デリケートゾーン、良いニオイのソープで洗っているから大丈夫?

投稿日:

    良いニオイのソープで洗っていても…根本的なニオイの解決にはならない⁉

    生理期間中やその前後に限らず、椅子に座ったりすると下から臭ってくる何ともいえないニオイ…

    そんな不快なにおいをごまかすために、デリケートゾーン用のフレグランス香り付きシート香り付きナプキンソープを使っている方も多いのではないでしょうか?

    中には、制汗スプレーでごまかしている?なんて方も…

    たしかに、脇のニオイのケアの仕方はテレビや雑誌でもよく見かけますし、身近ですが、デリケートゾーンのニオイケアなんて聞いたことありませんよね。

    誰かに気軽に相談できるようなことでもないですし、すこし年齢の上の方に聞くと、しっかりと洗えばいいと言われて終わり…とか。

    でも、実はデリケートゾーンの正しいニオイケアの仕方ってあるんです!

    あなたの間違ったままのニオイケアを続けると、もしかしたら危ないかも⁉

    デリケートな場所だからこそ、正しいケアで自分も好きになれて、自信の持てる身体を目指しましょう。

    デリケートゾーンの専用ソープって何?

    先ほどの話に合った「デリケートゾーン専用ソープ」ってそもそも何?とお思いの方も多いかもしれません。

    デリケートゾーン専用ソープとは、ボディーソープとは別にデリケートゾーンを洗うために開発された石鹸のことです。

    このデリケートゾーン専用ソープの中にはいくつかの種類があります。

    ・良い香りが付いているもの

    この良い香りで、デリケートゾーンの不快なニオイを消してしまうというもので、身体全体にも清潔感あふれる香りが広がります。

    ・消臭効果があるもの

    ニオイをかぶせるのではなく、根本から匂わなくさせるというもので、本体のソープはほぼ無臭です。殺菌成分があるものが多く、ニオイ菌を殺して、菌の繁殖しづらい環境を保ちます。

    ・かゆみや肌トラブルを治すもの

    デリケートゾーンが痒いなどと言ったトラブルを改善するためのもので、乾燥を防ぎ、低刺激の成分で優しく洗うことができます。

    また、スーッとした清涼感の感じられるものもあります。

    ・黒ずみを改善させるもの

    デリケートゾーンの黒ずみの原因となる乾燥と刺激を極力少なくするために、うるおいを保ち、肌に優しい成分と美白成分を配合している場合が多いです。

    悩みに合わせた4つのタイプのデリケートゾーン専用ソープを紹介しましたが、この中で最も避けたいのが、「良い香りが付いているもの」です。

    この良い香り…確かに洗い立てはよい香りなのですが、時間が経つと皮脂や汗によって体臭や雑菌臭が出てきて、このニオイに混ざると何とも不快なニオイになってしまいます。

    また、香料の成分によってはデリケートな部分が反応し、かぶれなどの肌トラブルを引きおこすことも考えられます。

    このように、はじめに紹介したデリケートゾーン用のフレグランスや香り付きシート、香り付きナプキン、ソープは根本的なニオイの解決にはならないのです。

    さらに、ボディ用の制汗スプレーなどを使用するというのもおすすめできません。

    アルコールなどの成分はデリケートゾーンの皮膚にダメージを与えてしまいますし、デリケートゾーンのニオイの原因は汗だけではありません。

    やはり、ニオイは原因から解決しないといけませんね。

     

    あのしつこいニオイの原因は?

    ニオイの正体は…主に雑菌です。

    しかし、腕や脚などと違ってデリケートゾーンは尿や便、経血、おりものなどが存在する場所で雑菌の種類も多くなっています。

    さらに、ニオイのもととなるアポクリン汗腺がワキ・乳首と同様にあり、すそわきがなどになっている可能性もあります。

    また、パートナーとの性行為によって性病などにかかり、その症状がニオイにあらわれている、加齢によってニオイが発生している、自己処理の仕方が間違っているなどの可能性も十分に考えられます。

