わきが?すそわきが?判断方法ってある?

投稿日:

    なんか、汗とは違う変なニオイがするかも?

    うちの子供、小さい頃はこんな汗のニオイしなかったのに…思春期になったら急にニオイが変わった?

    そんな汗のニオイの変化を感じたら疑うのが…「腋臭症(えきしゅうしょう)」

    「通称:わきが」ではないでしょうか?

    納豆のニオイ、酢のニオイ、香辛料のニオイなどと形容される「わきが」ですが…このニオイの位置が変わると「すそわきが」と呼ばれます。

    今回はそんな「すそわきが」について「わきが」の症状などを具体的に挙げながら見ていきたいと思います。

     

    「わきが」って何?

    そもそも「わきが」とは何なのでしょうか?

    わきがとは、ワキの下(腋窩部)から運動や気温の変化によってかいた汗のにおいが特有であり、衣服などにつくと黄色っぽいシミをつくることがある汗腺の異常疾患です。

    わきがの症状・特徴

    主にわきがの症状はその独特のニオイです。

    ニオイは人によって感じ方が異なり、なんとも形容しがたいものですが…

    よく言われている例を4つに分けて挙げてみました。

    • 鉛筆の芯のようなニオイ
    • クミン(香辛料)のようなスパイスのニオイ
    • 劣化したプラスチックのニオイ
    • 玉葱やネギなどのニオイ

    上記のように言われています。

    また、一般的に「汗臭い!」と言われているエクリン腺の皮脂と雑菌の混ざったニオイ(少し酸っぱい感じのニオイ)とわきがのニオイは異なります。

    このエクリン腺の場合は、大部分は水のため臭いがそこまできつくはなりません。

    それでは、わきがの原因となるニオイはどこからくるのでしょうか?

    わきがのメカニズム

    わきがのニオイの原因となるものは、アポクリン腺と呼ばれるところから分泌された汗と常在菌が混じり合ったときに発生します。

    しかし、上記で説明したエクリン腺の場合の雑菌とは異なりアポクリン腺と常在菌との反応によって、このような臭いが発生してしまうのには理由があります。

    アポクリン腺の汗はエクリン腺の汗とは異なり水分以外の成分の多く含まれるためこうした反応を起こしやすくなっています。

    また常在菌は雑菌とは異なり、健康で清潔な状態であっても皮膚の表面上に滞在している菌です。

    そのため、このニオイの元である常在菌を完全に取り除くことはできません。

    しかし常在菌は誰の皮膚にも存在しているため、わきがではない人もこの反応が起こっているはずですよね。

    なぜ、わきがの人だけ臭うのでしょうか?

    実際にはわきがでない人も多少はこの反応が起こっていると考えられていますが…

    わきがではない人はアポクリン腺から出る汗の量が少なく、汗の中の成分の違いなどから独特なニオイが発生しにくいと考えられています。

    反対にアポクリン腺から必要以上に汗が出ているという人がわきがになりやすいのです。

    つまり、わきが自体がアポクリン腺の異常状態から起こるものなのです。

    わきがの原因

    主なわきがの原因として考えられるのは以下のものになります。

    • 遺伝によるもの
    • 体質
    • 睡眠不足
    • 多量飲酒
    • 過度なストレス
    • 食生活
    • 毛穴のつまり

    私たちの身近な原因であるということがわかっていただけるかと思います。

    特に睡眠不足や多量飲酒、過度なストレスや食生活などは現代人の陥りやすいもので、これらはわきがだけでなく様々な疾患を引き起こします。

    そのため、わきがのようなニオイが気なった場合は、まずはご自身の生活習慣やストレスについて考え直してみてもいいかもしれません。

    また、はじめに挙げた遺伝によるものですが…これは自分の親族にわきがの人がいた場合、かなり高確率でわきがになるというデータに基づいたものです。

    わきがは優性遺伝すると言われており、東アジア人の5~15%(比較的少数)の人がわきがの遺伝子を持っていると言われています。

    もともと東アジアの人々は、食生活的にも野菜や魚を中心とした食生活であり、わきがになりにくい体質だと言われてきましたが…

    食文化の変化などからわきがの割合が増加しているとも言われています。

    さらにもともとわきがの人の割合が少なかったため、ニオイに敏感であり不快感を感じやすくなっているそうです。

    香辛料を頻繁に使用する国や地域などではわきがにそれほど敏感ではないことが多く、文化によってもとらえ方が異なるようです。

     

    「すそわきが」って何?

