いつも履いているストッキングやタイツが蒸れて、黒ずみや痒みの原因に!?

投稿日:

    働く女性や学生さんの中には、ストッキングタイツを日常的に履いているという方も多いのではないでしょうか?

    特に秋冬はおしゃれをしつつ寒さ対策のできるカラータイツなんかは重宝しますよね。

     

    しかし、夏場や生理の期間中はどうしてもムズムズしたりして、蒸れてしまうなんてこともあると思います。

    締め付けられていたり、通気性が悪かったり…実は、ストッキングやタイツは肌トラブルの原因になりやすいんです!

     

    デリケートゾーンのかゆみの原因

    結婚するまでコールセンターに勤務していた私は、スカートスーツにストッキング、パンプスといういかにもOLなスタイルで毎日を過ごしていました。

    肌の極端な露出を防ぐため、時には身体を冷やさないためにも必需品だったストッキングですが、ストッキングを履いたまま座っていることが多かった私は、よくデリケートゾーンが蒸れて痒くなってしまうことがありました。

    常に座りっぱなしの勤務で脚がむくむので、着圧のストッキングを履くこともあり、デリケートゾーンやデリケートゾーンと足の境目(Vラインのあたり)が締め付けられたり、不快になることもありました。

    夏場だけだと思っていたこの蒸れですが、冬場に起こることもあって、蒸れからおこるデリケートゾーンの痒みで悩んでいました。

    デリケートゾーンの病気

    もしかしたら、皮膚の病気かも!?それともまさか性病!?

    と不安に思うことがありましたが、場所が場所だけになかなか相談することができずにいました。

    実際に、痒みが主な症状として挙げられる病気は数多くありますが、痒みを伴うもので代表的なものだと、腟トリコモナス症、膣カンジダ、クラミジアなどが挙げられます。

    こうした病気であった場合、パートナーに感染させてしまう可能性が出てきてしまうので、早い段階での発見・治療が求められます。

    また、女性にこうした症状が発症し、菌や病気が卵管や子宮にまで広がってしまうと、不妊にもつながる可能性があります。

    当時、今の旦那と交際をしていたこともあり、不安だったのですが…性病の症状には当てはまらず、かゆみとムズムズに悩まされていました。

     

    ストッキング・タイツ

    そこで、私は勤務先の中でも特に信頼している先輩に恥を忍んで相談してみました。

    その時に先輩に教えてもらったのが、太もも丈のセパレートストッキングでした。

    実は先輩もこの仕事を始めたばかりのころ、私と同じような痒みや蒸れといった症状に悩まされ、見つけたのが太もも丈のセパレートストッキングだったそうです。

    太ももの真ん中あたりまであるストッキングだから、デリケートゾーンは解放されていて蒸れの心配はありませんし、ひざ丈のスカートでもストッキングのように見えるのでとても便利でした。他にも、ガーターベルトなどを利用している人もいると聞きました。

    先輩に相談してみて思ったことは「女性ならだれもが一度は悩むことなんだ!」ということでした。あの時相談しておいてよかった、と今になっては思います。

    実際に、ストッキングから太もも丈のセパレートストッキングに換えてみると、デリケートゾーンのかゆみは軽減し、夏場や生理中も快適に過ごせるようになりました。

    仕事を辞め、専業主婦になった今でも、セパレートストッキングは友達とちょっとおしゃれをして出かける時や冠婚葬祭などの際にも役立っています。

     

    ストッキング着用時のデリケートゾーンの蒸れ対策アイテム

    ストッキング 蒸れ」でインターネットで検索してみると、たくさんの検索結果があり、太もも丈のセパレートストッキングだけでなく様々なストッキングがあることがわかりました。

    今回はその中でもデリケートゾーンの蒸れに効果の期待できるものを紹介していきます。

    セパレートストッキング

    太ももの真ん中ぐらいまでの長さのあるストッキングで、上の部分にゴムがついています。ニーハイソックスのように履くことができるもので、私も仕事中にはずいぶんお世話になりました。また、長さも膝上丈、膝下丈、くるぶし丈と種類があります。膝下・ふくらはぎ・くるぶしの3つのタイプは「ショートストッキング」とも呼ばれます。

    サスペンダーストッキング

    ヒップの部分があり、サスペンダーでニーハイソックスをつないでいるような形になっています。また、太ももの部分からヒップの部分にかけて穴があいているので、通気性がよくムレにくいです。さらに、ガーターベルトなしで着用できるので便利で楽チンです。着用の際は、ショーツを上から履くと、トイレの際に便利です。

    クロッチレス

    太ももの上部のサイドと、その名の通りクロッチの部分がないため、デリケートゾーン周辺の通気性が非常に良いです。クロッチの部分はありませんが、靴下のようにはならず、右側と左側がつながっているので便利です。

     