    様々な理由がありますが、多少は臭って当り前ですし、仕方のないことです。

    大切なのは、自分のニオイの原因をしっかりと知ることです。

    デリケートゾーンのニオイで悩んでいた方の中には、実はそのニオイがフェロモンに近い体臭であったことが分かった例もあります。

    自分は臭いと思っていても、相性のあうパートナーから嗅げば臭くないと感じることもあるそうです。

    まずは自分のニオイの原因を知って、それに合った対策をしていくことが求められます。

    対処方法

    そこで私がおすすめしたいのが、無香料のデリケートゾーン専用ソープです。

    特に、黒ずみケア商品やデリケートゾーン向けアイテムを数多く扱っているメーカーのものはおすすめです。

    そこで今回はそんなおすすめのデリケートゾーン専用ソープを紹介していきたいと思います。

    おすすめのデリケートゾーン専用ソープ

    イビサソープ

    デリケートゾーンの黒ずみクリーム(イビサクリーム)で有名なIbiza Beautyが作ったIbizaシリーズの一つです。

    メディアにも多数掲載されており、美容界でも注目されている商品です。

    1プッシュで泡が出てくるタイプで、手で泡立てなくてもきめ細やかな泡でケアをすることができます。

    薬用W成分で臭いの原因となる雑菌を徹底消去するようになっており、イソプロポリメチルフェノール・グリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。

    イソプロポリメチルフェノール:殺菌・抗菌作用があり、お肌を清潔にし気になる体臭を抑える

    グリチルリチン酸ジカリウム:肌荒れ・ニキビを抑え、お肌を整える

    6種類のジャムウ成分を配合

    ・オトギリソウエキス(保湿・整肌作用)

    ・オウバクエキス(抗菌作用・洗浄作用・エイジングケア)

    ・セイヨウハッカ葉エキス(抗菌・鎮静・整肌)

    ・オウレンエキス(消炎・抗菌・肌荒れ防止)

    ・チャエキス(消臭・殺菌)

    ・ハチミツ(保湿・美肌)

    5種類のビタミンを配合

    ・天然ビタミンE

    ・L-アスコルビン酸2‐グルコシド

    ・リン酸L‐アスコビルマグネシウム

    ・ビタミンA油

    ・テトラ2‐ヘキシルデカン酸アスコルビル

    お肌への刺激を考慮して合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・界面活性剤などは一切使用していません。

     コラージュフルフル 泡石鹸 ピンク 300ml

    デリケートゾーン専用ソープとは知らなくても、パッケージを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか?

    弱酸性で肌に優しく、身体の中でも敏感なデリケートゾーンでも安心して使うことができます。

    カビの増殖を抑える、有効成分ミコナゾール硝酸塩を配合した薬用泡石鹸です。

    また、有効成分トリクロサン(殺菌成分)も配合しています。

    デリケートゾーンなどの体の洗浄、生理中で不快な時、汗やニオイが気になる時、お肌の敏感な方にもお使いいただけます。

    アンボーテフェミニーナウォッシュ

    見た目がオシャレなハンドソープのようで可愛いこのソープは、オイルのような状態で出てくるにも関わらず、泡立ちの良いソープになっています。

    オーガニック認証COSMOSを取得している商品で、オーガニック植物成分を8種類配合しており、身体に優しいです。

    また、ダマスクローズウォーターを30%も使用しています。

    他にも…原材料の98.1%天然由来、原材料の49.8%がオーガニック、エコサートグリーンライフ認定を取得しており、最も敏感なデリケートゾーンだからこそ低刺激にこだわっています。

    デリケートゾーン以外にも、脚やワキなど身体全身に使うことができます。

    LCジャムウハーバルソープ

    女性の悩みを叶えてくれるLC(ラブコスメ)シリーズでも人気のある商品です。

    デリケートゾーン専用ソープによく使われているジャムウを使用したもので、原産国であるインドネシアハンドメイドで作られています。

    自然由来の成分を多く配合し、日本人に合わせたジャムウを使用しています。

    ・ヤシ油

    ・カミツレ油

    ・アロエベラ

    ・オタネニンジン

    肌に優しく、安心、安全な商品なので、デリケートゾーンにも安心して使うことができます。

    ペマエンジェルレディハート

    可愛らしいパッケージと名前で一見、デリケートゾーン専用ソープとは気が付きませんが、これもれっきとしたケア商品です。

    周りの友達や家族、恋人にバレずにケアができるという面でもおすすめです。

    人気女性ファッション誌をはじめ、美容情報サイト「スキンケア大学」などのメディアにデリケートゾーン石鹸として多数掲載されており、天然素材のみで作られたジャムウ石鹸です。