    先ほどはわきがについてその原因や特徴などを説明しました。

    それでは「すそわきが」とは一体何なのでしょうか?

    すそわきがも名前に「わきが」と入っているように、基本的なことは同じです。

    しかし、そのニオイのもととなる場所がワキではなく…デリケートゾーンということです。

    アポクリン腺が多く存在するのは、ワキ以外にも乳輪やデリケートゾーンです。

    この中でも特にデリケートゾーンからのニオイが気になる場合を「外陰部臭症」といい、一般的には「すそわきが」と呼ばれています。

    すそわきがの症状・特徴

    わきがと同様にすそわきがも独特なニオイが発生します。

    その場所がデリケートゾーンというだけで後は何も変わりません。

    ワキに黄色いシミがつくことがあるとわきがの際に説明しましたが、すそわきがの場合もショーツなどに黄色いシミがつくことがあります。

    また、場所の違いからか…わきがのときに形容したようなニオイも感じるのですが、それよりも以下のようなニオイと感じる人が多いようです。

    • チーズが腐ったようなニオイ
    • 魚のような生臭さ

    デリケートゾーンは身体の中でも汗以外の分泌物の多い場所です。

    そのため、おりものや経血、排泄物などのニオイと混じって上記なようなニオイに感じられる場合があります。

    すそわきがのメカニズム

    このメカニズムはわきがと基本的に同じになりますが…

    デリケートゾーンの分泌物や排泄物のニオイと混じって、わきがとは少し異なる臭いを発する場合があります。

    また、ワキよりも通気性が悪く蒸れやすい場所なので雑菌が繁殖しやすくなっています。

    そのため、アポクリン腺から分泌された汗によるニオイが強くなりやすくなっています。

    すそわきがの原因

    こちらも基本的にわきがと違いはないのですが…

    すそわきが自体は非常に女性に多いと言われています。

    分泌物が多いことや、通気性の悪い状態が多く蒸れやすいことなどもその原因として挙げらえます。

    また、アポクリン腺は緊張や興奮した状態において活性化するため、そうした場面では少しニオイに気を付けて見たほうがいいかもしれません。

     

    すそわきとわきがの違い

    それではこの「わきが」と「すそわきが」の違いは一体何なのか?

    今まで見てきた症状や原因、メカニズムをもとに表にしてみました!

    (※赤字で示したものは、異なっている項目です。)

    表を見ていただければわかるように一番の大きな特徴は、臭いが気になる「場所」です。

    この場所がわきであるか?デリケートゾーンであるか?によって大きく変わってきます。

    • わき⇒わきが
    • デリケートゾーン⇒すそわきが

    また、ニオイの感じ方の幅があるのがすそわきがの方になります。

    これは分泌物や排泄物が多いために起こることです。

    また、なりやすい人に男女差があらわれていました。

    すそわきがの方が多くの女性を悩ませているのですね。

    そして、最後の気が付きやすい人ですが…これはすそわきがの方には恋人が当てはまります。

    デリケートゾーンという場所であることはもちろんですが、緊張や興奮などの感情の伴う性行為時に恋人がすそわきがのニオイに気が付くことが多いそうです。

    また、すそわきがに悩んでいる女性の多くが「ちちが」にもなっている可能性が高いそうです。

    ちちがとは…バストトップの中でも乳輪などの毛穴から出る汗のニオイがわきがやすそわきがに近いもので、汗の量が非常に多い状態のことを言います。

    ワキやデリケートゾーンに比べると毛穴の量も少なくニオイの程度は低いですが、顔に近い位置ということからすそわきがよりも不快感を感じやすいと言われています。

    また、わきがやすそわきがと比べると認知度が低いことから、変な病気ではないかと不安になってしまう方も多いそうです。

    この「ちちが」もメカニズムはわきがやすそわきがと変わりませんので、これらと同じような対処法が求められます。

     

    すそわきがの判断方法

    それでは「すそわきが」かどうかを判断する方法を紹介します。

    まず、すそわきがになりやすいタイプなのかどうかを調べます!

