万能アイテム【重曹】デリケートゾーンの黒ずみにも効果アリ⁉

投稿日:2017年8月8日 更新日:

    重曹の万能さって知ってる?

    料理や掃除などに使われることの多い「重曹」

    様々な使い道がありますよね。

    例えば、台所・換気扇・食器の油汚れ、コップの茶渋、野菜のあく抜き、お風呂やトイレのニオイ消し、アクセサリーの汚れ落とし、食材を柔らかくする、魚の生臭さ解消、服の汚れ落とし…などなど。

    パッと思いつくだけでも、日々の生活の中でこんなにもたくさんの使われ方をしています。

    一家に一つはあるそんな「重曹」ですが…

    実は今、“美容の世界”でも注目を集めているそうなんです!

    大掃除のためにたくさん買った重曹ですが、余ってしまったので何かに使えないかな?と思っていたところにちょうど耳にしたのが「重曹パック」でした。

    重曹を水でこねて、肌につけるだけで余計な汚れや黒ずみを落としてくれるそうなんです。

    重曹は価格も安く、簡単に手に入れることができるので、そんな重曹で長年悩んでいた黒ずみがなくなるのであったら、もっと早くに出会いたかったと思い、さっそく噂を検証してみることにしました。

    掃除のときに汚れを落としたり、シュワシュワと炭酸のようにはじける清涼感のある重曹なら、確かに黒ずみや皮膚の汚れを取ってくれるような気がしました。

    そこで、この美容における「重曹」についてもっと詳しく調べてみました。

    美容って何に使うの?

    美容における重曹の使い道を調べてみると、次のようなものがありました。

    歯磨き

    歯ブラシに直接重曹をつける方法と磨きやすくするためにハッカ油グリセリン混ぜてペースト状にする方法があります。

    これらを歯ブラシにつけて、あとは普通に歯を磨くだけ!

    主に重曹にはホワイトニング効果があると言われていますが、更に効果を高めるためにイチゴをつぶしたものを重曹と混ぜるといった方法もあります。

    うがい

    ティースプーン1杯の重曹(3g)を、水が入ったペットボトル(500ml)に入れて振って溶かします。

    ある程度重曹が水に溶けたら、歯磨き後や飲食後にこの水でうがいをします。

    この重曹水は冷蔵庫で1週間ほど保存可能なので、一度作れば後はうがいをするだけです!

    入浴剤

    浴槽の水200ℓに対して、40gの重曹を溶かすだけ!

    (重曹の目安としてはお湯の五分の一の量のなります。)

    これだけでアルカリ温泉と同じ効果が得られるそうなんです。

    また、炭酸入浴剤をつくるときはここにクエン酸を少し加えるといよいでしょう。

    また、アロマオイルなどを垂らしても入浴剤として楽しめそうです。

    ピーリング

    普段使用している洗顔石鹸か洗顔フォームを泡立て、そこに一つまみの重曹を加えて顔を洗います。

    いつもより、優しく洗うことを心がけてください。

    顔全体を優しく洗ったら、そのまま顔をすすぎ、泡を落としていきます。

    しっかりとすすぎ残しがないように洗ったら、終了です。

    終わった後はしっかり保湿を行ってください。

    足湯

    足首ぐらいまで浸かれる洗面器を用意し、そこにお湯を入れたら、重曹を小さじ1~2杯ほど加えて足を浸けます。

    この時十分に効果を感じるためには、足湯をする前にしっかりと足を洗っておいてください。

    足の甲から裏はもちろんのこと、指の間まで洗っておくと、しっかりと残った汚れを落とし、消臭してくれます。

    スキンケア

    重曹を水でペースト状にし、毛穴の汚れなどが気になるところにつけたら、優しくクルクルとマッサージを行い10分後に優しく洗い流します。

    流しのこしの無いようにしっかりと洗ってください。

     

    ひと通りいろいろな美容においての重曹の使い方については見てきましたが、なぜ重曹はこんなにも美容に使われているのでしょうか?

    重曹の成分などに注目して調べてみました。

     

    重曹に含まれる成分と効用

    そもそも「重曹」とは、「炭酸水素ナトリウム」のことです。

    料理などに使われる場合は、ベーキングパウダーの一種の「ベーキングソーダ」という名前でも使われています。

    このことからわかるように、重曹は口に入れても無害な安心なものなのですね。

    重曹には、口に入れても無害ということ以外にも様々な特徴があります。

    • 油分を分解する
    • ・たんぱく質を分解する
    • ・弱アルカリ性で低刺激
    • ・酸性のものを中和する
    • ・水に溶けにくい細かな粒子が含まれている
    • ・酸性のものや熱に反応して発泡する
    • ・身体を温める

    などが挙げられます。本当に様々な特徴があるのですね。

    これなら、お掃除から美容まで様々なところで活躍しているのも納得がいきます。

    それでは、先ほど紹介した美容における重曹の活用方法がなぜ成り立つのかを見ていきましょう!

