっては有効だと言えると思います。

    ただ、デリケートゾーンの肌は、繊細なので優しく扱い、正しいケアをすることが大切です。

    また、これらのケアはできてしまった黒ずみを薄くする方法であり、

    日常的に黒ずみを作らないことが重要です。

     

     

    おすすめ記事

    《部位別》唇の黒ずみ

    女性がメイクをするうえでも、気を付けたいのが「唇」ですよね。 ぷるっとして、丸みがあり、口角が綺麗に上がっているような唇はとても魅力的です。 しかし、そんな唇ですが…なんとなく色がくすんで見えたり、た ...

    《VIO脱毛特集》体験談からわかるメリット・デメリット

    最近よく耳にするようになった「VIO脱毛(デリケートゾーンのムダ毛処理)」 でも、そもそもそんな場所を脱毛する意味ある?と思っている方も多いのではないでしょうか? 確かに処理しなくても特に人から見える ...

    血行不良が黒ずみの原因?

    夏も終わり、木枯らしも吹いて、より肌寒くなってくる季節ですよね。 服装も夏服から秋服、冬服へ変えたり、衣替えの時期ではないでしょうか? そこで、肌の露出も少なくなるので、これから来年の夏に向けて脱毛を ...

    《部位別》ヒザの黒ずみ

    女性にとって年齢が出やすい場所と言われている「ヒザ」 歳を重ねると、膝上のスカートやズボンは履きにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。 そんな「ヒザ」ですが、どうして年齢が表れてしまうのでしょう ...

    ドラックストアで買えるの?黒ずみケアグッズ

    「黒ずみケアグッズ」というと、ちょっと高いイメージですよね。 大型雑貨店とか、化粧品店とかに置いてあって、なかなか手が出ないようなイメージ。 私も、少し前まではそう思っていました。 しかし、最近では黒 ...