    以下の項目に当てはまるかどうか実際に調べてみてください。

    • 耳垢がベタベタしている
    • アンダーヘアや脇毛が濃い
    • 親がわきがまたはすそわきがである
    • デリケートゾーンに汗をかきやすい
    • 思春期からニオイが強くなった
    • 食生活の中で動物性たんぱく質を多く摂取する

    上記の項目にいくつ当てはまりましたか?

    4つ以上当てはまった方は、わきがやすそわきがになりやすい体質であると言えます。

    それでは、次に実際にすそわきがになっているかどうか?を考えていきましょう!

    以下の項目に当てはまるかどうか実際に調べてみてください。

    • アンダーヘアに白い粉が付く
    • ショーツが黄ばみやすい
    • デリケートゾーンの汗の量が多い
    • トイレの際や、性行為の際にデリケートゾーンのニオイが気になる
    • パートナーや家族からニオイを指摘されたことがある
    • バストトップからも変なニオイがする(ちちが)

    上記の項目にいくつ当てはまりましたか?

    2~3つ以上当てはまった方はすそわきがの可能性があります。

    しかし、多汗症とすそわきがの見分けは難しく、上記のうち2~3つ当てはまったとしても多汗症である可能性があります。

    そこで、汗症とすそわきがの圧倒的な違いであるニオイに注目してみてください。

    以下のようなニオイを感じる場合はすそわきがの可能性が高いです。

    • チーズが腐ったようなニオイ
    • 魚のような生臭さ
    • ネギ類のツンとした刺激臭
    • 酢のような酸っぱいニオイ
    • 納豆のような発酵臭
    • 鉛筆の芯のようなニオイ

    このようなニオイを強く感じた場合は、形成外科、美容外科の専門医の診断を受け対策を考えたり、治療を受けることをおすすめします。

    あくまでも、可能性を知る指標としてこの判断方法を参考にしてみてください。

     

    併発する恐れのある疾患

    「すそわきが」や「わきが」と併発する恐れがある疾患があります。

    • うつ病
    • 多汗症
    • 自臭症

    この3つがよく言われています。

    さらにこのうち2つは心理的な要因で併発されるもので、わきがであるとわかった後の環境や心理状況で併発リスクが変わってきます。

    うつ病

    気分障害の一種であり主に以下のような症状が見られます。

    • 抑うつ気分
    • 意欲・興味・精神活動の低下
    • 焦燥(しょうそう)
    • 食欲低下
    • 不眠
    • 持続する悲しみ・不安

    わきがやすそわきががきっかけで自分のニオイを気にして精神的に塞ぎ込んでしまうために、併発する恐れが多いものです。

    また、近年ではこうしたうつ病をはじめとする気分障害(うつ病・躁病・躁うつ病など)に生涯で発症する可能性を示した生涯発症率も増加しており、15人に1人以上は気分障害にかかると言われています。そのため、わきがやすそわきがに関わらず注意の必要な疾患です。

    多汗症

    わきがやすそわきがと非常に間違えられやすいものです。

    人は体温調節のために体内から体外へと汗を分泌し、気化熱によって皮膚の表面の温度を下げています。

    そのためのある程度の汗は必要なのですが…その必要な範囲を大きく上回るような日常生活に支障をきたす程の発汗過剰が見られる場合に多汗症と呼ばれています。

    主に以下のような場所に大量の汗をかきます。

    • ワキ
    • デリケートゾーン

    この疾患の場合、わきがやすそわきがのようにアポクリン腺からの汗でなくても、汗の量が多く殺菌と混ざりやすいためにニオイも発生します。

    自臭症

    自分の周りの人から「くさい」「臭う」と思われていると思い込んでしまう疾患で、自臭症以外にも「自己臭症(じこしゅうしょう)」「自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)」などとも呼ばれています。

    実際はそうではないのにそうであると思い込んでしまうことから嗅覚に幻覚が出る「幻嗅」の一種であると考えられています。

    対人恐怖に近い反応を示し、外見やニオイ、表情、行動などが他人を不快にするのではないかという恐怖を感じていることから、社会恐怖にも似ていると考えられています。

     