    また、今話題の美容成分「ホワイト377」を配合しており、黒ずみニオイまでサポートしています。

    さらに、皮膚のバリア力を高めるために、オイルや天然のコンディショニング成分を配合しており、肌をしっかりと保湿してくれています。

    デリケートゾーン専用ソープを使った洗い方

    しっかりと石鹸を使って洗えば、雑菌も繁殖しないし、ニオイもかゆみも黒ずみもなくなる!と思っている方が多いようですが…実際はそうでもないんです。

    年配の方や、親世代の方に聞くと、デリケートゾーンをしっかりと洗えばいいと言われるかもしれませんが、洗い過ぎはデリケートゾーン内の常在菌をも殺してしまい、デリケートゾーンのバランスが崩れてしまいます

    本来いるはずの常在菌がいないことで、今までは自浄作用によって健康な状態を守れていたはずが、この作用がうまく働かなくなり…少しの刺激や細菌にもダメージを受けてしまうような状態になってしまいます。

    デリケートゾーンのバリア機能が弱まってしまうということです。

    また、デリケートゾーンを擦るように洗ってしまうと、肌が大きなダメージを受けて黒ずみ乾燥肌荒れにつながる可能性があります。

    デリケートゾーンを洗う時は、しっかりと洗い過ぎないことが大切なんです。

     

    洗いすぎない方法として『泡パック』というものがあります。

    詳しくはこちらにまとめてあるので、泡パックって何?という方は是非読んでみてくださいね。

     

    洗った後のアフターケア

     

    きれいに洗ったから、それで終わり!ではなく…この後のアフターケアが実はすごく大切なんです。

    洗い終わったばかりのデリケートゾーンは乾燥しやすい状態にあるため、お風呂から上がったらすぐに保湿ケアをすることをおすすめします。

    この保湿ケアの際には、黒ずみケアクリームなどデリケートゾーン専用クリームを使うといいでしょう。

    肌や身体に使うクリームだと、デリケートゾーンには刺激が強すぎてしまう場合があります。

    せっかく、きれいに洗ったのに…クリーム一つで肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるので、クリーム選びにも手を抜かないでくださいね。

    黒ずみケアクリームについては記事を書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

     

    まとめ

    皆さんのデリケートゾーンの洗い方は合っていましたか?

    ほとんどの方がもっとゴシゴシと洗っていたのではないでしょうか。

    そういった洗い方をしていた方は、もしかしたらこの「泡パック」というやり方では物足りないように感じるかもしれませんが、洗い過ぎは常在菌までも洗い流してしまい、トラブルの原因になりかねないので注意してください。

    自分に合ったソープを使って、正しい洗い方をマスターし、アフターケアまでしっかりと行うことで、フレグランスのニオイでごまかさなくてもよいほどにニオイは改善します。

    毎日のケアが大切ですので、ぜひ続けてみてください!

     

    おすすめ記事

    ヨーグルトパックの効能は?

    最近よく、「ヨーグルトパック」という言葉を聞きませんか? この間、ドラッグストアに行ったときにたくさんのヨーグルトスキンケアシリーズがあって驚きました! ロイヤルゼリーやローズエキスなどであれば、いか ...

    【黒ずみクリームレビュー第3弾】アットベリーを使ってみた!

    先日、【黒ずみクリームレビュー第2弾】と題してイビサクリームについての商品説明やレビューを行いました。 クリームの成分などの基本的な情報から、期待できる効能や、実際に使ってみた率直な感想を述べたレビュ ...

    みんな使っている!ハトムギ化粧品の魅力って?

    最近、多くのメーカーで見かける「ハトムギ」を用いた化粧品。 自宅を調べてみると、特に意識して集めたわけではないのに、ハトムギ商品がたくさん! 写真にある「ハトムギ保湿ジェル」「ハトムギ超潤クリーム」「 ...

    実はかゆみの原因!?生理ナプキンの選び方を徹底解説!

    女性のみなさんは、近所にある薬局などで『ナプキン』を毎月買っていることかと思われますが、どこを重視して選んでいますか?   ちなみに私の今までのこだわりは、【見た目・吸収力・持ち運びのしやす ...

    [レビュー付き] 種類別!おすすめのリップクリームは?

    そろそろ乾燥が気になる季節。 そんな時期に買っておきたいのが「リップクリーム」ですよね。 でも、ドラックストアや通販サイトでリップクリームを調べてみると… いろんな種類があって、値段もピンからキリまで ...