    ※丈の長さを簡単にまとめてみました。

    ミラクルストッキング

     耐久性に優れたナイロン繊維を使用しハイゲージ編みにすることで、伝線しにくく、きめ細やかなストッキングです。また、通気性が高いのでムレにくくなっています。ポリウレタンゴムを使用していないため、心地よいフィット感がありながら締め付け感がなくラクな履き心地です。

    夏用ストッキング

    薄手の生地になっている夏用ストッキングは、通気性がよく、汗をかくことも想定されているので、蒸れにくいストッキングです。冬場も、暖房の効いた屋内や、生理中、重ね着をした際には蒸れやすくなっているので、季節にこだわらず、夏用ストッキングを履いてみるのもいいかもしれません。

    ガーターベルト

    ゴージャスな下着に付けるようなイメージが強く、難しそうですが…一度やり方を覚えてしまえば、蒸れを防ぐことのできるオシャレで便利なアイテムです。歴史も古く、ヨーロッパでは12世紀ごろから使われていたそうです。また結婚式の際、花嫁の行うブーケトスに加えガータートスというものもあり、女性とガーターベルトのつながりは深いものかもしれません。

    エアストッキング

    初めて聞くという方も多いのではないでしょうか。エア=空気のストッキング?直訳するとそうなります。実際は、スプレータイプのボディファンデーションで、ストッキングを履かずに、きれいな脚にすることが出来るというものです。ストッキングではないのですが、夏場の暑い時期や、傷跡などが気になってストッキングを履きたいけれど、面倒くさいという時などに使われています。毛穴レスのようなすべすべとした触り心地に、艶が感じられ、引き締まった見た目で女性から注目を集めています。もうどうしても、ストッキングを履きたくない!という時はこのエアストッキングに挑戦してみてもいいかもしれません。

    上記のものが便利な対策アイテムとして挙げられます。

     

    私が知っていた太もも丈のセパレートストッキングやガーターベルト以外にも多くの商品があり、場面や季節によって使い分けることもできますね。

    また、ストッキングのデニールの数の少ないものを選ぶことで蒸れを少しでも軽減できると思います。

    他にも、ストッキングの蒸れにはデリケートゾーンだけでなく、足の裏もよくあるそうなので、5本指ストッキングやインナーソックス、汗取り底入りストッキング、靴下の重ね履きなどもおすすめです。

     

    まとめ

    仕事や時間の関係で蒸れていると感じていても、少しだけだし…と我慢しがちですが、治療や対処をせずに放置しておくと、痒みが広範囲になったり、性病、不妊、皮膚炎、黒ずみなど様々なトラブルを引き起こすことがあります。

    蒸れによって、肌のバリア機能が弱まっている状態で、患部を引っ掻いたり、こすったりするとそのダメージが黒ずみの生成につながる可能性もあります。

    休み時間や、何時間か置きには席を立って通気性をよくしたり、塗り薬を塗るなど工夫をしてみてください。

    デリケートゾーン専用のクリームについても書いているので、ぜひ参考にしてみてください!

    一日の中の少しの気遣いや工夫で蒸れや不快感は大幅に改善するはずです。

    蒸れにくい便利グッズや、塗り薬で一刻も早い対処を行ってみてください。

    おすすめ記事

    黒ずみが気になる ~出産後編~

    黒ずみが気になるシリーズとしていくつか記事にさせて頂きましたが、今回は特別編として出産後について取り上げていきたいと思います。 それでは、黒ずみが気になるシリーズ第7弾です! 前回の妊娠編では、ホルモ ...

    【黒ずみクリームレビュー第4弾】ホワイトラグジュアリープレミアムを使ってみた!

    前回、【黒ずみクリームレビュー第3弾】と題してアットベリーについての商品説明やレビューを行いました。 アットベリーはお手頃の値段でありながら、身体全身に使うことができるとあって、レビューではワキだけで ...

    VIO脱毛、どこが一番安い?【エステ脱毛編】

    最近、身近になってきたVIO脱毛(デリケートゾーン脱毛/ハイジニーナ脱毛)ですが・・・ なんとなく痛そうだし、高そうだし、恥ずかしいし・・・と興味はあるものの実際に脱毛できている人は少ないのではないで ...

    【まずはコレから!】黒ずみの原因が知りたい!

    お風呂でハッと自分の身体を見た時に「えっ…これって黒ずみ!」なんて思った経験があるという方も多いのではないでしょうか? しかし、半分の方が黒ずみに気がついてもそれなりのアクションを起こせずにいるのが現 ...

    出来てしまった色素沈着、隠し方は?

    これから、夏本番!! 冬にはできない思い切ったオシャレを楽しめる季節なので、 薄着になってきて肩を出したり、足を出したりする人も多くなってくるのではないでしょうか? また、夏休みなどの長期休みには…海 ...