    すそわきがの治療方法

    すそわきがもわきがも治療によって症状を軽くしたり、治すことができます。

    しかし、保険適用外になる場合が多いので、自分の症状と実際にかかる費用を考えたうえで治療を行うことをおすすめします。

    わきがの場合もすそわきがの場合も基本的な治療方法は同じなのですが、場所の違いから多少の違いが生じるため、今回はすそわきがの治療方法について紹介していきます。

    まず、治療方法を見るにあたって大きく二つに分けることができます。

    それは、患部を切るか?切らないか?です。

    患部を切る治療方法

    患部を切る場合は、デリケートゾーンを切り開いて皮膚の裏側についているアポクリン腺に直接アプローチしていきます。

    • 皮下組織削除法
    • 超音波吸引法
    • シェービング法
    • 根こそぎベイザーシェービング法

    皮下組織削除法

    皮下組織削除法とは、患部に1~5cmほど切開し、ハサミの先にローラーが付いたような器具を挿入し、アポクリン腺などの組織を切除するものです。

    局部麻酔を使用し、皮膚の裏側の組織を均一に取り除きます。

    今までの方法と比べると、かなり革新的なものなのですが…高度な器具を使いこなすことのできる医師の優れた技術が必要になることから、医師の技術不足の場合は汗腺の取り残しが発生してしまう可能性があるので、皮下組織削除法の実績のある医療機関で行うことをおすすめします。

    超音波吸引法

    超音波吸引法とは、超音波を利用して、血管や神経などの重要な器官を避けながら汗腺のみを吸引するものです。

    ハンドピースという吸引管を挿入するための切開は行いますが、そこまで大きな幅ではないので比較的目立ちにくいです。

    また、出血などもありません。

    しかし、中の状態が目視出来ない状態での治療となるので取り残しが生じる可能性もあります。

    シェービング法

    シェービング法とは、小さな傷からシェービングと呼ばれる吸引機などを用いてアポクリン腺を患部の皮膚の裏から取り除くものです。

    患部を切る方法ではありますが、1cmほどの小さな切り口なので表面からはほとんどわかりません。

    また24時間の固定期間はあるものの、ダウンタイムは1~2日程と短く施術時間も40分程度になっています。

    患部を切る方法の中では比較的手軽にできる治療です。

    根こそぎベイザーシェービング法

    根こそぎベイザーシェービング法は、1cm程度の傷からベイザーと呼ばれる器具を患部に挿入し、患部の皮膚の裏側にあるアポクリン腺にベイザー波を当てて焼くものです。

    ベイザーによって焼かれたアポクリン腺が完全に溶けたのを確認して、それらを吸引機で体外へと出します。

    今まで挙げてきた方法とは異なり、熱でアポクリン腺を完全に溶かして、その溶けたものさえ体内に残さないことから完全摘出が可能であると言われています。

    傷口が小さいため、施術時間は40分程度で固定期間も48時間ほどになります。

     

    しかし、こうした患部を切る施術は場所が場所なだけに跡なども残りやすく、生活に使用が出る可能性が高いと言われています。

    上記に挙げた方法はわきがでは、実績もあり信頼されていますが…すそわきがにはまだまだ対応しきれていない状態です。

    患部を切らない治療方法

    それに対して、患部を切らない方法は患部の上から特殊な光を当てたりして皮膚の裏側のアポクリン腺にアプローチしていきます。

    • ビューポット治療
    • ボトックス注射
    • ウルセラドライ
    • ペアドライ(ビューホット+ウルセラドライ)
    • ミラドライ
    • 電気凝固法

    ビューポット治療

    ビューポット治療は、とても細い「ニードルスタンプ」と呼ばれる針を患部の汗腺に挿入し、そこへ高周波を流してアポクリン腺とエクリン腺を熱によって治療していきます。

    この時に流される高周波は最高79℃にまでなり、この熱が皮膚のダメージを最小限に汗腺組織だけを凝縮し、機能を抑制します。

    針を汗腺に挿入するとい聞いて、痛そう…と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、この時マスク麻酔と局所麻酔を使用しているので治療中に痛みを感じることはありません。

