ワキのニオイが気になる!

投稿日:

    ワキのニオイって、自分のニオイも気になりますが…

    それよりも相手のニオイの方が気になってしまいませんか?

    他にも…

    相手のニオイがきつくて、もしかしたら自分も!?と思って確認したことはありませんか?

    自分から発されている臭いは、多くの場合、自分では気が付きにくいです。

    なぜなら、日常的にそのニオイを嗅いでいるため、不快感を感じないからだと言われています。

    自分では気が付きにくいけれど、相手は気が付きやすいそんなワキのニオイ…

    そのニオイが恋人が発せられているものであっても、やっぱり気になってしまうなんて人が多いみたいです。

    そこで、今回は多くの人が言えずに気にしているワキのニオイについて見ていきましょう!

    ワキのニオイが気になるワケ!

    もともとの身体の作りでワキが臭ってしまうという場合もあるようですが、それ以外の場合はほとんど生活習慣の乱れが原因です。

    • 汗腺が多い(汗をかきやすい)ため
    • 過度な緊張やストレス
    • 運動不足
    • わきが
    • 汗の処理不足
    • 食べ物

    主に以上の6つが挙げられます。

    それではこれらの原因を1つ1つ見ていきましょう!

    汗腺が多い(汗をかきやすい)ため

    本来、脇は身体の他の場所に比べると、汗腺(汗が出る腺)が多く存在しており、汗をかきやすい場所だと言われています。

    そのため、多くの汗が身体の外に出ていき、臭ってしまっている可能性があります。

    緊張やストレス

    自分の犯したミスに気が付いてヒヤッとしたり、人前に立ってドキドキして全身にジワーっと汗をかいたりした経験はありませんか?

    そうした経験によって、単純に暑いから汗をかくのではなく、心理的な汗をかくことになり、その汗が臭ってしまう場合があります。

    運動不足

    日頃から適度な運動を心がけており、代謝のいい人は日常生活に中で全身で発汗作用が起こりますが、運動不足で代謝があまり良くない人は、身体全身で発汗できずに脇に集中して汗をかいてしまうことがあります。

    こうした現象は男女ともにみられるもので、日頃からの適度な運動が大きな影響を及ぼします。

    日常の適度な運動については、以下の記事をご覧ください。

    わきが

    一度は名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

    わきがとは、ワキの部分から独特の酸っぱい臭いがする症状のことで、他にも異汗症腋臭症とも呼ばれています。

    わきがは、病気ではなく体質の一種なので、両親などから遺伝する場合が多いです。

    わきがを自覚した人のほとんどは、思春期の時期にわきがであると判明します。そのため、病気が発症したように感じる人もいるかもしれませんが、それは病気ではなく、自分の体質が表にあらわれるようになっただけです。

    わきが以外にもすそワキガというものがあります。

    詳しくは以下の記事をご覧ください。

    汗の処理不足

    汗をかいたとき、皆さんはどうしていますか?

    汗拭きタオルで拭いている?制汗剤を付けている?

    汗の処理ってしっかりとできていますか?

    実は、汗を乾いたタオルで拭き取るのはNG行動なんです!

    正しくは、濡れタオルや汗拭きシートで汗と皮膚の汚れや雑菌を拭き取る行動です!

    汗のニオイには様々な原因がありますが、身体から出た汗と皮膚の表面の雑菌とが混ざって異臭を発してしまっている場合もあるそうです。

    それを防ぐことができるのが、濡れた汗拭きタオルや汗拭きシート!

    濡れているものを使うことで、かいた汗だけでなく、皮膚の表面にいる雑菌までも引き取ることができます。

    食べ物

    よく、肉ばかり食べると汗やおならが臭くなる!なんていいますよね。

    実際は肉だけというわけではないですが、ニオイの原因となりやすい食事があります!

    ~ニオイの原因となりやすい食事~

    • 栄養の偏った食事
    • ニオイの強い食材
    • インスタント食品
    • 香辛料がきついもの
    • 飲酒

    など以上の6つが挙げられます!

