アンダーヘアの処理と黒ずみの関係

投稿日:

    最近、気にする女性たちが増えたアンダーヘア

    あなたは何かアンダーヘアのお手入れをしていますか?

    アンダーヘアのお手入れ

    アンダーヘアの脱毛が一般的になり、注目され始めたアンダーヘアのお手入れですが、さまざまな方法がありますよね。

    コストはかかるけれど、早くきれいに終わるものから、コストは抑えて、時間のかかるものまであります。

    皆さんはどのような方法でお手入れしていますか?

    たくさんのお手入れ方法がありますが…実はその中のいくつかが、あなたのデリケートゾーンの黒ずみを助長しているかもしれないんです!

    えっ!?お手入れしたほうが清潔になるし、見栄えもいいのになんで??

    と思われる方も多いかもしれませんが、実はデリケートゾーンのお手入れは皮膚に大きなダメージが加わっているのです。

    アンダーヘアのお手入れと黒ずみ

    アンダーヘアの生えているデリケートゾーンは、身体の皮膚の中でも特に薄い部分で、瞼と同じぐらいの皮膚の薄さだと言われています。

    毛を剃るつもりでも、少なからずお肌にダメージはかかってしまいます。

    それが、何度も繰り返されることによって、肌は刺激に反応してメラニン色素を分泌してしまいます。

    ただでさえ、湿気が多く蒸れや摩擦が起きやすいデリケートゾーンが、処理によってダメージを定期的に与えられていたら…と想像するだけでも恐ろしいです。

    しかし、お手入れは続けていきたいですよね。

    では、どのようなお手入れの方法が最もダメージが少なくて済むのでしょうか?

    アンダーヘアのお手入れ方法のメリットとデメリットについて一つずつ見ていきましょう!

    お手入れ方法一覧

    ・カミソリ・シェーバーでの剃毛

    ・毛抜きやワックスで毛を抜く

    ・除毛クリーム

    ・ヒートカッター

    ・ワックス脱毛

    ・レーザー脱毛

    ・光脱毛

    お手入れ方法メリット・デメリット

    それでは、先ほど紹介したお手入れ方法のメリットとデメリットについて見ていきましょう!

    カミソリ・シェーバーでの剃毛

    メリット

    手軽で簡単

    一度に広範囲の処理が可能

    コスト控えめ

    ・デメリット

    周期が短い

    チクチクする

    肌への負担が大きい

    毛抜きやワックスで毛を抜く

    ・メリット

    周期が長い

    チクチクしない

    コスト控えめ

    ・デメリット

    痛みが大きい

    皮膚へのダメージが大きく、埋没毛を引き起こすリスクが高い

    時間がかかる

    除毛クリーム

    ・メリット

    簡単・手軽

    傷ができない

    一度に広範囲の処理が可能

    ・デメリット

    肌にダメージがかかる

    周期が短い

    粘膜には使用不可の薬剤がほとんど

    ヒートカッター

    ・メリット

    チクチクしない

    簡単

    肌への負担が少ない

    ・デメリット

    毛は残っている

    時間がかかる

    広範囲の処理には向かない

    ワックス脱毛

    ・メリット

    広範囲の処理が可能

    自分でもできる

    一回分のコスト控えめ

    ・デメリット

    痛みが大きい

    肌へのダメージが大きい

    埋没毛のリスクが高い

    レーザー脱毛

    ・メリット

    ほぼ永久的に生えない

    自分では処理できないところも処理出来る

    希望する範囲のみの脱毛が可能

    ・デメリット

    痛いが伴う

    コストがかかる

    周期は長めだが定期的に通う

    光脱毛

    ・メリット

    皮膚へのダメージが少ない

    自分では処理できないところもできる

    レーザーよりも痛みが少ない

    ・デメリット

    レーザーよりも毛が再生しやすい

    レーザーよりも周期が短い

    レーザーのように永久的に脱毛はできない

    アンダーヘアのお手入れで注意すべきこと

    前述しましたが、デリケートゾーンは身体の皮膚の中でも最も薄い部分の1つです。

    そのため、皮膚がダメージに過敏に反応し、自らの皮膚を守るためにメラノサイトからメラニン色素を大量に分泌させてしまい…黒ずみにつながってしまいます。

    そこで、アンダーヘアのお手入れをするうえで重要なのは…以下の3つになります。

    1.皮膚に過剰な負担がかかっていないか

    カミソリなどの刃がついているものでの手入れは皮膚に歯が当たり、角質も毛と共に剃ってしまうために過剰な負担となってしまっています。

    また、毛抜きなどの方法は埋没毛などを起こすほど刺激の強いものなので、注意が必要です。

    2.お手入れを行う周期は短すぎないかどうか

    剃ったり、溶かしたりするものだと、一日経てばチクチクと毛が生えてきてしまい、翌日も処理をすることになってしまいます。

    そのため、周期が短くダメージを与えられる回数も多くなってしまうので、おすすめできません。

    3.何回行わなければならないのか

    レーザー脱毛の場合は永久脱毛を行うことができますし、ブラジリアンワックスや光脱毛の場合はだんだんと生える毛が薄く柔らかくなっていくので、半永久的な脱毛を行うことができますが、シェーバーなどは何度も生えてくるので永久的に行わなければなりません。

    それらのことを長期的に考慮したうえで、自分の肌の負担について考えてみてください!

    まとめ

    さまざまなアンダーヘアのお手入れ方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

    どれがいいお手入れ方法なのか?悩むところですね。

    最善のお手入れ方法を探すために調べてきましたが、どの方法にもメリットとデメリットがあって、これさえしていれば大丈夫!という方法はありませんでしたよね。

    つまり、万人に合う最善の方法などありません。

    しかし、あなたに合う最善の方法ならあるはずです。

    アンダーヘアのお手入れをするうえでどの方法が一番自分に合っているのか?是非、今回の記事の一覧表をもとに探してみてください!

    おすすめ記事

    【検証】ビキニトリマーとは?

    そろそろ暖かい季節だし、ビキニラインやデリケートゾーンのお手入れをちゃんとしたいっ! と思っているオトナ女子もきっと多いはず… でも、お手入れって言っても何から始めていいのかわからない!? パパッと脱 ...

    黒ずみが気になる~10代編~

    今までは、黒ずみの箇所についての記事や原因に注目したものが多かったのですが、今回は年齢別の黒ずみに関する悩みについてもみていきたいと思います。 そこで…黒ずみが気になるシリーズとして皆さんの悩みに少し ...

    ヴィエルホワイト

    今回は数多くの女性誌に注目され、顧客満足度93.7%を実現する「ヴィエルホワイト」についてみていきたいと思います。 クリームの外見 黒ずみケアクリームなどの商品に関わらず、重要になってくるのは商品の形 ...

    VIO脱毛、どこが一番安い?【医療脱毛編】

    前回、作成した記事「VIO脱毛、どこが一番安い?【エステ脱毛編】」では、VIOを脱毛するにあたり、どのエステサロンで脱毛するのが一番安いのか?について紹介しました。 詳しくはこちらをご覧ください↓↓ ...

    血行不良が黒ずみの原因?

    夏も終わり、木枯らしも吹いて、より肌寒くなってくる季節ですよね。 服装も夏服から秋服、冬服へ変えたり、衣替えの時期ではないでしょうか? そこで、肌の露出も少なくなるので、これから来年の夏に向けて脱毛を ...