    また治療時間は30分程度で、ダウンタイムは1週間ほど必要なものの日常生活の制限や副作用などは特にありません。

    ボトックス注射

    ボトックス注射は、患部に注射を行うことによりデリケートゾーンの汗の量を抑えるというものです。

    施術時間は10分程度で非常に手軽な方法ですが…あくまでも汗を抑えることを目的としているので完治するわけではありません。

    ※すそわきがの程度によってはニオイをおさえきれない場合があります。

    また、このボトックス注射の持続効果は3~6か月程度であるため何度か施術を行う必要があります。

    ウルセラドライ

    ウルセラドライは、患部のお肌の上から超音波を1点に集中させた「高密度焦点式超音波」を照射して皮膚の下にあるアポクリン腺とエクリン腺の組織を破壊する方法です。

    この「高密度焦点式超音波」とは超音波を1点にすることでエネルギーを集めて90℃ほどの高温になり、その力で組織を破壊するというものです。

    この時、患部全体に大きな痛みを感じないように局所麻酔を行います。

    さらにかなり高温での施術となるので、照射後は最新の冷却装置にてお肌を冷却・鎮静を行います。

    ペアドライ(ビューポット+ウルセラドライ)

    ペアドライは、先ほど紹介した「ビューポット治療」と「ウルセラドライ」を組み合わせたものです。

    この場合もデリケートゾーン全体に局所麻酔を行い、その後ウルセラドライ照射を行い、ビューホット照射を行います。

    最後に施術を行った箇所を冷却装置で冷却し、軟膏を塗布してお肌の鎮静を促します。

    2つの治療を行うダブルな施術で、たった一度の治療で半永久的にニオイとはお別れすることができます。

    ミラドライ

    ミラドライは、特殊なマイクロウェーブ(電磁波)を患部のお肌の上から照射することで、お肌の下にあるアポクリン腺とエクリン腺の組織を破壊するというものです。

    この時にマイクロウェーブによって熱のエネルギーが施術に使われているため、お肌の表面がやけどすることのないように冷却装置(プレート)によってお肌の温度を調節しています。

    また、冷却しながらの施術のため施術時間自体も短く、身体への負担が少ないです。

    さらにメスを使って患部を切らない方法なのでダウンタイムも短く日常生活に大きな影響はありません。

    電気凝固法

    電気凝固法は、アポクリン腺のある毛根にマイクロニードルと呼ばれる針を直接刺して、高周波を針から流すことで毛根や汗腺、皮脂腺などの組織を破壊する方法です。

    1つの毛穴に5秒間ほど高周波を流していき、片脇で40分の場合は、400回前後端から1本1本施術を行っていきます。

    この時、局部麻酔を使用しているため痛みの心配はありません。

    また、毛根周辺にある組織の破壊ができるので多汗症にお悩みの方にも効果があります。(汗の量を減らすことができます。)

     

    さまざまなダウンタイムの短い、切らない治療方法がありましたが…これらの方法でも入浴や運動は極力控え、患部を刺激しないようにして皮膚の炎症が収まるのを待ちましょう。

    さまざまな方法の治療方法があることをわかっていただけたでしょうか?

    自分の症状に合った治療方法を是非見つけてみてください!

    おすすめ記事

    ワキのニオイが気になる!

    ワキのニオイって、自分のニオイも気になりますが…それよりも相手のニオイの方が気になってしまいませんか?他にも…相手のニオイがきつくて、もしかしたら自分も!?と思って確認したことはありませんか?自分…

    デリケートゾーン気になるニオイ、この原因は?

    「あ~疲れた!」って椅子に座った瞬間ににおうイヤなニオイ。着替えの時やトイレの時に気になる何とも言えないニオイ。ラブタイムで思わず彼も顔を背けるきついニオイ。心当たりはありませんか?黒ずみに悩まさ…

    気が付いたらできている…お尻ニキビ

    何気なく、椅子に座ろうとしたら・・・ 「痛っ!!」 えっ!?何が痛いの?と思ったら、お尻のニキビだったなんてことありませんか? なかなか治らないし、何度もつぶしてしまったりするので大変ですよね。 そこ ...

    病院で薬を処方してもらう

    黒ずみのケア商品ってたくさん出ているみたいだけど…どれが自分に合っているかわからないし、変な病気だったら嫌だから、病院で診察してもらいたい! なんて方もいるのではないでしょうか? しかし、一言に病院と ...

    《部位別》おしりの黒ずみ

    女性の魅力的なパーツのひとつでもある『おしり』 最近は美尻のための筋トレやショーツ、ボトムスなども注目を集めていますよね。 しかし、普段の生活で摩擦や締め付けなどのダメージにさらされておしりをキレイな ...