    これらの塩分や糖分が多く、内臓脂肪にや肥満原因になりやすい食事は体内で吸収することができなかった余分な栄養分が身体の外に排出されるため、臭いの原因となりやすいです。

    また、アリシンというニンニクやにらなどのニオイのきつい食材に含まれるニオイ物質は身体中を回って、汗として身体の外へと分泌されるため、臭いの直接の原因となりやすいです。

    また、動物性脂肪や植物性たんぱく質は大量に大腸に送られると消化の過程で臭い物質に変化する為、おすすめできません。

    さらに、インスタント食品などの過酸化脂質は腸内環境の悪化につながるため、臭いの原因につながってしまう可能性があります。

    このように過度な偏った食べ物の摂取などによって、体内では消化しきれなかったものが汗として体外に排出され、臭いの原因となってしまっている場合が多いようです。

    ニオイを防ぐためにも、健康のためにもバランスの良い食事は欠かせませんね。

    ワキのニオイを抑える方法

     

    前章にて、ワキがどうして臭くなってしまうのか?その原因について紹介しましたが、皆さんの思い当たる原因はありましたか?

    今回は、ワキのニオイの原因ごとの解決方法を見ていきたいと思います。

    • 汗腺が多い(汗をかきやすい)ため

    ⇒汗腺が多く、汗をかきやすいのはしょうがないことなので、気温の高い日や激しい運動などをする際には多くの汗をワキにかくことを前提としておくことが必要です。

    着替えを用意したり、汗拭きシートやタオルを持っていく、着替える時間が名用でしたら、市販の脇汗パットなどを服につけておくとワキ汗のニオイを気にすることなく楽しめそうです!

    • 過度な緊張やストレス

    ⇒人間なので緊張してしまったり、ストレスを感じるのは仕方のないことです。

    問題なのは、その後の緊張やストレスとの向き合い方です。

    少しでも、自分の身体的・精神的な負担を抑えることができるのかがカギになってくると思います。自分似合ったストレス解消方法などを見つけてみても、いいかもしれません。

    ストレス解消方法などの記事にについても作成しています。

    是非、ご覧ください!

    • 運動不足

    適度な運動を心がけるといいでしょう。

    毎日、少しずつでも身体を動かすと、血行や代謝が良くなるので必要です!

    • わきが

    ⇒ドラッグストアや通販サイトなどでもわきがに関する商品が多く販売されていますが、皮膚科などの医療機関にもわきがの薬や治療方法があります。

    自分のわきがの度合いを見て、改善の為に専門機関などで相談してみてもいいかもいれません。

    • 汗の処理不足

    ⇒前章で紹介した「正しい汗の処理の仕方」を実際に実践して、汗のにおいの原因となるものをきれいに拭き取り、清潔な肌環境を整えてください。

    • 食べ物

    ⇒紹介した食べ物に気を付け、食事のバランスを意識した食事を心がけてください!

    過度な栄養はせっかくとっても体内で十分に消化することができません。

    身体に必要な分だけバランスよく栄養を摂って、ムダのない身体を目指しましょう!

    まとめ

    ワキのニオイの原因とそれを抑える方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    今、ワキのニオイが気になっているという方は、ワキのニオイの原因から思い当たるものを探してみてください!

    もし、思い当たるようなものがありましたら、その習慣を断ち切ることができるように気を付けてみてください!

    おすすめ記事

    【黒ずみクリームレビュー第1弾】ハーバルラビットを使ってみた!

    皆さんは、「黒ずみケアクリーム」を知っていますか? その名の通り、黒ずみをケアするための美容クリームです。 「黒ずみ」というと、お風呂場や銀製品の黒ずみ、Yシャツの黒ずみ、毛穴の黒ずみなどもありますが ...

    《部位別》唇の黒ずみ

    女性がメイクをするうえでも、気を付けたいのが「唇」ですよね。 ぷるっとして、丸みがあり、口角が綺麗に上がっているような唇はとても魅力的です。 しかし、そんな唇ですが…なんとなく色がくすんで見えたり、た ...

    デリケートゾーンのお手入れ

    皆さんはデリケートゾーンのお手入れを行っていますか? デリケートゾーンは私たちの身体の中でも特に敏感な場所で、トラブルも起きやすい場所だと言われています。 そんなデリケートゾーンだからこそ、正しい知識 ...

    おしっこや水でデリケートゾーンが沁みる?

    トイレに行った際に・・・ お風呂に入った際に・・・ なんかデリケートゾーンが沁みる! そんな経験ありませんか? 実はコレ、しっかりと確認しないとデリケートゾーンの病気かもしれません! 病気は早期発見が ...

    そのトラブルは生理用品が合っていないからかも!

      生理時期になると気になるデリケートゾーンのトラブル。 皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか? デリケートゾーンの蒸れや痒み… また、座ったときに感じるニオイなどで気分までブルー ...