色素沈着が起こりやすい体質があるってホント?

投稿日:

    ワキヒジヒザデリケートゾーンなどにできる黒ずみ。

    黒ずみが目立ってしまって、おしゃれを我慢してしまいがち…

    みんなで温泉にはいきたくないかも…

    恋愛に対して積極的なれない…などなど。

    黒ずみが原因で起こる日常の悩みってたくさんありますよね。

    でも、こんなに黒ずみで悩んでいるのって私だけかも!?そう思ったことありませんか?

    私の色白の友達は「黒ずみ」という言葉すら知らず、「えっ!そんなことあるの?」と驚いてしまいました。

    黒ずみってそんなに個人差があるものなのでしょうか?

    そもそも黒ずみって、体質によって違いがあるのでしょうか?

    今回は、黒ずみになりやすい体質について見ていきましょう!

    黒ずみに個人差はあるの?

    単刀直入に言うと、黒ずみに個人差はあります!

    生活習慣によっても左右されますし、着けている下着や服などによっても変わってきます。

    また、ケアをしているのか?していないか?も大きくかかわってきます。

    日頃からヒザをついたり、ヒジをついたりすることが多ければ、ヒジやヒザに黒ずみが人よりも出ることがあります。

    また、身に着ける衣服も同じで、化学繊維の多い、タイトな洋服を身に着ける機会が多いのならば、衣服が当たってこすれるような場所には黒ずみができやすくなります。

    そのため、黒ずみの個人差はあり、それは主に生活習慣などからくるものだとわかります。

    しかし、黒ずみの個人差は実はそれだけではないんです!

    体質によって黒ずみができやすくなるの?

    実は、黒ずみはその人の体質によっても度合いできやすさが変わってきます。

    同じような生活習慣を送っていたとしても、どちらかが黒ずみになりにくく、どちらかが黒ずみやすいという場合があるという事です。

    そこで、今回は黒ずみになりにくいと、黒ずみになりやすい人の特徴を見ていこうと思います。

    黒ずみになりにくい人

    ~特徴~

    日焼けのあと、茶色や黒の肌にならない人(赤っぽくなる)

    ・傷跡が残りにくい人

    ・シミができにくい人

    メラノサイトが活発ではなく、メラニンを過剰生成しにくいタイプ

    黒ずみになりやすい人

    ~特徴~

    日焼けのあと、茶色や黒の肌になる人

    ・傷跡が残りやすい人

    ・シミができやすい人

    メラノサイトが活発で、メラニンを過剰生成しやすいタイプ

    メラノサイトを不必要に働かせず、メラニン色素を増やさないケアが必要になります。

    黒ずみになりやすい人のケア方法



    上記でメラノサイトを不必要に働かせず、メラニン色素を増やさないケアが必要だと言いました。

    しかし、そのような状態をつくるのにはどのようなケアをするのがいいのでしょうか?

    まず、生活習慣で余計な刺激を与えないことです。

    傷跡を掻いたり、擦ったりすると肌がダメージをより強く受けてしまい、メラニン色素が過剰に分泌されてしまいます。

    他にも、服装や生活習慣に気を付けることが必要です。

    そして、黒ずみができやすい肌の人だからこそ、気を付けてほしいのが紫外線対策です。

    紫外線の刺激はメラノサイトを刺激してしまいます。

    紫外線によって活性酸素が増えると、メラニン色素が分泌されやすくなってしまっています。

    他にも、活性酸素は過度なストレス喫煙も大きく影響していきます。

    私たちは、黒ずみのために曇りの日でもちょっとしたサンケアは行った方がよさそうです。

    日焼け止めやサングラス、日傘などのアイテムを使ってみてください。

    また、活性酸素に対抗する抗酸化作用のある食べ物を摂取することをおすすめします。

    抗酸化作用があるとして有名なものとしては「ポリフェノール」が挙げられます。

    ~ポリフェノールが含まれる食べ物~

    ・ブルーベリー

    ・スモモ

    ・ワイン

    ・コーヒー

    ・カカオ豆

    ・大豆食品

    などがあります。

    是非、ちょっとした食事の時に気に留めてみてください。

    友達と入ったバーで何気なくワインをチョイスするだけでも、抗酸化作用につながります。

    まとめ

    生活習慣や服装だけでなく、体質も黒ずみに関係していましたね。

    あなたは黒ずみになりやすい人でしたか?なりにくい人でしたか?自分の体質について知っておくと、予防できる範囲も格段に広がります。

    是非、今回の記事で黒ずみになりやすい人の特徴に当てはまった方は、日頃のケアにもう少し気を使ってみてください。

     

    おすすめ記事

    黒ずみが気になる ~出産後編~

    黒ずみが気になるシリーズとしていくつか記事にさせて頂きましたが、今回は特別編として出産後について取り上げていきたいと思います。 それでは、黒ずみが気になるシリーズ第7弾です! 前回の妊娠編では、ホルモ ...

    太っている人は黒ずみやすいってホント?

    食生活が非常に豊かであることが知られている日本ですが、食生活が豊かであるがゆえにある問題が起きているのをご存知ですか? それが「肥満」です。 肥満は、世界でも広がり始めており大きな健康問題になっていま ...

    VIO脱毛で気を付けること!

    だんだん暖かくなってきて、薄着の季節になりますね。 そんな時に気になるのが、身体のムダ毛です・・・。 4月、5月は新しいことを始めるのにとっておきの季節ですから、夏になる前に脱毛に通おうかしら?と思っ ...

    〈冬のお悩み〉かかとあるある

    冬の寒い時期。 気になるのは寒さだけでなく、乾燥もですよね。 ふとした瞬間にお肌がガサガサして、痛い!なんてことも… そんなお肌の乾燥の中でも特に気になるのが、「かかとの乾燥」ではないでしょうか? か ...

    黒ずみクリームまとめ

    黒ずみケアには欠かせない「黒ずみケアクリーム」には様々な商品があります。 黒ずみクリーム一覧 今回はその中でも非常に有名な次の5つの商品に絞って、それぞれの特徴を考察していきたいと思います。 ・ハーバ ...