    歯磨き

    ⇒水に溶けにくい細かな粒子が含まれている・たんぱく質を分解する・口に入れても無害の3つの特徴を生かした活用方法です。

    水に溶けにくい細かな粒子がクレンザーような役割を果たして、歯についた汚れを落とし、ホワイトニング効果を発揮します。

    また、歯垢の原因となるたんぱく質を分解することで、ホワイト二ングだけでなく歯みがきとしても効果を発揮します。

    うがい

    ⇒上記の歯磨きと同じことが言えます。

    さらに、重曹の消臭効果によって口臭の防止にもつながります。

    入浴剤

    ⇒油分を分解する・弱アルカリ性で低刺激・身体を温めるの3つの特徴を生かした活用方法になっています。

    油分を分解するため、皮脂などの肌の表面の汚れを浮かせて取り除くことができます。

    また、弱アルカリ性低刺激なので皮膚にも優しくケアすることができます。

    さらに、最大の特徴である身体を温める効果によって、身体の芯から温まることができます。

    ピーリング

    ⇒油分を分解する・たんぱく質を分解する・水に溶けにくい細かな粒子が含まれているの3つの特徴を生かした活用方法になっています。

    この中でも特に、水に溶けにくい細かな粒子が含まれているという特徴によって、ボディスクラブのように身体に塗って擦ることによって余計な皮膚汚れや古い角質などを落とすことができます。

    ・足湯

    ⇒油分を分解する・たんぱく質を分解する・身体を温めるの3つの特徴を生かした活用方法になっています。

    油分とたんぱく質の分解で、表面の角質を柔らかく、清潔に保ちます。

    また、身体を温めるで冷えやすい末端の部位である足も温めることができます。

    スキンケア

    ⇒油分を分解する・たんぱく質を分解する・弱アルカリ性で低刺激の3つの特徴を生かした活用方法になっています。

    油分とたんぱく質の分解は前述したとおりです。

    また、弱アルカリ性で低刺激で刺激を受けやすい顔の肌にも使うことができます。

     

    全て、化学的にも理にかなった使い方なのですね。

    しかし、市販の化粧品や処方された薬と違って、自分で作ることが多い重曹を使った美容方法。使い方やケアを間違えていたリ、誤った知識のもと続けていると、せっかくの美容のためのケアが台無しになってしまいます。

    そこで、ケアを行う際に私たちが気を付けないとならないことについてみていきましょう!

    スキンケアに使う時の注意

    注意が必要な重曹を使った美容方法スキンケアがあります。

    重曹には前述したように、水に溶けにくい細かな粒子が含まれています。

    この粒子はスクラブとしてかかとなどのピーリングに用いる際は必要なのですが、顔の肌などのデリケートな場所に使われるのにはあまり向いていません。

    たんぱく質や油分の分解など、嬉しい効果が期待できる反面、肌を傷つけてしまうかもしれないというリスクも潜んでいます。

    この粒子による研磨作用があると皮膚を不用意に傷つけてしまうだけでなく、その傷の部分から炎症を起こしてしまうなどの二次トラブルに発展しかねません。

    こういったリスクなども含めて考えると、黒ずみを治すには黒ずみケアクリームを使うことが一番ではないでしょうか?

    研磨作用がなくても、美白成分によって汚れた角質を取り除き代謝を促すこともできますし、また乾燥を防ぐためのうるおい対策もできるので、肌を傷つけることなく黒ずみを治すことができます。

    黒ずみのケアクリームにはさまざまな種類があります。

    どれを買っていいかわからない?そもそも黒ずみケアクリームって?とお思いの方は…

    黒ずみクリームについてはこちらの記事をご覧ください!

    以上のことから、掃除や料理には便利な重曹ですが…お肌の敏感な場所に使う際は、研磨作用があることを念頭に置いて細心の注意を払ってご使用ください。

    汚れ落としだけでは物足りない!という方には、美白効果・代謝アップ・ターンオーバーの促進などを促す効果もある黒ずみケアクリームをおすすめします。

    これ一本で、美白ケアから保湿ケアまで行うことができます。

    さらに、毎日たった二回塗るだけ!

    重曹パックをつくる手間もかかりません。

    是非、試してみてください!

    おすすめ記事

    テレビ雑誌でよく見る「肝斑」って?黒ずみ?

    テレビCMや雑誌などでも最近見かけるようになった「肝斑(かんぱん)」って一体どんなものだかご存知ですか? なんとなく…シミみたいなやつ? ちょっと色が黒っぽくなるやつ? みたいなイメージが多いかと思い ...

    実はかゆみの原因!?生理ナプキンの選び方を徹底解説!

    女性のみなさんは、近所にある薬局などで『ナプキン』を毎月買っていることかと思われますが、どこを重視して選んでいますか?   ちなみに私の今までのこだわりは、【見た目・吸収力・持ち運びのしやす ...

    スソワキガってSEXでうつる?

    皆さんは「スソワキガ」ってご存知ですか? 生理期間中やSEX中に何とも言えない不快なニオイを感じたことはありませんか? それ…もしかしたら「スソワキガ」かもしれません。 スソワキガとは、アソコのニオイ ...

    デリケートゾーン、良いニオイのソープで洗っているから大丈夫?

    良いニオイのソープで洗っていても…根本的なニオイの解決にはならない⁉ 生理期間中やその前後に限らず、椅子に座ったりすると下から臭ってくる何ともいえないニオイ… そんな不快なにおいをごまかすために、デリ ...

    ブーム到来⁉固形せっけんの人気のヒミツ

    皆さんは「固形せっけん」を使っていますか? 固形せっけんとは…脂肪酸と水酸化ナトリウムを反応させた「脂肪酸ナトリウム」によってできている石鹸。水で溶かしながら、泡立てて使うもの。 昔からよく使われてい ...